PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

原沢久喜が出色の出来で優勝、五輪代表の座大きく引き寄せる・平成28年全日本選抜柔道選手権100kg超級レポート

(2016年4月27日)

※ eJudoメルマガ版4月27日掲載記事より転載・編集しています。
原沢久喜が出色の出来で優勝、五輪代表の座大きく引き寄せる
平成28年全日本選抜柔道選手権100kg超級レポート
eJudo Photo
1回戦、原沢久喜が影浦心から大内刈「一本」

リオ五輪代表の座を激しく争う原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)の二強による直接対決の実現なるか、そして果たしてその勝敗の行方は、というビッグテーマを抱えた注目の階級。3月の東京柔道選手権で素晴らしい出来を披露した上川大樹(京葉ガス)、誰でも一発で引っこ抜く力を持った九州選手権の覇者西潟健太(旭化成)を中心に揃った刺客たちもキャラクター、実力ともに対抗し得る役者として十分。全く見逃せない戦いが続く。

その密度高いトーナメントを、両雄しっかり勝ち上がって決勝まで辿り着く。

eJudo Photo
準決勝、原沢は上川大樹からまず内股「有効」

eJudo Photo
原沢が上川を場外まで追い込み、隅落で叩き落して「一本」

eJudo Photo
準決勝、七戸龍が小川雄勢を攻める

原沢は1回戦で影浦心(東海大3年)を大内刈「一本」(3:26)で屠ると、準決勝では今大会最大の不確定要素・上川大樹とマッチアップ。開始38秒に場外の「指導」を失ったが表情変えることなく落ち着いて試合を進め、1分31秒には右内股で引きずり出して回し「有効」を得てあっさり逆転。そして終盤、ケンケンの右大内刈で激しく上川を追い掛けると、ここぞとばかりに二の矢の右大外刈で仕留めに掛かる。上川は得意の下がりながらの右払腰を狙っており両者の技がかち合う形となるが、原沢の突進は払腰のインパクトが襲来する前にその上体を捕まえ、上川は片足のまま仰け反って剛体。原沢足を送って左小外掛の形で相手の上体を制して捩じると、上川背中から激しく畳に落ちてバウンド。試合時間3分28秒、文句なしの「一本」。パワー自慢の上川をまさしく吹っ飛ばした原沢の強さに会場にはどよめきが響き渡った。

一方の七戸は、1回戦で上田轄麻(新日鐵住金)を「指導3」対「指導2」の優勢、準決勝では前戦で王子谷剛志(旭化成)を破る殊勲を挙げた学生王者小川雄勢(明治大2年)を「指導2」対「指導1」の優勢で下して決勝進出。12月のグランドスラム東京で負った負傷の影響か今一つ動きに冴えはないが、地力の高さで他を寄せ付けず、こちらも順当に勝ち上がって来た。

決勝は右相四つ、互いに組み手の手順を引き手からスタート。30秒過ぎに原沢が引き手から襟を得て、釣り手の掌で首裏をバチリと押さえる。七戸嫌って落とすが原沢はあくまで前進継続、これを受けて51秒七戸に「取り組まない」咎による「指導1」が宣告される。

eJudo Photo
原沢久喜と七戸龍による決勝

組み合うことに自信のある原沢は以後も前進継続、引き手でまず襟を得ると釣り手を首裏に回す強気の組み手で攻勢権を握る。七戸は粘り強い組み手で試合を壊さずチャンスを狙い、原沢がジャンプして釣り手の掌を首裏に入れた1分31秒には昨年から度々見せる「巴十字」を繰り出して対応。しかし試合の流れはジワジワと原沢、2分19秒には首を抜いたとの判断で七戸に2つ目の「指導」が与えられる。

eJudo Photo
リードを得た原沢は崩し技の右内股で攻勢権を譲らず

反則ポイント2つのリードを得た原沢は投入する戦術の引き出しを増やし、首裏を釣り手で押さえるこれまでの圧力行動に加え、釣り手から持った「ケンカ四つクロス」に近い崩し技の右内股、奥を叩いてくる七戸に対し引き手で襟を突いての間合い確保、さらに引き手で袖を織り込んでの押し込みと繰り出して流れを譲らぬまま着々試合時間を消費。七戸は3分40秒に片襟の右大内刈に奥襟を得ての大外刈、さらに両襟での圧と攻勢を取りに出るが原沢は揺るがず、試合の情勢も変わらず。原沢は組み手の形が有利な時は攻め、七戸に可能性が出て来ると一旦離れと攻め合いの中で試合をコントロールし、試合の熱量は高いが様相は動的膠着という展開。

eJudo Photo
原沢が七戸を右内股に捉える

eJudo Photo
身を捩じる七戸を畳に押し込み「有効

残り40秒を過ぎたあたりから七戸明らかにギアを上げ、思い切った反攻に打って出る。手先を合わせて一旦止めようとする原沢を払いのけるように前進を続け、ついに釣り手で奥襟を得ることに成功。

しかし応じた原沢は引き手で襟を掴むと釣り手で七戸の腕を乗り込んで奥襟を抑え、鉈を振るうような右内股。七戸体を開いて身を捩じるが半身で落ち、決定的な「有効」。原沢は体を乗り込ませながらすぐに左で頭を抱えて抑え込みを狙い、七戸が足を絡んで「待て」を引き出した時には残り時間は僅かに21秒。

原沢、残り時間は前進しながら前に手を出し続けて七戸の接近を許さず。結果、原沢が「有効」優勢を以て勝利決定、選抜体重別初優勝を達成した。
3戦して上川大樹を含む2人から豪快な投げで一本勝ち、そしてライバル七戸から投技のポイントを得て優勝決定と、原沢の出来はまさしく出色。ここ数か月の凄まじい成長ぶりをしっかり結果に反映させた形で、五輪代表争いでは明らかに一歩前に出たと考えて良いだろう。

一方の七戸は、負傷の影響ゆえかフルパフォーマンスには少々遠いという印象。全日本選手権の勝利に逆転での代表選出掛けて、最後の決戦に臨む。

eJudo Photo
初優勝の原沢久喜

eJudo Photo
1回戦、上川大樹が西潟健太から出足払「有効」

【成績上位者】

優 勝:原沢久喜(日本中央競馬会)
準優勝:七戸龍(九州電力)
第三位:上川大樹(京葉ガス)、小川雄勢(明治大1年)

原沢久喜選手のコメント
「(-意味ある初優勝では?)そうですね。オリンピックの選考という意味でも、結果を出せたのは凄く良かったと思います。決勝はここまで来たら気持ちの勝負、その気持ちでは絶対に負けないように頑張りました。まだ全日本選手権がありますので、そこでしっかり勝ちたいと思います」

【1回戦】

原沢久喜(日本中央競馬会)○大内刈(3:26)△影浦心(東海大3年)
上川大樹(京葉ガス)○横四方固(4:24)△西潟健太(旭化成)
七戸龍(九州電力)○優勢[指導3]△上田轄麻(新日鐵住金)
小川雄勢(明治大1年)○優勢[指導2]△王子谷剛志(旭化成)

【準決勝】

原沢久喜○隅落(3:28)△上川大樹
七戸龍○優勢[指導2]△小川雄勢

【決勝】

原沢久喜○優勢[有効・内股]△七戸龍

※ eJudoメルマガ版4月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.