PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国際大会の経験と実績をしっかり結果に反映、ウルフアロンが初優勝飾る・平成28年全日本選抜柔道選手権100kg級レポート

(2016年4月27日)

※ eJudoメルマガ版4月27日掲載記事より転載・編集しています。
国際大会の経験と実績をしっかり結果に反映、ウルフアロンが初優勝飾る
平成28年全日本選抜柔道選手権100kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、下和田翔平が右大外刈、軸足の膝を着いて刈り切って穴井亮平から「有効」

eJudo Photo
1回戦、ウルフアロンが小林大輔から左内股「有効」

eJudo Photo
準決勝、ウルフアロンが飯田健太郎から左内股「技有」

世界選手権の覇者羽賀龍之介(旭化成)が負傷欠場。決勝は下和田翔平(京葉ガス)とウルフアロン(東海大3年)の2人によって争われることとなった。

下和田は羽賀が消えた上側の山からの勝ち上がり。1回戦で昨年の学生王者・阪本健介(了徳寺学園職)を大外刈「技有」で破ると、準決勝では階級きっての試合巧者穴井亮平(東海大熊本星翔高教)の固い防壁を大外刈「有効」で突破し、初の選抜体重別決勝進出決定。

一方昨年から国際大会で出色の活躍を続けるウルフはまず1回戦で小林大輔(ALSOK)から内股「有効」、小外掛「技有」、さらに「指導」を3つ奪うという完勝。準決勝は前戦で高木海帆(日本中央競馬会)を下す殊勲を挙げた全日本ジュニア王者飯田健太郎(国士舘高3年)を大内返「技有」、内股「技有」と2度投げつけて一本勝ち。優勝候補筆頭との前評判に違わぬ素晴らしい出来で、こちらも初めての選抜体重別決勝の畳に臨む。

決勝は下和田が右、ウルフが左組みのケンカ四つ。

この試合は一貫してウルフが前のめり。前進行動に引き続いて小外刈に横落で先制攻撃を試みると、下和田は畳に落ちたウルフを立たせ直して右大外刈で応戦。

ウルフが釣り手で高い位置の襟を確保、一歩一歩踏みしめるように前進して間合いを詰める。徐々に下がるスペースと体勢の余裕を失った下和田は場外に向かっての片手内股で一旦組み手のリセットを図るが、主審はここで試合を止め、双方に片手の咎による「指導」を宣告。経過時間は1分58秒。

eJudo Photo
決勝、ウルフは足技で下和田の組み手を剥がしながら前進

eJudo Photo
ウルフは前進を止めず、間合いを詰め続ける

以降もウルフがジリジリと前に出、下和田は時折良い形を作るも決定的な位置まで踏み込めないまま時間が推移。3分20秒に下和田が右大内刈、応じたウルフは小外掛から左内股への連続攻撃と双方良い技は出すが散発、決定打にはならず。

しかし、残り1分を過ぎたところでウルフが低い左大内刈に潰れると、主審は前段からのウルフの攻勢を認め下和田に2つ目の「指導」を宣告。試合時間は4分10秒、残り時間は50秒。

奮起した下和田は鋭い右大内刈、さらに両襟を経て釣り手を背中に這わせることに成功するがウルフが肩をずらして脱出しチャンスは潰える。そのまま試合に大きな変化はなく、ウルフが「指導2」対「指導1」の優勢で勝利。選抜体重別初優勝を決めた。

評価の難しい試合であったが、前に出続けたウルフの優位を評価する形となった試合結果は妥当。長身を生かし、あるいはウルフの前進を利用して良い形を作ったのは下和田の側であったが、一貫した前進で常に下和田が欲しい間合いより半歩出続けたウルフの前のめりの姿勢が僅かに勝ったという一番であった。

eJudo Photo
残り時間僅か、下和田の技を押し込み捌くウルフ

ウルフは昨年7月のグランプリ・ウランバートル、10月のグランプリ・タシケントとワールドツアー大会に連続優勝。グランドスラム東京はエルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)を乗り越えられず予選ラウンド敗退に終わったが、2月のグランドスラム・パリでも3位に入賞して国際的にも上り調子の強豪として認知されている。まだジュニア世代の若手だが、実績からも対外的な序列からもこの優勝は妥当、おそらく海外の関係者からも今大会の優勝は当然のものとして受け止められているだろう。

ただし、ウルフの国際大会の躍進の因である止まない前進行動は全戦に渡って発揮されたが、もう1つの特徴である「面白さ」の発揮は準決勝まで。決勝は前進で作り出した独特の近い間合いから仕掛ける思い切った技、具体的なアクションという最後の詰めがなく「作り」のみで終わった印象であった。手堅く結果を取りに行ったゆえと解釈するが、以後の跳躍のために、自身の躍進の源泉である思い切りの良さを踏まえた、もう一段上の試合を期待したい。

eJudo Photo
1回戦、飯田健太郎がもと世界選手権代表の髙木海帆を攻める

ウルフの優勝という大見出しのほかにトピックスを1つ上げるとすれば、初戦で髙木海帆(日本中央競馬会)を完封してその大物ぶりの片鱗を見せた高校3年生・飯田健太郎の活躍だろう。ウルフ戦は不用意に右大内刈を「置きに」行ったところを触れるなり思い切り返され「技有」失陥、これで流れを失って最終的には内股「技有」を追加されて敗戦したがそれまではまさしく健闘、やはり国際級と今後に期待を持たせる戦いぶりだった

五輪代表には順当に羽賀龍之介が選抜された。

eJudo Photo
初優勝のウルフアロン

eJudo Photo
1回戦、ウルフが左内股、揚げた足は抜けたが勢いで小林が吹っ飛ぶ

eJudo Photo
準決勝、ウルフが飯田から大内返で1つ目の「技有」

【成績上位者】

優 勝:ウルフアロン(東海大3年)
準優勝:下和田翔平(京葉ガス)
第三位:穴井亮平(東海大熊本星翔高教)、飯田健太郎(国士舘高3年)

ウルフアロン選手のコメント
「直前に羽賀(龍之介)選手が欠場して、何が何でも自分が優勝するしかないと思っていました。スタミナには自信があるので、最初から最後まで攻めれば負けはないだろうという気持ちで戦いました。(-目標は東京五輪?)はい。出身が東京なので、晴れ姿を見せられたらと思います」


【1回戦】

穴井亮平(東海大熊本星翔高教)○GS技有・小外刈(GS2:36)△後藤隆太郎(慶應義塾大4年)
下和田翔平(京葉ガス) ○優勢[技有・大外刈]△阪本健介(了徳寺学園職)
ウルフアロン(東海大3年)○優勢[技有・小外掛]△小林大輔(ALSOK)
飯田健太郎(国士舘高3年)○優勢[指導2]△髙木海帆(日本中央競馬会)

【準決勝】

下和田翔平○優勢[有効・大外刈]△穴井亮平
ウルフアロン○合技[大内返・内股](3:42)△飯田健太郎

【決勝】

ウルフアロン○優勢[指導2]△下和田翔平

※ eJudoメルマガ版4月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.