PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

阿部一二三が初V達成、準決勝で海老沼匡を3度投げつける完勝・平成28年全日本選抜柔道選手権66kg級レポート

(2016年4月25日)

※ eJudoメルマガ版4月25日掲載記事より転載・編集しています。
阿部一二三が初V達成、準決勝で海老沼匡を3度投げつける完勝
平成28年全日本選抜柔道選手権66kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、阿部一二三が海老沼匡から両袖の右大外刈「技有」

eJudo Photo
阿部は袖釣込腰「有効」を追加

eJudo Photo
阿部が右背負投、外側に降りた海老沼の足元に右足を落として背負落「一本」

五輪代表を既にほぼ手中に収めている本命・海老沼匡(パーク24)が陥落。1回戦は素晴らしい出来を見せていた学生王者・藤阪太郎(国士舘大4年)を内股「一本」(3:57)で屠って順調な立ち上がりだったが、準決勝の阿部一二三(日体大1年)戦で完敗を喫してしまう。

この試合、阿部は海老沼の前進を厳しい組み手管理で切り離しながら担ぎ技を中心に攻める。そして双方に「袖を絞り込む」咎の反則ひとつが宣告された後の1分45秒、阿部が両袖の右大外刈で海老沼を叩きつけてまず「技有」を獲得。続いての袈裟固は海老沼が肩ブリッジで逃れたが、2分15秒には海老沼が釣り手を探るところに阿部の左袖釣込腰が閃き決定的な「技有」獲得。

これは「有効」に訂正されたが、一旦試合終了を受け入れた海老沼は既に気持ちが切れていた。再開直後に阿部が右背負投、持ち上がった海老沼が外側に降りて回避すると阿部はそこに右足を落として背負落で追いかける。海老沼抗することが出来ず畳に真っ逆さま、文句なしの「一本」。

試合時間は2分29秒。「技有」「有効」「一本」と3度立て続けに投げて阿部が快勝、会場騒然の凄まじい内容だった。

試合後の海老沼は「敗因は今の時点ではわからない。自分の中に心の隙があった。組めば大丈夫だと思ったが組み際にやられてしまった」と動揺を隠せず。「自分の甘さ。代表云々ではなく、情けない気持ちが大きい」と悄然とした表情で心境を語っていた。

決勝に進んだのは阿部と、丸山城志郎(ミキハウス)の2人。

阿部は1回戦で、かつて苦戦した難敵竪山将(パーク24)を小外掛「一本」(2:20)で退ける素晴らしいスタート。準決勝は前述の通り海老沼を3度立て続けに投げる快勝を収めて決勝進出決定。

eJudo Photo
準決勝、丸山城志郎が髙上智史を左内股「一本」に仕留める

eJudo Photo
決勝、阿部の右背負投と丸山の左内股がかち合う

eJudo Photo
本戦終了直前、阿部の袖釣込腰

eJudo Photo
GS延長戦、阿部は丸山を抱え上げて移腰。丸山はいったん左側に体重を逃がすと右に手を着いて降りて回避。

一方の丸山は2年連続で世界選手権代表を務めた髙市賢悟(旭化成)を内股「技有」で退け、準決勝では序列2番手のグランドスラム東京王者・髙上智史(旭化成)を内股「一本」で畳に沈めるというこちらも素晴らしい内容での決勝進出。講道館杯準々決勝で退けている阿部に再び勝利し、選抜体重別初優勝を狙う。

この試合は阿部が右、丸山が左組みのケンカ四つ。手先の組み手争いが続いた1分56秒双方に「取り組まない」咎による「指導」が宣告されるが、以後もめまぐるしい一手目争いは止まず。釣り手一本の形をベースに丸山が左内股、阿部が片手の右背負投と攻め合うが得点の気配薄いままあっという間に5分が経過。試合はGS延長戦に縺れ込む。

延長戦が開始されるなり丸山が鋭い出足払、しかし迎え撃った阿部はそのまま腹を突き出し丸山の体を持ち上げて右へ移腰の大技。これは丸山が阿部の体の上で巧みに重心をずらして逃れたが、阿部はその後も前へ前へと体を進めて攻勢。20秒には左襟を両手で握った右背負投、29秒には脇を差して遮二無二接近すると丸山が潰れて「待て」。

以後も阿部の攻勢は止まず。続いて放った裏投は丸山が内股に切り返し、両袖の前進行動は丸山が巴投でリセットするが、ここに至って主導権は完全に阿部。続いて阿部が肘抜きの右袖釣込腰、さらに前進して丸山が内股に潰れたところで主審は試合を止め、丸山に「指導」を宣告。

熱戦決着はGS1分27秒。阿部がGS延長戦「指導2」」で勝利し、初めての全日本選抜体重別制覇を決めた。

昨年(2015年)のグランプリ・デュッセルドルフ敗退を機に快進撃にブレーキがかかっていた阿部にとっては久々大爆発の大会となった。「脇差し」のパワースタイルに投げかけられていた今後の伸びしろへの疑問符もこれで一旦はリセット。控えめに見ても、「リオ後」の階級の中心人物となっていくところまでは間違いないだろう。

五輪代表には、既に事実上代表を確定させていた海老沼が順当に選出された。

既に「12階級選考評」でも書かせて頂いた通り、この1年間節目の試合に4連敗、既に代表挑戦権を失って久しい阿部は当然ながら選ばれず。しかしそれでもなお巻き起こった「なぜ阿部ではないのか」という声が示唆するものは非常に大きく、これは真摯に受け止めるべきだ。権利のないものが最終選考会に参加するという代表選考のわかりにくさ、世間の「感情」をコントロール出来ないことがそもそも土台に織り込まれてしまっている制度設計の歪さ、あるいはきちんと制度を説明する装置の不足(たとえば世間に巻き起こった一種無責任な「なぜ選ばないんだ」という声に対して全日本柔道連盟がきちんと反論する、あるいは事前に状況を的確に説明する情報発信の場はなかった)。

そしてどんなに理を尽くしたとしても、感情に流されやすい人たちに、投げられた海老沼が代表に選ばれ投げた阿部が落選(もともと権利がないのだからこの語彙は的確ではないが)するという絵は受け入れ難いものがあるはずだ。制度はどうあれ、これにも一定の正義がある。少なくとも、選抜体重別から「最終選考会」の冠を外す、あるいは最終選考会は必要な階級で、必要な選手のみで行うというところまでは、もはや改革の目玉ではなく為すべき最低限の条件と考えるべきだろう。

eJudo Photo
初優勝の阿部一二三

eJudo Photo
1回戦、海老沼匡が藤阪太郎から内股「一本」

eJudo Photo
1回戦、髙上智史が磯田範仁から背負投「一本」

【成績上位者】

優 勝:阿部一二三(日体大1年)
準優勝:丸山城志郎(ミキハウス)
第三位:海老沼匡(パーク24)、髙上智史(旭化成)

阿部一二三選手のコメント
「今日は自分らしい思い切った柔道をやろうと、初戦から出し切りました。GSになった時にはとにかく絶対に退かないと、それだけを強く考えました。自分は4番手でリオの可能性はちょっとしかないので、皆に自分の強いところを見てもらおうと頑張りました。」

【1回戦】

海老沼匡(パーク24)○内股(3:57)△藤阪太郎(国士舘大4年)
阿部一二三(日体大1年)○小外掛(2:20)△竪山将(パーク24)
髙上智史(旭化成)○背負投(1:22)△磯田範仁(国士舘大3年)
丸山城志郎(ミキハウス)○優勢[技有・内股]△髙市賢悟(旭化成)

【準決勝】

阿部一二三○背負落(2:29)△海老沼匡
丸山城志郎○内股(3:03)△髙上智史

【決勝】

阿部一二三○GS指導2(GS1:27)△丸山城志郎

※ eJudoメルマガ版4月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.