PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大野陽子が優勝、決勝でキムセンヨン破る・アジア柔道選手権2016第2日女子

(2016年4月17日)

※ eJudoメルマガ版4月17日掲載記事より転載・編集しています。
大野陽子が優勝、決勝でキムセンヨン破る
アジア柔道選手権2016第2日女子
ウズベキスタン・タシケントで開催されているアジア柔道選手権は16日に第2日目の男子4階級、女子3階級の競技が行われ、女子の日本勢は70kg級の大野陽子(コマツ)が優勝した。

大野は決勝でキム・センヨン(韓国)と対戦。2013年リオ世界選手権3位、今季はグランドスラム・パリで優勝するなど主役級の活躍を見せているこの選手にGS延長戦の末「指導1」を奪って勝利し、アジア選手権初優勝を決めた。

78kg級の高山莉加(三井住友海上)は2位。準決勝でリオ世界選手権金メダリストのソル・キョン(北朝鮮)に勝利したが決勝でザン・ゼフイ(中国)に敗れ大チャンスを逸した。78kg超級の井上愛美(JR九州)は優勝したキム・ミンジョン(韓国)に初戦で敗れた。

■70kg級
(エントリー12名)

【入賞者】
1.ONO, Yoko (JPN)
2.KIM, Seongyeon (KOR)
3.MATNIYAZOVA, Gulnoza (UZB)
3.ZHOU, Chao (CHN)
5.CHEN, Fei (CHN)
5.TSEND AYUSH, Naranjargal (MGL)
7.KADYRBEKOVA, Aizhan (KGZ)
7.UMIRALIYEVA, Dilbar (KAZ)

【日本代表選手勝ち上がり】

大野陽子(コマツ)
成績:優勝

[1回戦]
大野陽子○横四方固(1:56)△SHANG, Liu-Yu(TPE)

[2回戦]
大野陽子○内股(3:52)△ZHOU, Chao(CHN)

[準決勝]
大野陽子○合技(2:20)△TSEND AYUSH, Naranjargal(MGL)

[決勝]
大野陽子○GS指導1(GS0:55)△KIM, Seongyeon(KOR)

■78kg級
(エントリー11名)

【入賞者】
1.ZHANG, Zhehui (CHN)
2.TAKAYAMA, Rika (JPN)
3.PUREVJARGAL, Lkhamdegd (MGL)
3.SOL, Kyong (PRK)
5.AMANGELDIYEVA, Albina (KAZ)
5.PARK, Yujin (KOR)
7.WANG, Szu-Chu (TPE)
7.YULDASHOVA, Kumush (UZB)

【日本代表選手勝ち上がり】

高山莉加(三井住友海上)
成績:2位

[2回戦]
高山莉加○横四方固(0:53)△PARK, Yujin(KOR)

[準決勝]
高山莉加○優勢[有効・巴投]△SOL, Kyong(PRK)

[決勝]
高山莉加△優勢[有効・隅落]○ZHANG, Zhehui(CHN)


■78kg超級
(エントリー8名)

【入賞者】
1.KIM, Minjeong (KOR)
2.ISSANOVA, Gulzhan (KAZ)
3.INOUE, Manami (JPN)
3.ODKHUU, Javzmaa (MGL)
5.SARBASHOVA, Nagira (KGZ)
5.SATJADET, Thonthan (THA)
7.KAUSHALYA, Sachini (SRI)
7.SUN, Pei Yu (TPE)

【日本代表選手勝ち上がり】

井上愛美(JR九州)
成績:3位

[2回戦]
井上愛美△優勢[指導1]○KIM, Minjeong (KOR)

[敗者復活戦]
井上愛美○内股(3:05)△SUN, Pei Yu(TPE)

[3位決定戦]
井上愛美○不戦△SARBASHOVA, Nagira(KGZ)

※ eJudoメルマガ版4月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.