PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

志々目愛がマーインナン倒し優勝、初のアジア制覇なる・アジア柔道選手権2016第1日女子

(2016年4月16日)

※ eJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。
志々目愛がマーインナン倒し優勝、初のアジア制覇なる
アジア柔道選手権2016第1日女子
15日にウズベキスタン・タシケントで開幕したアジア柔道選手権大会、初日の女子は4階級の競技が行われ、日本勢は52kg級の志々目愛(了徳寺学園職)が優勝した。

志々目は決勝で中国のエースである強豪マー・インナンを破るなど歯ごたえのある相手と連戦しての戴冠。

63kg級の津金恵(筑波大3年)は決勝に進んだが、前戦でヤン・ジュインシュア(中国)を破ったダークホースのマリアン・ウルダバエワ(カザフスタン)に敗れ2位。57kg級の山本杏(国士舘大4年)は準決勝でワールドマスターズ連覇者のドルジスレン・スミヤ(モンゴル)に敗れて3位。48kg級の渡名喜風南(帝京大3年)は2回戦で2月のグランプリ・デュッセルドルフを制したジョン・ボキョン(韓国)を倒したが、今季ワールドツアーの台風の目であるガルバトラフ・オトゴンツェツェグ(モンゴル)に敗れ最終成績は3位だった。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 48kg級
(エントリー16名)
【入賞者】
1.GALBADRAKH, Otgontsetseg (KAZ)
2.MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
3.KIM, Sol Mi (PRK)
3.TONAKI, Funa (JPN)
5.PODRYADOVA, Alexandra (KAZ)
5.XIE, Shishi (CHN)
7.JEONG, Bo Kyeong (KOR)
7.VAN, Ngoc Tu (VIE)

【日本代表選手勝ち上がり】

渡名喜風南(帝京大3年) 
成績:3位

[1回戦]
渡名喜風南○合技(1:44)△KUBEEVA, Mukaddas(UZB)

[2回戦]
渡名喜風南○優勢[指導1]△JEONG, Bo Kyeong (KOR)

[準決勝]
渡名喜風南△優勢[技有・払巻込]○GALBADRAKH, Otgontsetseg (KAZ)

[3位決定戦]
渡名喜風南○合技(1:19)△XIE, Shishi(CHN)

■ 52kg級
(エントリー18名)

【入賞者】
1.SHISHIME, Ai (JPN)
2.MA, Yingnan (CHN)
3.BABAMURATOVA, Gulbadam (TKM)
3.MUNKHBAATAR, Bundmaa (MGL)
5.ADIYASAMBUU, Tsolmon (MGL)
5.KIM, Mi-Ri (KOR)
7.BELDIAGINA, Kseniia (KGZ)
7.MINGAZOVA, Lenariya (KAZ)

【日本代表選手勝ち上がり】

志々目愛(了徳寺学園職)
成績:優勝

[2回戦]
志々目愛○内股(2:32)△THOUDAM, Kalpana Devi(IND)

[3回戦]
志々目愛○合技(4:00)△KIM, Mi-Ri(KOR)

[準決勝]
志々目愛○上四方固(4:00)△BABAMURATOVA, Gulbadam(KAZ)

[決勝]
志々目愛○優勢[指導2]△MA, Yingnan(CHN)

■ 57kg級
(エントリー16名)

【入賞者】
1.DORJSUREN, Sumiya (MGL)
2.KIM, Jan-Di (KOR)
3.LIEN, Chen-Ling (TPE)
3.YAMAMOTO, Anzu (JPN)
5.LIU, Yang (CHN)
5.LU, Tongjuan (CHN)
7.KUBASHEVA, Nazgul (KAZ)
7.NURJAVOVA, Rushana (TKM)

【日本代表選手勝ち上がり】

山本杏(国士舘大4年)
成績:3位

[2回戦]
山本杏○縦四方固(1:04)△SHRESTHA PRADHAN, Manita(NEP)

[3回戦]
山本杏○優勢[有効・小内刈]△LIU,Yang(CHN)

[準決勝]
山本杏△GS指導1(GS2:40)○DORJSUREN, Sumiya(MGL)

[3位決定戦]
山本杏○袖釣込腰(0:25)△LU Tongjuan(CHN)

■ 63kg級
【入賞者】
1.URDABAYEVA, Marian (KAZ)
2.TSUGANE, Megumi (JPN)
3.TSEND-AYUSH, Tserennadmid (MGL)
3.YANG, Junxia (CHN)
5.BAK, Jiyun (KOR)
5.BALDORJ, Mungunchimeg (MGL)
7.HUANG, Shih Han (TPE)
7.WATANABE, Kiyomi (PHI)

【日本代表選手勝ち上がり】

津金恵(筑波大3年)
成績:2位

[1回戦]
津金恵○内股(0:43)△MADRAIMOVA, Zuhra (TKM)

[2回戦]
津金恵○内股(1:03)△BAK, Jiyun (KOR)

[準決勝]
津金恵○上四方固(0:27)△TSEND-AYUSH, Tserennadmid (MGL)

[決勝]
津金恵△小外刈(2:23)○URDABAYEVA, Marian (KAZ)

※ eJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.