PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大野将平と永瀬貴規が順当に勝利、66kg級は本命海老沼匡下した阿部一二三が初優勝飾る・全日本選抜柔道体重別選手権大会最終日男子

(2016年4月3日)

※ eJudoメルマガ版4月3日掲載記事より転載・編集しています。
大野将平と永瀬貴規が順当に勝利、66kg級は本命海老沼匡下した阿部一二三が初優勝飾る
全日本選抜柔道体重別選手権大会最終日男子
eJudo Photo
81kg級決勝、永瀬貴規が長島啓太から小外掛「技有」

eJudo Photo
73kg級決勝、大野将平が中矢力を片襟の右大外刈で大きく崩す

リオデジャネイロ五輪柔道競技(8月6日~12日)の代表最終選考会を兼ねる全日本選抜柔道体重別選手権大会は2日、福岡国際センター(福岡市)で最終日の競技が行われ、男子は60kg級、66kg級、73kg級、81kg級の軽量4階級が実施された。

大会は男女とも本命と目された選手が中途で次々敗れる荒れ模様。その中にあって、73kg級と81kg級はそれぞれ第1シードの大野将平(旭化成)と81kg級の永瀬貴規(旭化成)が順当に優勝した。

大野は1回戦で福岡克仁(日本大2年)に「指導1」の優勢による勝利とやや硬さの見える立ち上がりだったが、準決勝では昨年敗れている橋本壮市(パーク24)に肩車「有効」で勝利。決勝はアスタナ世界選手権で決勝を戦った中矢力(ALSOK)を「指導1」で再び退け、2年ぶり2度目の優勝を決めた。大野と秋本のライバルと目されていた秋本啓之(了徳寺学園職)は田村和也(パーク24)に内股「技有」、大内刈「一本」と立て続けに失って初戦敗退に終わった。

永瀬は終始安定した試合ぶり。1回戦は小原拳哉(東海大4年)に「指導2」の優勢、準決勝は佐藤正大(国士舘大4年)を出足払「有効」による優勢でそれぞれ勝利を決める。第2シードの長島啓太(日本中央競馬会)との決勝は中盤に相手を内股で崩し、縺れた立ち上がり際に相手の背を抱えて小外掛「技有」奪取、このポイントを以て優勢勝ち。全戦通じてギアを上げ切ることなく、勝負どころを見極めての的確な加速で大会3連覇を決めた。

eJudo Photo
66kg級準決勝、阿部一二三が右背負投、かわした海老沼匡を追いかけて背負落「一本」

66kg級は準決勝で大波乱。新大学生の阿部一二三(日体大1年)が世界選手権3連覇者の第1シード選手・海老沼匡(パーク24)を両袖の大外刈「有効」、袖釣込腰「技有」、さらにトドメの背負落「一本」と3度投げつけて快勝。阿部は決勝で、昨年11月の講道館杯で敗れている丸山城志朗(ミキハウス)と対戦。準決勝で得た勢いを背にGS延長戦の末「指導1」の優勢で勝利し初優勝を決めた。

60kg級も準決勝で大本命が陥落。13年リオ世界選手権王者の第1シード選手・高藤直寿(パーク24)が大島優磨(国士舘大4年)に横四方固「一本」で敗退。決勝で大島を「指導1」の小差で下した第2シード者志々目徹(了徳寺学園職)が初優勝を飾った。

各階級の成績上位者と全試合の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級優勝の志々目徹

【成績上位者】

優 勝:志々目徹(了徳寺学園職)
準優勝:大島優磨(国士舘大4年)
第三位:髙藤直寿(パーク24)、永山竜樹(東海大2年)

【1回戦】

髙藤直寿(パーク24)○横四方固(2:03)△青木大(日体大4年)
大島優磨(国士舘大4年)○横四方固(4:08)△山本浩史(名城大職)
志々目徹(了徳寺学園職○GS有効・大外刈(GS1:16)△田中崇晃(筑波大4年)
永山竜樹(東海大2年)○優勢[指導1]△木戸慎二(パーク24)

【準決勝】

大島優磨○横四方固(3:17)△髙藤直寿
志々目徹○優勢[指導1]△永山竜樹

【決勝】

志々目徹○優勢[指導1]△大島優磨

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級優勝の阿部一二三

【成績上位者】

優 勝:阿部一二三(日体大1年)
準優勝:丸山城志郎(ミキハウス)
第三位:海老沼匡(パーク24)、髙上智史(旭化成)

【1回戦】

海老沼匡(パーク24)○内股(3:57)△藤阪太郎(国士舘大4年)
阿部一二三(日体大1年)○小外掛(2:20)△竪山将(パーク24)
髙上智史(旭化成)○背負投(1:22)△磯田範仁(国士舘大3年)
丸山城志郎(ミキハウス)○優勢[技有・内股]△髙市賢悟(旭化成)

【準決勝】

阿部一二三○背負落(2:29)△海老沼匡
丸山城志郎○内股(3:03)△髙上智史

【決勝】

阿部一二三○GS指導2(GS1:27)△丸山城志郎

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級優勝の大野将平

【成績上位者】

優 勝:大野将平(旭化成)
準優勝:中矢力(ALSOK)
第三位:橋本壮市(パーク24)、田村和也(パーク24)

【1回戦】

大野将平(旭化成)○優勢[指導1]△福岡克仁(日本大2年)
橋本壮市(パーク24)○優勢[指導3]△土井健史(ダイコロ)
田村和也(パーク24)○小内刈(4:34)△秋本啓之(了徳寺学園職)
中矢力(ALSOK)○優勢[有効・巴投]△山本悠司(天理大3年)

【準決勝】

大野将平○優勢[有効・肩車]△橋本壮市
中矢力○優勢[技有・背負投]△田村和也

【決勝】

大野将平○優勢[指導1]△中矢力

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級で3連覇を達成した永瀬貴規

【成績上位者】

優 勝:永瀬貴規(旭化成)
準優勝:長島啓太(日本中央競馬会)
第三位:佐藤正大(国士舘大4年)、川上智弘(國學院大職)

【1回戦】

永瀬貴規○優勢[指導2]△小原拳哉
佐藤正大○優勢[有効・出足払]△海老泰博
川上智弘○反則(4:08)△丸山剛毅
長島啓太○内股(1:43)△春山友紀

【準決勝】

永瀬貴規○後袈裟固(4:58)△佐藤正大
長島啓太○大内刈(4:41)△川上智弘

【決勝】

永瀬貴規○優勢[技有・隅落]△長島啓太

※ eJudoメルマガ版4月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.