PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

カデ王者梅北眞衣が一皮剥けた柔道を披露、4つの「一本」奪って圧勝V・全国高等学校柔道選手権女子48kg級レポート

(2016年3月30日)

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。
カデ王者梅北眞衣が一皮剥けた柔道を披露、4つの「一本」奪って圧勝V
全国高等学校柔道選手権女子48kg級レポート
eJudo Photo
「一本」連発で勝ち上がった第1シードの梅北眞衣

決勝に勝ち上がったのは、梅北眞衣(兵庫・夙川学院高)と黒崎美紅(島根・平田高)の2人。

第1シードの梅北は昨年の全日本カデ王者で優勝候補筆頭。この日は前評判に違わぬ強さを見せつけ、2回戦で潮崎友希(徳島・生光学園高)から内股「一本」(1:15)、3回戦で安藤成海(福島・日大東北高)から大内刈「一本」(0:59)、準々決勝では安倍風花(東京・国士舘高)に「技有」優勢、そして準決勝は桑原栞奈(愛知・同朋高)に上四方固「一本」(0:59)と素晴らしい勝ち上がり。

eJudo Photo
黒崎美紅はノーシードから見事決勝まで勝ち上がった

一方の黒崎はノーシードからのスタート。1回戦で中川麗亜(福島・敦賀高)に「有効」優勢で勝利すると、山場の2回戦で昨年の全日本カデ44kg級準優勝者田﨑ほのか(福岡・沖学園高)に「有効」優勢で勝利し一気に勢いに乗る。以後は3回戦で古川舞(宮崎・小林西高)に内股「一本」(0:59)、準々決勝で山口かなえ(宮城・東北高)に「技有」優勢、そして準決勝では伴由梨奈(埼玉・埼玉栄高)を裏投「一本」(1:21)に仕留め、ついに決勝へと辿り着くこととなった。

決勝は梅北が右、黒崎が左組みのケンカ四つ。梅北が長身の黒崎の釣り手の袖を自らの釣り手で押さえ付けて黒崎の組み手を封じる。対する黒崎は両袖を持たせたまま左体落のモーションでまず梅北の釣り手の押さえを外し、釣り手で上から背中、引き手で前襟を得る。さらに間を置かずに相手を引き寄せると引き手側にステップしながら引き手を袖に持ち替えて左体落、梅北は大きく崩れて伏せる。経過時間は32秒。

eJudo Photo
梅北が黒崎の首を固め、飛び込みの大内刈「一本」

続く展開は黒崎が釣り手で上から背中、梅北が脇を差して背中を得る双方非常に強気の形。さらに互いに引き手で相手の腕を抱え合い腰の差し合いとなる。梅北が腰を入れると応じた黒崎は反時計回りに体を捻り右浮落、しかしこれは釣り手が離れてしまい決め切れずノーポイント。ここまでの攻防に手ごたえを得た黒崎が上から釣り手を背中に入れると梅北は脇を差して腰を引きひとまず防御に専念。この形に主審は的確に反応、「極端な防御姿勢」の判断で梅北に「指導1」を宣告する。経過時間1分0秒。

ここまでの優位は黒崎、しかし梅北はここで形を変えて大技を企図。まず釣り手を上から握って肘を入れ、上半身の間合いを詰める。応じた黒崎が引き手を得ようと右手を伸ばした瞬間、左足を踏み込みながら引き手で黒崎の首を抱えて右大内刈に飛び込む。組み際に深く組み付いて上半身を完全にロックした渾身の一撃、黒崎はここまで梅北が一度も見せなかった動きに反応出来ず剛体となって真裏に落ちる。試合時間1分15秒、文句なしの「一本」で梅北が優勝を決めた。

しぶとい柔道の印象が強かった梅北だが、今大会では5戦して4つの一本勝ち、うち投技による「一本」が3試合と投げ一発の威力が際立った。徹底マークを受ける立場でありながら、しかもスコア差のつきにくい最軽量級でこの結果は見事。一皮剥けた大会であった。

昨年の全日本カデで梅北と決勝を争った第2シード選手・仲田奈央(神奈川・桐蔭学園高)は準々決勝で敗退。2試合連続一本勝ちで好調だったが、伴由梨奈に「指導1」の優勢で屈した。

eJudo Photo
優勝の梅北眞衣

【入賞者】

優 勝:梅北眞衣(兵庫・夙川学院高)
準優勝:黒崎美紅(島根・平田高)
第三位:桑原栞奈(愛知・同朋高)、伴由梨奈(埼玉・埼玉栄高)
敢闘賞:安倍風花(東京・国士舘高)、登川優衣(沖縄・沖縄尚学高)、仲田奈央(神奈川・桐蔭学園高)、山口かなえ(宮城・東北高)

梅北眞衣選手のコメント
「最初は緊張しましたが先生に怒られて緊張が解けました。私は強いわけでなく、器用な柔道も出来ない。負けても良いという気持ちになって、それが良かったのだと思います。(決勝戦で決めた)大内刈は狙っていました。一週間前まで練習では返されてばかりでしたがコーチにコツを教えてもらい突然掛かるようになりました。課題は最後まで戦えるメンタルを身に付けることと、技術面では組み手をしっかりやること。目標はシニアでも戦えるようになることです。」

【準々決勝】

梅北眞衣○優勢[技有]△安倍風花
桑原栞奈○優勢[有効]△登川優衣
伴由梨奈○優勢[指導1]△仲田奈央
黒崎美紅○優勢[技有]△山口かなえ

【準決勝】

梅北眞衣○上四方固(0:59)△桑原栞奈
黒崎美紅○裏投(1:21)△伴由梨奈

【決勝】

梅北眞衣○大内刈(1:15)△黒崎美紅


取材・文:古田英毅、原輝地

※ eJudoメルマガ版3月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.