PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

混戦階級抜け出し西村優太が優勝、得意の背負投で全国大会初タイトル決める・全国高等学校柔道選手権男子66kg級レポート

(2016年3月26日)

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。
混戦階級抜け出し西村優太が優勝、得意の背負投で全国大会初タイトル決める・全国高等学校柔道選手権男子66kg級レポート
全国高等学校柔道選手権男子66kg級レポート
eJudo Photo
3回戦、東亮輝は優勝候補・石郷岡秀征を背負投「一本」に仕留める

絶対的優勝候補のいないこの階級を決勝まで勝ち上がったのは、東亮輝(広島・崇徳高)と西村優太(大阪・常翔学園高)の二人。

東は出色の出来、大会前半戦の主役と言うべき活躍。1回戦で湯本峻真(福岡・福岡大附大濠高)に内股透「一本」、2回戦で萩昂輝(福島・田村高)を後袈裟固「一本」と快調に試合を滑り出すと、最大の勝負どころと目された3回戦では優勝候補筆頭に挙げられていた全日本カデ王者・石郷岡秀征(神奈川・桐蔭学園)を背負投「一本」に仕留める番狂わせを演じる。以後も勢いは止まらず準々決勝で三宅龍生(和歌山・初芝橋本高)に小外刈「一本」、さらに準決勝は激戦区東京都代表の原田健士(東京・日体荏原高)をGS延長戦背負投「一本」で下し、5試合全てを一本勝ちという完璧な勝ち上がり

eJudo Photo
決勝進出を決めた西村

一方の西村は、1回戦で松岡泰生(富山・富山第一高)に「有効」優勢、2回戦で長屋涼(静岡・加藤学園高)に「技有」優勢で勝利し大会を滑り出す。平井雅人(沖縄・沖縄尚学高)との苦しい3回戦に「指導1」優勢で競り勝つと、準々決勝では荒川大智(茨城・牛久高)に「技有」優勢勝ちで勝利し大混戦ブロックからの勝ち抜け決定。準決勝では星田和希(熊本・鎮西高)を背負投に仕留めて今大会初の一本勝ちを飾り、気を良くして決勝進出決定。

決勝は東が右、西村が左組みのケンカ四つ。両者ともに低く潜る担ぎ技を得意とする背負投ファイター同士の対戦となった。ケンカ四つの場合、背負投は通常釣り手を下から得た方が仕掛けやすい。この試合は一貫して西村が釣り手を下から得て優位を作り続ける。

試合開始早々、低い位置で釣り手を下から確保した西村は片手の左肩車で先制攻撃。これは東が背中側に回りこみ伏せて待て。次いで東が釣り手を先に得て間合いを詰めに掛かるが、西村はいったん左大内刈で押し込んで距離を確保すると左肩車に潜り込んで展開を切る。技の切れる東に対して西村が形を作らせる時間を与えないというこの攻防にこの試合の様相は端的で、以降は西村が先に左肩車、片手での左背負投に潜り込み、東がそれを潰して寝技を試みる展開が続く。

eJudo Photo
GS延長戦、西村が得意の背負投で「有効」獲得

1分10秒、東が釣り手を下から確保して横ステップから「巴十字」を狙うもこれは西村がしっかり潰して不発。終盤、東は徹底的に釣り手を下から入れる西村に対して一計を案じ、釣り手で背中を叩いて左大内刈、左小内刈と繋いで場外際まで追い込む。しかし西村は低い位置で持った釣り手で相手の脇腹を突いてこの攻撃を耐えると、肩を内側に入れて体勢を立て直して左背負投に飛び込みあくまで自分の攻撃で攻防を塗りつぶす。展開を譲らない西村に対し東は決定的な打開策を打ち出せず、双方ノーポイントのまま本戦は終了。勝敗の行方はGS延長戦へと委ねられる。

GS開始早々、東は逆の左一本背負投に座り込むがこれは入りが浅く不発。立ち上がり際に今度は西村が左肩車に飛び込むも、東これをしっかり潰して寝技のチャンス。三角で返すも決めきれず待て。そして双方一合ずつ刀を交えたGS20秒に決定的な場面が訪れる。西村は釣り手を下から得ると、東の膝を着きながらの右体落をかわして引き起こすなり左背負投。釣り手を内側に振る動作とバックステップを同時に行い、相手の上体を起こして懐に飛び込むまでの一連の動作はまさに瞬息。西村完全に股中に入り込むと最後まで走って決め切り劇的な「有効」奪取。得意の背負投でポイントを奪うという最高の形で全国大会初優勝を決めた。

eJudo Photo
優勝の西村優太

【入賞者】

優勝:西村優太(大阪・常翔学園高)
準優勝:東亮輝(広島・崇徳高)
第三位:原田健士(東京・日体荏原高)、星田和希(熊本・鎮西高)
敢闘賞:三宅龍生(和歌山・初芝橋本高)、伊澤風我(栃木・文星芸術大附高)、板本広大(秋田・本荘高)、荒川大智(茨城・牛久高)

西村優太選手のコメント
「決勝戦はGSになりましたが、体力にあまり自信がないので早めに決めようと頑張りました。色々なパターンの背負投を練習してきたのでその成果が出て良かったです。高校に入ってから寝技にもしっかり取り組んだことで立ち技も自信を持ってやれるようになりました。先生のアドバイスのおかげで勝つことが出来たので感謝しています。」

【準々決勝】

東亮輝○小外刈(2:58)△三宅龍生
原田健士○GS優勢(GS0:44)△伊澤風我
星田和希○優勢[技有]△板本広大
西村優太○優勢[技有]△荒川大智

【準決勝】

東亮輝○背負投(GS1:40)△原田健士
西村優太○背負投(0:41)△星田和希

【決勝】

西村優太○GS優勢[有効](GS0:27)△東亮輝

(取材・文:古田英毅、原輝地)

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.