PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

個人無差別王者児玉ひかるが大車輪の活躍、敬愛高が3年ぶり3度目の優勝・第38回全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦

(2016年3月20日)

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。
個人無差別王者児玉ひかるが大車輪の活躍、敬愛高が3年ぶり3度目の優勝
第38回全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦
eJudo Photo
決勝、敬愛高の大将児玉ひかるが大成高・粂田晴乃から内股「一本」

第38回全国高等学校柔道選手権大会は20日、日本武道館で最終日の男女団体戦の競技が行われ、3人制点取り制(先鋒52kg級、中堅63kg級、大将無差別)で争われる女子団体戦は敬愛高(福岡)が3年ぶり3度目の優勝を飾った。

決勝の相手は大成高(愛知)。先鋒に個人戦52kg級2位の武田亮子を置く大成は前重心、一方大将に無差別王者の児玉ひかるが座る敬愛は後ろ重心と対照的な戦力分布の両チームの対戦は、まず先鋒戦で武田が「指導」差の優勢で勝利して敬愛は1点のビハインド。しかし敬愛は分水嶺の中堅戦で「大将に繋げるのが自分の役割」と小柳穂乃果が奮戦、山室未咲の猛攻を凌いで値千金の引き分けを獲得する。襷を受けた大将児玉は粘る大成・粂田晴乃を終盤に追い詰め、残り18秒に払腰、内股と連続で技を仕掛けて見事「一本」奪取。結果1対1の内容差で優勝を決めた。


3連覇を狙った埼玉栄高(埼玉)は、準々決勝で東大阪大敬愛高(大阪)に敗れた。

入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
優勝の敬愛高

【入賞者】

優 勝:敬愛高(福岡)
準優勝:大成高(愛知)
第三位:東大阪大敬愛高(大阪)、藤枝順心高(静岡)
敢闘賞:埼玉栄高(埼玉)、富士学苑高(山梨)、長崎明誠高(長崎)、市立川口総合高(埼玉)


【準々決勝】

東大阪大敬愛高(大阪) 3-0 埼玉栄高(埼玉)
大成高(愛知) 2-1 富士学苑高(山梨)
敬愛高(福岡) 2-0 長崎明誠高(長崎)
藤枝順心高(静岡) 1-0 市立川口総合高

【準決勝】

大成高 2-0 東大阪大敬愛高
(先)武田亮子○優勢[有効・背負投]△刈谷美咲
(中)山室未咲×引分×嘉重春樺
(大)粂田晴乃○合技[小外掛・崩上四方固](2:23)△東加珠

敬愛高 2-0 藤枝順心高
(先)寺田宇多菜○縦四方固(1:24)△菊池涼音
(中)小柳穂乃果×引分×水野瑚春
(大)児玉ひかる○払腰(0:42)△伊藤七海

【決勝】

敬愛高 ①-1 大成高
(先)寺田宇多菜△優勢[指導3]○武田亮子
(中)小柳穂乃果×引分×山室未咲
(大)児玉ひかる○内股(3:42)△粂田晴乃

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.