PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「目標は優勝のみ、目の前の相手をひとつひとつ必ず仕留めていく」全国高等学校柔道選手権男子団体戦有力校インタビュー②大成高・石田輝也監督

(2016年3月14日)

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。
「目標は優勝のみ、目の前の相手をひとつひとつ必ず仕留めていく」
全国高等学校柔道選手権男子団体戦有力校インタビュー②大成高・石田輝也監督
eJudo Photo


団体戦には1人ポイントゲッターがいたほうが良い。その中では渡辺神威が黒潮旗、水田杯と続いた招待試合の中でポイントゲッターの役割が出来るようになってきたと思います。73㎏級で軽いですから以前は大きな相手に体力負け、特にケンカ四つの相手に釣り手を落とされて苦しくなる場面が多かったのですが、水田杯では釣り手を下げずに前に出て戦えるようになっていました。なかなかこの体格では一発投げるのは難しいですが、4分の中でなんとかポイントを挙げて来てくれる。実力的にもメンタル的にも、ポイントゲッターとして成長したなと思っています。あとは森部篤知がどのくらいの力を出してくれるか。こちらは一発にものすごく魅力がある選手で、課題は気持ちの部分ですね。チームを気持ちで引っ張るくらいのつもりでやってもらいたい。まずはこの2人が活躍してチームを引っ張っていくことが優勝への条件でしょう。

―昨年は決勝で悔しい思いをした大会です

3月になって保護者会が壮行会をやってくれたのですが、そこで選手が「先輩たちが出来なかった優勝を勝ち取る」と非常に気合が入っていた。悔しい、勝ちたいという言葉がそこかしこで聞かれて、ちゃんとつながっているのだなと。それは嬉しかったですし、頼もしく思っています。

―いまはどんな稽古をしていますか?

昨日からもう調整ですね。少しづつ疲れを取っていく段階です。どこも同じと思いますが学年末試験でかなり時間を取られたので、許される中で追い込んだ稽古をして、あとは調整です。大きな怪我なく来ているのですが、学校でインフルエンザが流行していてそれはかなり気を遣っています。ただいかに注意を払っても防ぎきれないもなので、怖いのはそこだけです。

―組み合わせを見て、いかがでしょうか?

木更津総合高は全体に体が大きくて強い選手もいますし、足立学園と作陽も非常な強豪校。ここをしっかり突破して、日体荏原、そして国士舘と戦いたい。抜き勝負であることと、うちの体が小さいことを考えると、なんとか「省エネ柔道」で頑張って上位対戦につなげたいですね。昨年もそうでしたが、苦戦は後の試合に非常に響きますから。その「省エネ」を想定してかなり追い込んだ稽古をしてきました。早い段階の試合で東部直樹、そしてガムシャラさが売りの清水祐希がどのくらい力を発揮してくれるかが、カギになると思っています。

良く言われる言葉で単純かもしれませんが、目標は優勝のみ、これしかありません。しかし足元を掬われては元も子もありませんので、目の前の相手を、ひとつひとつ、必ず仕留めます。決勝まで、最後までその気持ちで戦い抜きます。

※インタビューは3月14日に行われました

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.