PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

上原将吾が初優勝・全日本柔道選手権中国地区予選

(2016年3月8日)

※ eJudoメルマガ版3月8日掲載記事より転載・編集しています。
上原将吾が初優勝
全日本柔道選手権中国地区予選
全日本柔道選手権(4月29日・日本武道館)の中国地区予選を兼ねる平成28年中国柔道選手権大会が6日、広島県立総合体育館武道場(広島市)で各県代表の計20名が参加して行われ、優勝した上原将吾(広島・東洋大)と2位の田中亮(広島・広島拘置所)の2人が代表権を獲得した。

高校生で島根県予選の決勝を争った松村颯祐と河野壮登(ともに開星高)は出場権争いに絡めず。1年生の松村は二回戦、2年生の河野は三回戦で敗れた。

成績上位者と全試合の結果は下記。

【入賞者】

優勝:上原将吾(広島・東洋大)
準優勝:田中亮(広島・広島拘置所)
第三位:清山一樹(岡山・岡山県警)
第四位:岡田公一(広島・広島県警)

※上位二名が全日本柔道選手権進出

【一回戦】

松井良平(山口)○優勢[判定3-0]△菊川顕(岡山)
高原優樹(島根)○優勢[判定2-1]△坪井義之(岡山)
河野壮登(島根)○棄権△山城光司(広島)

【二回戦】

岡田公一(広島)○崩上四方固△井上直樹(島根)
宮内寿和(岡山)○優勢[有効・背負投]△奥嶋聡(山口)
松井良平(山口)○小外刈△松村颯祐(島根)
田中亮(広島)○優勢[有効・出足払]△古川太一(鳥取)
中原翔大(鳥取)○大外刈△高原優樹(島根)
上原将吾(広島)○優勢[指導2]△原田悠聖(山口)
河野壮登(島根)○優勢[判定3-0]△赤尾大介(山口)
清山一樹(岡山)○上四方固△小田竜誠(鳥取)


【三回戦】

岡田公一○払巻込△宮内寿和
田中亮○一本背負投△松井良平
上原将吾○体落△中原翔大
清山一樹○優勢[有効・背負投]△河野壮登

【準決勝】

田中亮○優勢[技有・一本背負投]△岡田公一
上原将吾○体落△清山一樹

【三位決定戦】

清山一樹○縦四方固△岡田公一

【決勝】

上原将吾○反則△田中亮

記録提供:中国地区柔道連盟

※ eJudoメルマガ版3月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.