PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

勝負強さ健在、桐蔭学園が決勝で横須賀学院下し今年も全国切符掴む・全国高等学校柔道選手権神奈川県予選女子団体戦

(2016年1月23日)

※ eJudoメルマガ版1月23日掲載記事より転載・編集しています。
勝負強さ健在、桐蔭学園が決勝で横須賀学院下し今年も全国切符掴む
全国高等学校柔道選手権神奈川県予選女子団体戦
eJudo Photo
決勝、桐蔭学園の中堅若藤唯が渡邊聖子から左小内刈「有効」

eJudo Photo
大将朝飛七海が崩上四方固「一本」で桐蔭学園の優勝決定

第38回全国高等学校柔道選手権大会(3月19日~20日、日本武道館)の神奈川県予選男女団体戦が23日に神奈川県立武道館(横浜市)で行われ、女子は桐蔭学園高が2年連続の決勝を飾った。

決勝の相手は今季戦力充実の横須賀学院高。先鋒戦では仲田奈央が児玉天海に背負投を返され「技有」を失って優勢負け。1点ビハインドの厳しい展開となったが、勝負どころの中堅戦では若藤唯が左相四つの渡邊聖子の左袖を先んじて掴み続けて徹底管理。明らかに焦った相手から左小内刈で「有効」を奪って貴重な1点を得る。

大将戦は朝飛七海が、田中楓が小外掛で体を捨てたところを得意の寝技に持ち込み、三角で完全に頭部をロック。そのまま足首を掴んで崩上四方固に持ち込み逆転の「一本」奪取。通算スコア2-1で見事優勝を決めた。

殊勲は中堅若藤、大将朝飛の1年生コンビ。若藤は強敵渡邊の組み立てを読んで、先んじて袖を得ることで流れを完全掌握。大将朝飛はメンタルコントロールを失った相手が早々に、もっとも得意な小外掛で「目をつぶって」体を捨ててくることを予期した素早い動きでワンチャンスを確実に生かした。「勝ち方」を鍛えこまれた桐蔭学園の良さが際立った決勝であった。

入賞者と廣川真由美監督のコメント、準々決勝のスコアと準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の桐蔭学園高

【入賞者】
優 勝:桐蔭学園高
準優勝:横須賀学院高
第三位:三浦学苑高、伊志田高・秦野総合高

桐蔭学園高・廣川真由美監督のコメント
「今年は1年生が主力で、やってみないとわからない。監督になって初めて震えながら畳に立ちました(笑)。個人戦が終わってからの1週間、私はほとんど何も言わず、選手がものすごく考えて驚くくらい良い稽古をしていました。一番練習する朝飛にみなが引っ張られたところもありますが、本当に良い時間を過ごしていた。その自立と集中力が優勝に繋がったと思います。大将戦が始まるときには、なぜか勝利を確信できました。全国で戦うにはまだまだ線が細いチームですが、1人1人の『強くなりたい』という気持ちが本当に強いチーム。もう一回り、二回り骨を太くして、頑張りたいですね」

※桐蔭学園は3年連続7回目の優勝

【準々決勝】

桐蔭学園高 3-0 白鵬女子高
伊志田高・秦野総合高 2-1 湘南学院高
横須賀学院高 3-0 相洋高
三浦学苑高 3-0 旭高・日大高

【準決勝】

桐蔭学園高 3-0 伊志田高・秦野総合高
(先)仲田奈央○内股△古川彩花
(中)若藤唯○大外刈△井上千帆里
(大)朝飛七海○袈裟固△飯田清良

横須賀学院高 2-1 三浦学苑高
(先)児玉天海△大外刈○三浦百香
(中)渡邊聖子○優勢[有効]△石岡美樹
(大)田中楓○合技[小外掛・小外掛]△平野詩乃

【決勝】

桐蔭学園高 2-1 横須賀学院高
(先)仲田奈央△優勢[技有・浮落]○児玉天海
(中)若藤唯○優勢[有効・小内刈]△渡邊聖子
(大)朝飛七海○崩上四方固(1:12)△田中楓

※ eJudoメルマガ版1月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.