PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

敬愛高が他を寄せ付けず優勝、しぶとく戦った長崎明誠高が2位入賞果たす・第15回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会女子

(2015年12月26日)

※ eJudoメルマガ版12月26日掲載記事より転載・編集しています。
敬愛高が他を寄せ付けず優勝、しぶとく戦った長崎明誠高が2位入賞果たす
第15回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会女子
eJudo Photo
決勝、敬愛高の中堅児玉ひかるが長崎明誠高・西村満利江から左内股「一本」

26日に城西国際大学スポーツ文化センター(東金市)で行われた第15回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会、36チームが参加して行われた女子の部は敬愛高(福岡)が優勝を飾った。

敬愛はインターハイ70kg級王者の新森涼を直前で登録から外して布陣。児玉ひかると三苫桃子の78kg超級コンビを軸に、大原高(千葉)を3-0、木更津総合高(千葉)を3-0、前年度覇者の桐蔭学園高(神奈川)を3-0、藤枝順心高(静岡)を2-0と圧勝続きで決勝進出。

決勝では鍛え上げられた寝技の強さを利して朱雀杯王者の横須賀学院高(神奈川)を2-0、第2シードの修徳高(東京)を3-0、そして埼玉栄高(埼玉)を2-0とこちらも無失点で勝ち上がって来た長崎明誠高(長崎)と対戦。

先鋒戦は引き分けに終わったが、中堅戦ではエース児玉が西村満利江を相手に得意の内股を連発、1分27秒ついにこの技を決めて一本勝ち。大将戦では三苫桃子が西村美波瑠から大外刈「有効」を挙げて勝利してこの試合も2-0、全試合無失点で優勝を決めた。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の敬愛高

【入賞者】

優 勝:敬愛高(福岡)
準優勝:長崎明誠高(長崎)
第三位:藤枝順心高(静岡)、埼玉栄高(埼玉)
優秀校:修徳高(東京)、創志学園高(岡山)、桐蔭学園高(神奈川)、熊本西高(熊本)

最優秀選手賞:児玉ひかる(敬愛高)
優秀選手賞:三苫桃子(敬愛高)、西村美波瑠(長崎明誠高)、富沢佳奈(埼玉栄高)、水野瑚春(藤枝順心高)、石山樹(修徳高)、三浦裕香里(創志学園高)、朝飛七海(桐蔭学園高)、塔本葵葉(熊本西高)

【準々決勝】

敬愛高(福岡) 3-0 桐蔭学園高(神奈川)
(先)小柳穂乃果○優勢[僅差]○若藤唯
(中)児玉ひかる○合技[大外返・袈裟固]△朝飛七海
(大)三苫桃子○合技[小外刈・横四方固]△川村真由

藤枝順心高(静岡) 1-0 熊本西高(熊本)
(先)山上春奈○優勢[有効・大内刈]△白石稚葉
(中)伊藤七海×引分×塔本葵葉
(大)水野瑚春×引分×荒牧美咲

長崎明誠高(長崎) 3-0 修徳高(東京)
(先)瀬戸口栞南○縦四方固(1:56)△石山樹
(中)西村満利江○合技[大外刈・横四方固]△小向瑠七
(大)西村美波瑠○上四方固(0:44)△常田優華

埼玉栄高(埼玉) 2-1 創志学園高(岡山)
(先)富沢佳奈○横四方固(2:17)△平田樹
(中)都結乃△優勢[有効・内股]○三浦裕香理
(大)石塚早稀○横四方固(1:09)△岸本菜々美

eJudo Photo
準決勝、児玉が藤枝順心高・伊藤七海から内股「有効」

eJudo Photo
準決勝、長崎明誠高の大将・西村美波瑠が埼玉栄高・石塚早稀から支釣込足「技有」

【準決勝】

敬愛高 2-1 藤枝順心高
(先)太郎丸夏帆○払腰(0:19)△山上春奈
(中)児玉ひかる○内股(1:02)△伊藤七海
(大)三苫桃子△優勢[僅差]○水野瑚春

長崎明誠高 2-0 埼玉栄高
(先)瀬戸口栞南×引分×富沢佳奈
(中)西村満利江○大内刈(2:30)△都結乃
(大)西村美波瑠○合技[支釣込足・横四方固]△石塚早稀

【決勝】

敬愛高 2-0 長崎明誠高
(先)太郎丸夏帆×引分×瀬戸口栞南
(次)児玉ひかる○内股(1:27)△西村満利江
(大)三苫桃子○優勢[有効・大内刈]△西村美波瑠

※ eJudoメルマガ版12月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.