PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

男子は大成高が国士舘高と東海大相模高破り連覇達成、女子は小杉高が埼玉栄高下して初優勝飾る・第39回黒潮旗武道大会

(2015年12月20日)

※ eJudoメルマガ版12月20日掲載記事より転載・編集しています。
男子は大成高が国士舘高と東海大相模高破り連覇達成、女子は小杉高が埼玉栄高下して初優勝飾る
第39回黒潮旗武道大会
eJudo Photo
高校男子決勝、大成高の中堅森部篤知が東海大相模高・平下麟太郎の内股を返して「有効」奪取

第39回黒潮旗武道大会は19日、東海大学付属静岡翔洋高校アリーナ(静岡市)で行われ、48校が参加した高校男子の部は、大成高(愛知)が連覇を達成した。

大成高は準決勝で、前代高校三冠を達成した国士舘高(東京)と対戦。登録を外れた飯田健太郎、予選リーグで負傷した磯村亮太のエース級2枚を欠く相手を手堅く2-0で下すと、決勝では東海大相模高(神奈川)とマッチアップ。試合は引き分けが続く拮抗の展開となったが、中堅で登場した森部篤知が平下麟太郎の内股を釣り手側に返して「有効」奪取、殊勲の優勢勝ちを果たす。東海大相模のポイントゲッターが並べられた後半戦は副将戦で清水祐希が辻湧斗を、大将戦では東部直希が河内優斗をしっかり止めて引き分け、試合終了。見事一昨年に行われた38回大会に続いての優勝を決めた。

石田輝也監督は「勝ち方が悪い。もっと思い切り攻めないと次に繋がらない」と試合が終わるなり厳しく選手を戒めたが、インタビューでは「どんな大会でも優勝するのは本当に難しい。現状どのくらいの力があるかもわかったし、選手は自信になったと思います」と語り新チームの滑り出しに手ごたえも感じた様子だった。

最優秀選手賞には準決勝、決勝と大事な場面で得点を挙げた森部が選ばれた

eJudo Photo
高校女子決勝、小杉高の中堅井澤泉紀が埼玉栄高・都結乃から大外返「技有」を奪う

新設の高校女子の部は小杉高(富山)が初優勝。埼玉栄高(埼玉)との決勝では1点ビハインドで迎えた中堅戦で大黒柱・井澤泉紀が都結乃に一本勝ち。大将戦では松田美悠が石塚早稀を袈裟固「一本」で下し、逆転で勝利を決めた。

高岡稔監督は「予選から強豪と同じブロックで厳しい戦いになると思っていましたが、あれよあれよという間に勝ち上がって優勝してしまった。驚いているというか、選手たちが本当に良くやってくれました」とコメント。「高体連の韓国遠征(11月17日~20日)に井澤と松田が参加して、松田は韓国チャンピオンに2連勝。かなり自信になったように思います」と選手の成長を喜んでいた。

各カテゴリの入賞者、男子準々決勝のスコアと準決勝以降の対戦詳細、女子準々決勝以降の対戦詳細は下記。


※男女とも体重順配列、試合時間3分(決勝は4分)、判定基準は「有効」または「指導」差2以上

■ 高校男子
eJudo Photo
高校男子優勝の大成高

(エントリー48校)

【入賞者】
優 勝:大成高(愛知)
準優勝:東海大相模高(神奈川)
第三位:国士舘高(東京)、日体荏原高(東京)

最優秀選手:森部篤知(大成高)
優秀選手:渡邊神威(大成高)、辻湧斗(東海大相模高)、本間壘(国士舘高)、藤原嵩太郎(日体荏原高)

【準々決勝】

大成高(愛知) 3-0 東海大仰星高(大阪)
国士舘高(東京) 4-0 四日市中央工高(三重)
東海大相模高(神奈川) 4-0 小杉高(富山)
日体荏原高(東京) 3-2 東海大静岡翔洋高(静岡)

【準決勝】

大成高 2-0 国士舘高
(先)渡辺神威○優勢[有効・払腰]△山田祐太
(次)田中大地×引分×稲垣由生
(中)森部篤知○優勢[有効・上四方固]△清水政義
(副)清水祐希×引分×河田闘志
(大)東部直希×引分×本間壘

東海大相模高 3-2 日体荏原高
(先)古庄涼哉○優勢[有効・大内刈]△大吉賢
(次)原伸之輔△大内刈○藤原崇太郎
(中)平下麟太郎△小外掛○長井晃志
(副)辻湧斗○小外刈△繁田陽介
(大)河内優斗○合技[支釣込足・足車]△ハンガルオドバータル

【決勝】

大成高 1-0 東海大相模高
(先)渡辺神威×引分×古庄涼哉
(次)田中大地×引分×原伸之輔
(中)森部篤知○優勢[有効・隅落]△平下麟太郎
(副)清水祐希×引分×辻湧斗
(大)東部直希×引分×河内優斗

■ 高校女子
eJudo Photo
高校女子優勝の小杉高

(エントリー32校)

【入賞者】
優 勝:小杉高(富山)
準優勝:埼玉栄高(埼玉)
第三位:藤枝順心高(静岡)、桐蔭学園高(神奈川)

最優秀選手:井澤泉紀(小杉高)
優秀選手:松田美悠(小杉高)、富沢佳奈(埼玉栄高)、伊藤七海(藤枝順心高)、若藤唯(桐蔭学園高)

【準々決勝】

埼玉栄高(埼玉) 2-1 鶯谷高(岐阜)
(先)富沢佳奈○大内刈△島村美咲
(中)都結乃○払巻込△福井海夕
(大)石塚早稀△合技○田中伶奈

藤枝順心高(静岡) 1-0 横須賀学院高(神奈川)
(先)山上春奈×引分×渡邉聖子
(中)水野瑚春×引分×小林桃佳
(大)伊藤七海○合技△田中楓

桐蔭学園高(神奈川) 3-0 土浦日大高(茨城)
(先)若藤唯○優勢[有効・小外刈]△長沼悦子
(中)朝飛七海○横四方固△土佐真紀子
(大)川村真由○優勢[有効・内股]△今井香帆

小杉高(富山) 3-0 東海大翔洋高(静岡)
(先)高橋純奈○優勢[有効・小外刈]△杉山奈那
(中)井澤泉紀○内股△杵渕萌
(大)松田美悠○払巻込△外山紗奈

【準決勝】

埼玉栄高 2-1 藤枝順心高
(先)富沢佳奈○大外刈△山上春奈
(中)都結乃○払腰△水野瑚春
(大)石塚早稀△優勢[有効・払腰]○伊藤七海

小杉高 2-1 桐蔭学園高
(先)番上美沙貴△合技○若藤唯
(中)井澤泉紀○合技△朝飛七海
(大)松田美悠○上四方固△川村真由

【決勝】

小杉高 2-1 埼玉栄高
(先)高橋純奈△合技[体落・袈裟固]○富沢佳奈
(中)井澤泉紀○合技[大外返・袈裟固]△都結乃
(大)松田美悠○合技[払巻込・袈裟固]△石塚早稀

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版12月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.