PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]グランプリ済州・最終日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月29日)

※ eJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]最終日入賞者、日本選手勝ち上がり
グランプリ済州
韓国・済州で行われているグランプリ済州大会は28日に最終日を迎え、男子3階級、女子2階級の計5階級の競技が行われた。

90kg級は第1シードのガク・ドンハン(韓国)が優勝。決勝はダークホースのアクセル・クルジェ(フランス)から袖釣込腰「有効」、一本背負投「技有」と奪って危なげのない試合ぶりだった。日本の江畑丈夫(国士舘大2年)は1回戦でマーカス・ナイマン(スウェーデン)を相手に右小内刈「技有」で先制したが、圧を捌けずに組み手の反則を繰り返し「指導」4つを失って敗れた。

100kg級はこれも地元韓国のチョ・グハンが優勝。決勝はチェリャビンスク世界選手権2位のホセ・アルメンテロス(キューバ)を「韓国背負い」で一蹴、僅か1分で一本勝ちして強さを見せつけた。国際大会初参加の阪本健介(東海大4年)は敗者復活戦でエルカン・ママドフ(アゼルバイジャン)を破るなど健闘、5位に食い込んだ。

100kg超級は異例の2週連続エントリーを敢行した絶対王者テディ・リネール(フランス)が悠々優勝。決勝はキム・スンミン(韓国)を豪快な支釣込足「一本」に仕留めて全く危なげない試合ぶりだった。小川雄勢(明治大1年)は2回戦でロイ・メイヤー(オランダ)を相手に後半圧倒的に攻め込んだが、序盤の「指導」ひとつを取り返せず予選ラウンド敗退に終わった。

ケイラ・ハリソン(アメリカ)とオドレイ・チュメオ(フランス)の両世界王者の対決となった78kg級決勝は翌週のグランドスラム東京にもエントリーしているハリソンが棄権し、チュメオの優勝で終了。日本の髙山莉加は準々決勝でフッシェ・ステインハウス(オランダ)を倒し、3位入賞を果たした。

78kg超級は朝比奈沙羅(東海大1年)が全試合一本勝ちでグランプリ大会初優勝。イダリス・オルティス(キューバ)は今大会も煮え切らないパフォーマンスで5位に終わった。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 90kg級
【入賞者】
(エントリー35名)
1.GWAK, Dong Han(KOR)
2.CLERGET, Axel(FRA)
3.DENISOV, Kirill(RUS)
3.ILIADIS, Ilias(GRE)
5.MAGOMEDOV, Magomed(RUS)
5.TOTH, Krisztian(HUN)
7.GONZALEZ, Asley(CUB)
7.IDDIR, Alexandre(FRA)

【日本選手勝ち上がり】

江畑丈夫(国士舘大2年)
成績:1回戦敗退

[1回戦]

江畑丈夫△反則[指導4](3:14)〇マーカス・ナイマン(スウェーデン)

■ 100kg級
【入賞者】
(エントリー32名)
1.CHO, Guham(KOR)
2.ARMENTEROS, Jose(CUB)
3.GASIMOV, Elmar(AZE)
3.KHAIBULAEV, Tagir(RUS)
5.CORREA, Luciano(BRA)
5.SAKAMOTO, Kensuke(JPN)
7.MAMMADOV, Elkhan(AZE)
7.OMAROV, Arsen(RUS)

【日本選手勝ち上がり】

阪本健介(東海大4年)
成績:5位

[1回戦]

阪本健介〇反則(3:39)△グラム・ツシシビリ(ジョージア)

※「待て」の最中に相手の背中を踏みつけ、「柔道精神に反する行為」によるダイレクト反則負け。

[2回戦]

阪本健介〇優勢[有効・大外刈]△ズラトコ・クムリッチ(クロアチア)

[準々決勝]

阪本健介△背負投(4:26)〇タギル・カイブラエフ(ロシア)

[敗者復活戦]

阪本健介〇優勢[指導2]△エルカン・ママドフ(アゼルバイジャン)

[3位決定戦]

阪本健介△小外掛(3:19)〇エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)

■ 100kg超級
【入賞者】
(エントリー26名)
1.RINER, Teddy(FRA)
2.KIM, Sung-Min(KOR)
3.MEYER, Roy(NED)
3.VOLKOV, Andrey(RUS)
5.GARCIA MENDOZA, Alex(CUB)
5.KOKAURI, Ushangi(AZE)
7.CUEVAS, Jose(MEX)
7.SASSON, Or(ISR)

【日本選手勝ち上がり】

小川雄勢(明治大1年)
成績:2回戦敗退

[1回戦]

小川雄勢〇反則[指導4](3:04)△ジュ・ヨンセオ(韓国)

[2回戦]

小川雄勢△優勢[指導1]〇ロイ・メイヤー(オランダ)

■ 78kg級
【入賞者】
(エントリー29名)
1.TCHEUMEO, Audrey(FRA)
2.HARRISON, Kayla(USA)
3.GIBBONS, Gemma(GBR)
3.TAKAYAMA, Rika(JPN)
5.PUREVJARGAL, Lkhamdegd(MGL)
5.STEENHUIS, Guusje(NED)
7.CHOI, Mi-Young(KOR)
7.TORT MERINO, Marta(ESP)

【日本選手勝ち上がり】

髙山莉加(三井住友海上)
成績:3位

[1回戦]

髙山莉加〇縦四方固(2:28)△アンドリマール・アルフォンソ(ベネズエラ)

[2回戦]

髙山莉加〇縦四方固(2:09)△アナスタシア・デミトリエワ(ロシア)

[準々決勝]

髙山莉加〇優勢[指導2]△フッシェ・ステインハウス(オランダ)

[準決勝]

髙山莉加△優勢[指導3]〇オドレイ・チュメオ(フランス)

[3位決定戦]

髙山莉加〇大外刈(1:40)△プレフジャルガル・ルグハムデグド(モンゴル)

■ 78kg超級
【入賞者】
(エントリー20名)
1.ASAHINA, Sarah(JPN)
2.KAYA, Belkis Zehra(TUR)
3.KIM, Minjeong(KOR)
3.KINDZERSKA, Iryna(UKR)
5.ERB, Marine(FRA)
5.ORTIZ, Idalys(CUB)
7.KIM, Jiyoun(KOR)
7.KUELBS, Jasmin(GER)

【日本選手勝ち上がり】

朝比奈沙羅(東海大1年)
成績:優勝

[1回戦]

朝比奈沙羅〇合技[内股・袈裟固](0:32)△ヤン・ヤチュン(台湾)

[2回戦]

朝比奈沙羅〇送襟絞(0:41)△サンタ・パケニテ(リトアニア)

[準々決勝]

朝比奈沙羅〇内股(1:37)△キム・ミンジョン(韓国)

[準決勝]

朝比奈沙羅〇払巻込(2:59)△イリーナ・キンザルスカ(ウクライナ)

[決勝]

朝比奈沙羅〇袈裟固(2:08)△ベルキスザラ・カヤ(トルコ)

※ eJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.