PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]グランプリ済州・第1日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月26日)

※ eJudoメルマガ版11月26日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]グランプリ済州・第1日入賞者、日本選手勝ち上がり
IJFワールドツアー東アジアシリーズの第2戦となるグランプリ済州大会は26日、韓国・済州で開幕。初日は男女合わせて5階級の競技が行われた。

60kg級はキム・ウォンジン(韓国)とガンバット・ボルドバータル(モンゴル)の2強が決勝を争い、地元の声援を背にしたキムが優勝。日本代表を務めた講道館杯準優勝者・青木大(日体大3年)は1回戦でマッチアップしたガンバットの前に持ち味を出せず「指導3」を失って敗退した。

66kg級は第1シードのミハエル・プルヤエフ(ロシア)が順当に優勝。藤阪太郎(国士舘大3年)は初戦でスゴイ・ウリアルテ(スペイン)を破るなど全試合一本勝ちで決勝まで進み、銀メダルを獲得する大健闘を見せた。

48kg級は今季モンゴルから籍を移したガルバトラフ・オトコンツェツェグ(カザフスタン)が驚きの優勝。13年ワールドマスターズ王者の遠藤宏美(ALSOK)は2回戦でサラ・リショニーに小内刈を仕掛けたところに一本背負投を食って「技有」を失い敗戦、予選ラウンド敗退で入賞に絡むことが出来なかった。

52kg級は第1シードのアンドレア・キトゥ(ルーマニア)と内尾真子(筑波大2年)が決勝で対戦、小外刈「一本」でキトゥが優勝を決めている。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がり詳細は下記。

■ 60kg級
【入賞者】
(エントリー31名)
1.KIM, Won Jin(KOR)
2.GANBAT, Boldbaatar(MGL)
3.SAFAROV, Orkhan(AZE)
3.TAKABATAKE, Eric(BRA)
5.GUEDEZ, Javier(VEN)
5.LIMARE, Vincent(FRA)
7.ABELRAHMAN, Ahmed(EGY)
7.MUSHKIYEV, Ilgar(AZE)

【日本選手勝ち上がり】

青木大(日体大3年)
成績:1回戦敗退

[1回戦]

青木大△優勢[指導3]〇ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)

■ 66kg級
【入賞者】
(エントリー42名)
1.PULYAEV, Mikhail(RUS)
2.FUJISAKA, Taroh(JPN)
3.FLICKER, Tal(ISR)
3.POLLACK, Golan(ISR)
5.BASILE, Fabio(ITA)
5.MUKANOV, Azamat(KAZ)
7.OLEINIC, Sergiu(POR)
7.SHIKHALIZADA, Nijat(AZE)

【日本選手勝ち上がり】

藤阪太郎(国士舘大3年)
成績:2位

[1回戦]

藤阪太郎〇横四方固(4:00)△スゴイ・ウリアルテ(スペイン)

[2回戦]

藤阪太郎〇大内刈(4:21)△フェルディナンド・カラペシアン(アルメニア)

[3回戦]

藤阪太郎〇横四方固(2:20)△タイ・フリッカー(イスラエル)

[準決勝]

藤阪太郎〇送襟絞(0:51)△アザマト・ムカノフ(カザフスタン)

[決勝]

藤阪太郎△優勢[有効・背負投]〇ミハエル・プルヤエフ(ロシア)

■ 48kg級
【入賞者】
(エントリー27名)
1.GALBADRAKH, Otgontsetseg(KAZ)
2.CSERNOVICZKI, Eva(HUN)
3.JEONG, Bo Kyeong(KOR)
3.LOKMANHEKIM, Dilara(TUR)
5.MENEZES, Sarah(BRA)
5.MESTRE ALVAREZ, Dayaris(CUB)
7.RISHONY, Shira(ISR)
7.UNGUREANU, Monica(ROU)

【日本選手勝ち上がり】

遠藤宏美(ALSOK)
成績:2回戦敗退

[1回戦]

遠藤宏美〇背負投(0:17)△クロエ・ライナー(オーストラリア)

[2回戦]

遠藤宏美△優勢[技有・一本背負投]〇サラ・リショニー(イスラエル)

■ 52kg級
【入賞者】
(エントリー28名)
1.CHITU, Andreea(ROU)
2.UCHIO, Mako(JPN)
3.GNETO, Priscilla(FRA)
3.SCHWARTZ, Roni(ISR)
5.EURANIE, Annabelle(FRA)
5.KIM, Mi-Ri(KOR)
7.BABAMURATOVA, Gulbadam(TKM)
7.MUNKHBAATAR, Bundmaa(MGL)

【日本選手勝ち上がり】

内尾真子(筑波大2年)
成績:2位

[1回戦]

内尾真子〇横四方固(2:53)△ギリ・コーヘン(イスラエル)

[2回戦]

内尾真子〇優勢[技有・一本背負投]△カロリナ・ピエンコウスカ(ポーランド)

[準々決勝]

内尾真子〇横四方固(5:00)△グルバダム・ババムラトワ(トルクメニスタン)

[準決勝]

内尾真子〇優勢[指導2]△アナベール・ウラニー(フランス)

[決勝]

内尾真子△小外刈(2:29)〇アンドレア・キトゥ(ルーマニア)

■ 57kg級
【入賞者】
(エントリー24名)
1.KIM, Jan-Di(KOR)
2.SMYTHE DAVIS, Nekoda(GBR)
3.LIEN, Chen-Ling(TPE)
3.WAECHTER, Viola(GER)
5.KIM, Minju(KOR)
5.SILVA, Rafaela(BRA)
7.MINAKAWA, Camila(ISR)
7.ZABLUDINA, Irina(RUS)

※日本選手の出場なし

※ eJudoメルマガ版11月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.