PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]グランプリ青島・最終日入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年11月23日)

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]グランプリ青島・最終日入賞者、日本選手勝ち上がり
グランプリ青島大会は22日、中国・青島で最終日の男女合わせて5階級の競技が行われ、日本勢は女子78kg級の濵田尚里(自衛隊体育学校)と男子90kg級の長澤憲大(東海大4年)が優勝した。

濵田は得意の寝技が冴え、準々決勝でロンドン五輪金メダリストのケイラ・ハリソン(アメリカ)を腕緘、決勝ではパリ世界選手権王者のオドレイ・チュメオ(フランス)を送襟絞と世界チャンピオン2人から関節技と絞技で「一本」を奪う圧勝。長澤も決勝でリオ世界選手権王者のアスレイ・ゴンザレス(キューバ)をGS内股「技有」で奪う健闘を見せての勝利だった。

100kg級の髙木海帆(日本中央競馬会)と後藤隆太郎(慶應義塾大3年)は初戦敗退、100kg超級の上田轄麻(明治大4年)は3位だった。

100kg超級ではテディ・リネール(フランス)が順当に優勝を飾った。決勝はキム・スンミン(韓国)から4つの「指導」を奪っての勝利だった。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 90kg級
【入賞者】
(エントリー36名)
1.NAGASAWA, Kenta(JPN)
2.GONZALEZ, Asley(CUB)
3.GURBANOV, Ramin(AZE)
3.IDDIR, Alexandre(FRA)
5.CLERGET, Axel(FRA)
5.VOPROSOV, Kirill(RUS)
7.BURNS, Andrew(GBR)
7.HILDEBRAND, Aaron(GER)

【日本選手勝ち上がり】

長澤憲大(東海大4年)
成績:優勝

[1回戦]

長澤憲大〇内股(2:10)△リァオ・ユミン(台湾)

[2回戦]

長澤憲大〇優勢[指導3]△アレクサンダー・クコル(スロバキア)

[3回戦]

長澤憲大〇内股(4:19)△フレーザー・チェンバレン(イギリス)

[準々決勝]

長澤憲大〇優勢[指導2]△アクセル・クルジェ(フランス)

[準決勝]

長澤憲大〇優勢[指導1]△キリル・ヴォプロソフ(ロシア)

[決勝]

長澤憲大〇GS技有・内股(GS1:04)△アスレイ・ゴンザレス

■ 100kg級
【入賞者】
(エントリー36名)
1.NAIDAN, Tuvshinbayar(MGL)
2.RAKOV, Maxim(KAZ)
3.GASIMOV, Elmar(AZE)
3.MAMMADOV, Elkhan(AZE)
5.BLOSHENKO, Artem(UKR)
5.FREY, Karl-Richard(GER)
7.KORREL, Michael(NED)
7.KUMRIC, Zlatko(CRO)

【日本選手勝ち上がり】

髙木海帆(日本中央競馬会)
成績:2回戦敗退

[2回戦]

髙木海帆△優勢[指導3]〇アルテム・ブロシェンコ(ウクライナ)

後藤隆太郎(慶應義塾大3年)
成績:1回戦敗退

[1回戦]

後藤隆太郎△優勢[有効・支釣込足]〇エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)

■ 100kg超級
【入賞者】
(エントリー24名)
1.RINER, Teddy(FRA)
2.KIM, Sung-Min(KOR)
3.GORDIIENKO, Oleksandr(UKR)
3.UEDA, Katsuma(JPN)
5.ABDULOV, Aituar(KAZ)
5.HEINLE, Sven(GER)
7.BREITBARTH, Andre(GER)
7.NAZHMUDINOV, Magomed(RUS)

【日本選手勝ち上がり】

上田轄麻(明治大4年)
成績:3位

[1回戦]

上田轄麻〇崩上四方固(4:43)△マー・キアン(中国)

[2回戦]

上田轄麻〇優勢[有効・内股]△ウルジバヤル・ドゥーレンバヤル(モンゴル)

[準々決勝]

上田轄麻△合技(1:37)〇キム・スンミン(韓国)

[敗者復活戦]

上田轄麻〇優勢[指導2]△アンドレ・ブライドバルト(ドイツ)

[3位決定戦]

上田轄麻〇優勢[有効・払巻込]△スヴェン・ハインル(ドイツ)

■ 78kg級
【入賞者】
(エントリー23名)
1.HAMADA, Shori(JPN)
2.TCHEUMEO, Audrey(FRA)
3.GIBBONS, Gemma(GBR)
3.HARRISON, Kayla(USA)
5.KACHOROVSKAYA, Alena(RUS)
5.SOL, Kyong(PRK)
7.DMITRIEVA, Anastasiya(RUS)
7.TALARN, Laia(ESP)

【日本選手勝ち上がり】

濵田尚里(自衛隊体育学校)
成績:優勝

[1回戦]

濵田尚里〇反則(0:20)△リー・ワンズ(台湾)

[2回戦]

濵田尚里〇優勢[指導2]△ヤイマ・ラミレス(ポルトガル)

[準々決勝]

濵田尚里〇腕緘(1:32)△ケイラ・ハリソン(アメリカ)

[準決勝]

濵田尚里〇送襟絞(2:26)△アレナ・カチョロフスカヤ(ロシア)

[決勝]

濵田尚里〇送襟絞(0:49)△オドレイ・チュメオ(フランス)

■ 78kg超級
【入賞者】
(エントリー16名)
1.YU, Song(CHN)
2.MA, Sisi(CHN)
3.IAROMKA, Svitlana(UKR)
3.KIM, Minjeong(KOR)
5.KAYA, Belkis Zehra(TUR)
5.PAKENYTE, Santa(LTU)
7.KIM, Jiyoun(KOR)
7.ORTIZ, Idalys(CUB)

※日本選手の出場なし

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.