PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムパリ最終日女子3階級レポート

(2015年10月29日)

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。
最終日女子3階級レポート
グランドスラムパリ
■ 70kg級・田知本遥みごと優勝、名だたる強豪ことごとく退ける
eJudo Photo
決勝を戦う田知本遥

【入賞者】
(エントリー24名)
1.TACHIMOTO, Haruka(JPN)
2.VARGAS KOCH, Laura(GER)
3.PINOT, Margaux(FRA)
3.POLLING, Kim(NED)
5.CONWAY, Sally(GBR)
5.POSVITE, Fanny Estelle(FRA)
7.BOLDER, Linda(ISR)
7.NUN IRA, Karen(JPN)

日本の田知本遥が見事優勝。
その勝ち上がりは出色。まず2回戦でアネット・ブライテネバッハ(ハンガリー)を横三角から縦四方固、横四方固と繋いで「一本」(1:36)。最大の山場と目された準々決勝の第1シード選手キム・ポリング(オランダ)戦は裏投「有効」をリードされるが、相手の左一本背負投の立ち際に左大外刈を叩き込んで「技有」を奪って逆転。ポリングは以後猛攻、右内股「有効」、裏投「有効」と一方的に投げ続けるがなんとか凌ぎきって「技有」優勢で勝利確定。準決勝は前戦でリンダ・ボルダー(イスラエル)を大外刈「技有」で下したファニー・エステルポスヴィト(フランス)を「指導1」の優勢で下し、決勝は第2シードのラウラ・ファルカスコッホ(ドイツ)を思い切りの良い大外刈「一本」(3:33)で破り優勝決定。

もと世界選手権銀メダリストで5月のワールドマスターズで新井千鶴を破っているブライテネバッハ、優勝候補筆頭で階級きってのパワー派ポリング、そしてワールドツアーの主役でリオ世界選手権銀メダリストのラウラ・ファルカスコッホと、対戦相手の「格」も十分。もっとも面倒と思われたボルダーが対戦前に脱落した幸運はあったが、ブライテネバッハを抑え、ポリングとファルカスコッホに投げ勝った今大会の内容はまったく文句のつけようのないものだ。

田知本は7月のチュメン大会に続きグランドスラム大会2連勝。2011年から世界大会に3大会連続で派遣されながらいずれもメダルに手が届かず、結果的にも内容的にももはや代表の目はないと思われていた田知本だが、内容の伴った結果を立て続けに残して一気に五輪代表戦線の有力候補に浮上したと見て良いだろう。

【準決勝】

田知本遥〇優勢[指導1]△ファニーエステル・ポスヴィト(フランス)
ラウラ・ファルカス・コッホ(ドイツ)〇大内刈(2:44)△サリー・コンウェイ(イングランド)

【決勝】

田知本遥〇大外刈(3:33)△ラウラ・ファルカス・コッホ(ドイツ)

eJudo Photo
田知本はグランドスラム・チュメンに続きワールドツアー2連勝

eJudo Photo
70kg級入賞者。左からファルカスコッホ、田知本、ポリング、ピノ。

【日本選手勝ち上がり】

田知本遥(ALSOK)
成績:優勝

[2回戦]

田知本遥〇横四方固(1:36)△アネット・ブライテネバッハ(ハンガリー)

左相四つ。激しい組み手争い、勢い余った相手が潰れると、すかさず横三角で返して横四方固、足を絡まれると縦四方固に移行して再び抑え込み、さらにまたいで横四方固に繋ぎ直す。「一本」

[準々決勝]

田知本遥〇優勢[技有・大外刈]△キム・ポリング(オランダ)

田知本が左、ポリングは右組みのケンカ四つ。左大内刈を入れたところに裏投を食らい「有効」を失うが、相手の左一本背負投を耐えると立ち際に左大外刈を叩き込み「技有」奪取。以後ポリングに右内股「有効」、裏投「有効」と立て続けに投げられるが凌ぎきって勝利。

[準決勝]

田知本遥〇優勢[指導1]△ファニーエステル・ポスヴィト(フランス)

ケンカ四つ。序盤に相手が場外の「指導」を受け、このポイントを以て勝ち抜け。

[決勝]

田知本遥〇大外刈(3:33)△ラウラ・ファルカス・コッホ(ドイツ)

左相四つ。終盤思い切り良く左大外刈、大きく刈り足を伸ばして相手を引っ掛けると、引き手を引き切り、体を翻して左前隅に回し投げる。文句なしの「一本」。

eJudo Photo
ヌンイラ華蓮は表彰台に届かず

ヌンイラ華蓮(了徳寺学園職)
成績:7位

[1回戦]

ヌンイラ華蓮〇優勢[技有・大外返]△ヴァネッサ・チャラ(エクアドル)

右相四つ。互いに技が出ず双方に「指導」、直後チュラがヌンイラの手首を掴んで抑え「指導2」が宣告される。ヌンイラは大外返で「技有」、右大内刈「有効」と積み重ねて順当に勝利。

[2回戦]

ヌンイラ華蓮〇袈裟固(4:00)△アッセマ・ニアン(モロッコ)

ヌンイラが右、ニアンが左組みのケンカ四つ。相手の巴投をパス、乗り越えて袈裟固で抑え込み「一本」。

[準々決勝]

ヌンイラ華蓮△腕挫十字固(2:36)〇サリー・コンウェイ(イングランド)

右相四つ。場外で「指導」1つを失った後、掛け潰れを狙われて腕挫十字固を食らう。耐え切れず極められ「一本」。

[敗者復活戦]

ヌンイラ華蓮△大内返(0:48)〇マルゴ・ピノ(フランス)

右相四つ。「指導1」リードも得意の大内刈を思い切り返されてしまい一本負け。

■ 78kg級・優勝はチュメオ、日本勢2人は健闘も頂点には立てず
eJudo Photo
78kg級準々決勝、佐藤瑠香がサリー・コンウェイから大腰「一本」

eJudo Photo
78kg級入賞者。左から佐藤、チュメオ、緒方、マロンガ

【入賞者】
(エントリー25名)
1.TCHEUMEO, Audrey(FRA)
2.SATO, Ruika(JPN)
3.MALONGA, Madeleine(FRA)
3.OGATA, Akari(JPN)
5.GIBBONS, Gemma(GBR)
5.VELENSEK, Anamari(SLO)
7.MALZAHN, Luise(GER)
7.POWELL, Natalie(GBR)

2回戦で緒方亜香里がマルヒンデ・フェルケルク(オランダ)を、同じく2回戦で佐藤瑠香が好調のフッシェ・ステインハンス(オランダ)を倒すアップセットがあったが、日本勢2人を除いたベスト8進出者はルイーズ・マルツァン(ドイツ)、ジェンマ・ギボンス(イギリス)、オドレイ・チュメオ(フランス)、アナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)、それにナタリー・ポウエル(イギリス)とまことに順当なもの。

以降の激戦を勝ち抜いて優勝を飾ったのは地元フランスの一番手であるオドレイ・チュメオ。勝ち上がりは2回戦でマルタ・トルトメリーノ(スペイン)を大内刈2発の合技による「一本」(1:09)、準々決勝は緒方亜香里を小外刈「一本」(1:46)、準決勝はジェンマ・ギボンスを強烈な右体落「一本」、そして決勝は佐藤を「指導3」対「指導2」の優勢で下して勝利を決めている。勝ち上がりのスコア、試合内容から見てチュメオの優勝は順当なものであった。

日本勢は佐藤が2位、緒方が3位と善戦。緒方は2回戦のフェルケルク打倒のみならず敗者復活戦ではマルツァン、3位決定戦ではヴェレンチェクと世界選手権表彰台以上のレベルにある選手を3人倒し、佐藤も準決勝でヴェレンチェクに完勝するなど一定の成果があった大会。緒方は度々膝の負傷の影響を感じさせるぎこちない動きがあり、佐藤は決勝で試合構成の悪さという悪癖を出して逆転負けを喫したが、それでもこの陣容の中で表彰台に立ったことは一定の評価を受けて然るべきだ。

しかしこの階級は梅木真美が世界選手権制覇という規格外の成績を残したばかりであり、これを追撃するには明らかに物足りない結果でもある。立ち直りつつある緒方と佐藤が以後アピールできるポイントがあるとすれば、突如結果を残した梅木に比しての安定感だろう。強豪数多い78kg級で常に表彰台に立ち続けることがあれば必ずや一定の評価を得られるはずであり、逆に1度でも落ちればもはや五輪の目はないと言える。次戦以降にも期待したい。

【準決勝】

オドレイ・チュメオ(フランス)〇体落(1:33)△ジェンマ・ギボンス(イングランド)
佐藤瑠香〇優勢[技有・大内刈]△アナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)

【決勝】

オドレイ・チュメオ(フランス)〇優勢[指導3]△佐藤瑠香

eJudo Photo
佐藤は2位入賞を果たした

【日本選手勝ち上がり】

佐藤瑠香(コマツ)
成績:2位

[2回戦]

佐藤瑠香〇優勢[有効・内股返]△フッシェ・ステインハウス(オランダ)

佐藤が右、ステインハウスが左組みのケンカ四つ。相手の内股をめくり返して内股返「有効」。以後も組み勝ち続けて、ステインハウスに「極端な防御姿勢」と消極的行動により2つの「指導」が積み重なる。終了間際に回避行動を続けてしまい「指導」1つを受けるが終戦。

[準々決勝]

佐藤瑠香〇大腰(2:51)△ナタリー・ポウエル(イングランド)

ケンカ四つ。互いに袖を絞り合うことが続き主審は「取り組まない」と判断、両者に「指導」を宣告する。以後ポウエルにのみ「指導2」が与えられるが、奮起したポウエルは内股から小外掛に連絡し「技有」奪取。佐藤絶体絶命のピンチだが、右大腰「一本」で逆転勝利。

[準決勝]

佐藤瑠香〇優勢[技有・大内刈]△アナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)

右相四つ。相手の釣り手を完全に制し優位に試合を運ぶ。窮した相手のやや不用意な左小外刈を右大内刈で切り返し「技有」奪取。このポイントで勝利を決める。

[決勝]

佐藤瑠香△優勢[指導3]〇オドレイ・チュメオ(フランス)

右相四つ。佐藤飛び掛かる勢いで試合を開始するが、チュメオ冷静に組み手を進めて圧を利かせる。しかし佐藤は前進行動を止めず1分18秒チュメオに場外の「指導」。1分49秒双方に消極の「指導」。指導累積差でリード、しかも大枠組み勝ったこの大事な時間帯にしかし佐藤は肝心の技が出ず、奮起したチュメオが大内刈で突進した直後の2分36秒佐藤に「指導2」でタイスコア、さらに残り50秒、チュメオの圧をまともに受けた佐藤が畳に手を着かされ「指導3」が宣告されるに至る。この時点でついにスコア逆転。追う立場となった佐藤両袖で前に出るがチュメオ足を飛ばして試合を流し、終戦。

eJudo Photo
緒方亜香里も3位に入賞

緒方亜香里(了徳寺学園職)
成績:3位

[1回戦]

緒方亜香里〇横四方固(3:17)△マイラム・マザウ・サラ(ガボン)

緒方が左、サラが右組みのケンカ四つ。相手に奥襟を叩かれ、極端な防御姿勢による「指導1」を失う。続いて左内股で「有効」を奪ったものの取り消されるなど、実力差に比して少々もたついた試合。最終的には横四方固「一本」で収拾。

[2回戦]

緒方亜香里〇優勢[指導3]△マリンダ・フェルケルク(オランダ)

左相四つ。組み手を切る動作を続け「指導1」失陥。しかし以後は前に出続けて圧を掛け場外、「極端な防御姿勢」、さらに場外と3つの「指導」を奪取し逆転勝ち。

[準々決勝]

緒方亜香里△小外刈(1:46)〇オドレイ・チュメオ(フランス)

ケンカ四つ。チュメオの奥襟を回避出来ず防御姿勢が続く苦しい試合。チュメオが奥襟を叩きざまに右小外刈を仕掛けると緒方まともに食って「技有」。しばしあって技の評価は「一本」に変更され、終戦。

[敗者復活戦]

緒方亜香里〇棄権△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)

[3位決定戦]

緒方亜香里〇優勢[指導2]△アナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)

ケンカ四つ。序盤ヴェレンチェク得意の腕挫十字固を食い掛けるが立ち直り、2分16秒の時点で2つの「指導」を獲得。以後も引き手で袖、釣り手で奥襟を叩く良い形を続け、相手を揺さぶりながら試合終了まで戦い切る。

■ 78kg超級・アンドル優勝、準決勝でユーソンを破る大殊勲
【入賞者】
(エントリー16名)
1.ANDEOL, Emilie(FRA)
2.KONITZ, Franziska(GER)
3.CERIC, Larisa(BIH)
3.KINDZERSKA, Iryna(UKR)
5.YU, Song(CHN)
5.ZAMBOTTI, Vanessa(MEX)
7.ADLINGTON, Sarah(GBR)
7.KUELBS, Jasmin(GER)

※日本勢の出場はなし。

ワールドマスターズと世界選手権を圧倒的な強さで制してもっかランキング1位を独走中、もはやこの階級に敵なしの感があったユー・ソン(中国)が敗れる大事件。

首級を挙げたのはフランスのエース、エミリー・アンドル。準決勝はユーが「指導」2つと「有効」をリードする波乱の考え難い展開だったが、終盤ユーが抱きつきの右小外掛をに打って出たところを、ガップリ釣り手を確保していたアンドルが左内股で持ち上げ「技有」奪取、そのまま横四方固に抑え込み合技「一本」で勝利を決めた。

ユーはこれで糸が切れたか、3位決定戦ではなんとランキング24位のBグループ選手ラリッサ・セリック(ボスニアヘルツェゴビナ)にも「指導2」対「指導3」で敗れ5位に沈む。リオ五輪まで無敗を続けることすら想起されたユーだが、特段出る必要のない大会に強行出場した末に、思わぬ綻びを見せつけることとなってしまった。今後の78kg超級戦線の動向に影響大きい2敗であった。

アンドルはユー戦まではオドク・ジャブズマー(モンゴル)に「指導3」優勢、ヤスミン・クルブス(ドイツ)にも「指導2」対「指導3」の優勢と決して良い出来ではなかったか、大物食いに気を良くしたか決勝はフランジスカ・コニッツ(ドイツ)に崩袈裟固「一本」で完勝。地元の大観衆見守る前で最高の結果を挙げることとなった。

【準決勝】

エミリー・アンドル〇合技[3:27]△ユー・ソン(中国)
フランジスカ・コニッツ(ドイツ)〇優勢[指導2]△ヴァネッサ・ザンポッティ(メキシコ)

【決勝】

エミリー・アンドル〇崩袈裟固(1:56)△フランジスカ・コニッツ(ドイツ)

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.