PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]グランドスラムパリ第1日男子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年10月17日)

※ eJudoメルマガ版10月17日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]グランドスラムパリ第1日男子入賞者、日本選手勝ち上がり
17日に行われたグランドスラム・パリ男子各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

日本勢は60kg級の髙藤直寿(東海大4年)と73kg級の秋本啓之(了徳寺学園職)が優勝を飾った。

■ 60kg級
【入賞者】
1.TAKATO, Naohisa(JPN)
2.LIMARE, Vincent(FRA)
3.DASHDAVAA, Amartuvshin(MGL)
3.LUTFILLAEV, Sharafuddin(UZB)
5.CHAMMARTIN, Ludovic(SUI)
5.MOOREN, Jeroen(NED)
7.MILOUS, Sofiane(FRA)
7.TAKABATAKE, Eric(BRA)

【日本選手勝ち上がり】

髙藤直寿(東海大4年)
成績:優勝

[2回戦]
髙藤直寿〇釣込腰(1:41)△モハメド・ジャフィ(モロッコ)

[3回戦]
髙藤直寿〇腕緘(4:30)△サヤン・クシュテク(ロシア)

[準々決勝]
髙藤直寿〇優勢[有効・袖釣込腰]△ルドヴィック・シャンマルタン(スイス)

[準決勝]
髙藤直寿〇足車(1:03)△ダシュダヴァー・アマーツブシン(モンゴル)

[決勝]
髙藤直寿〇優勢[技有・肩車]△ヴィンセント・リマール(フランス)

木戸慎二(パーク24)
成績:3回戦敗退

[2回戦]
木戸慎二〇優勢[指導2]△サカワト・ガジエフ(ロシア)

[3回戦]
木戸慎二△優勢[有効・大内返]〇ジョロエン・ムーレン(オランダ)

■ 66kg級
【入賞者】
1.DAVAADORJ, Tumurkhuleg(MGL)
2.ZANTARAIA, Georgii(UKR)
3.DOVDON, Altansukh(MGL)
3.TAKAJO, Tomofumi(JPN)
5.OLEINIC, Sergiu(POR)
5.SHIKHALIZADA, Nijat(AZE)
7.SHAMILOV, Yakub(RUS)
7.VERDE, Elio(ITA)

【日本選手勝ち上がり】

髙上智史(旭化成)
成績:3位

[2回戦]
髙上智史〇反則(2:52)△ファビオ・バシル(イタリア)

[3回戦]
髙上智史〇優勢[技有・背負投]△スゴイ・ウリアルテ(スペイン)

[準々決勝]
髙上智史〇棄権(3:34)△ヤクブ・シャミロフ(ロシア)

[準決勝]
髙上智史△優勢[指導3]〇ゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)

[3位決定戦]
髙上智史〇合技[袖釣込腰・背負投](3:52)△セルジュ・オレニック(ポルトガル)

■ 73kg級
【入賞者】
1.AKIMOTO, Hiroyuki(JPN)
2.ORUJOV, Rustam(AZE)
3.MUKI, Sagi(ISR)
3.WANDTKE, Igor(GER)
5.DRAKSIC, Rok(SLO)
5.SUN, Shuai(CHN)
7.DUPRAT, Pierre(FRA)
7.ESPOSITO, Antonio(ITA)

【日本選手勝ち上がり】

秋本啓之(了徳寺学園職)
成績:優勝

[2回戦]
秋本啓之〇崩袈裟固(1:50)△エートゥ・ラーマネン(フィンランド)

[3回戦]
秋本啓之〇優勢[有効・背負投]△デックス・エルモント(オランダ)

[準々決勝]
秋本啓之〇崩袈裟固(3:03)△アントニオ・エスピノサ(イタリア)

[準決勝]
秋本啓之〇崩袈裟固(4:20)△ロク・ドラクシッチ(スロベニア)

[決勝]
秋本啓之〇背負投(4:35)△ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)

※ eJudoメルマガ版10月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.