PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

朝飛道場が4連覇達成・平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2015年9月22日)

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。
朝飛道場が4連覇達成
平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部
eJudo Photo
決勝、朝飛道場の先鋒朝飛太陽が無心塾飯島道場・小林開道から出足払で「有効」を奪う

eJudo Photo
副将戦、無心塾飯島道場・下村琉也が佐藤琉絢から一本背負投「技有」

eJudo Photo
佐藤は終盤下村を抑え込み、逆転に成功

22日、東京武道館大道場で平成27年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会が行われ、全国各地区の予選を勝ち抜いた精鋭が団体戦柔道日本一を掛けて熱戦を繰り広げた。

32チームが参加を許された小学生の部は、朝飛道場(神奈川)が4連覇を達成。第1シードで大会をスタートした朝飛道場は1回戦で諏訪ノ森柔道教室(長崎)を5-0、2回戦で克己塾(長野)を5-0、準々決勝で宇摩柔道会(愛媛)を3-1、準決勝では本吉塾(福岡)を2-2の内容差で下して決勝進出決定。

決勝は無心塾飯島道場(茨城)と対戦。先鋒朝飛太陽が小外刈「技有」、出足払「有効」と連取して小林開道に優勢勝ち。次鋒戦は落としたが、中堅戦で金子竜士が終了間際に冨田裕太の抱きつきの裏投を被り落として横四方固で抑え込む。これは9秒で「解けた」となったがこの秒数を審判団が誤認し「技有」を宣告して試合を終わらせ、微妙な形ながら勝ち越しに成功。

副将戦は佐藤琉絢が強敵下村琉也に開始早々の右一本背負投で「技有」を失ったが、粘り強く戦い続けて、最終盤の抑え込み合いを制して上四方固で逆転の一本勝ち。大将戦は「指導」差で落としたが、最終スコア3-2で優勝を決めることとなった。

中堅戦のジャッジは、副将戦終了後に疑義が提示されたが、既に選手が畳を降りて試合が成立しているため訂正されず。「誤審はあったが結果は覆らない」旨審判長がアナウンスを行ったが、当然ながら会場は騒然。後味の悪さが残る結末だった。

入賞者と朝飛道場・朝飛大監督のコメントおよび準々決勝以降のスコア、決勝の対戦詳細は下記。

※準決勝以前の詳細記録は25日(金)以降に配信します

eJudo Photo
優勝の朝飛道場

eJudo Photo
最優秀選手賞の朝飛太陽

【入賞者】

優 勝:朝飛道場(神奈川)
準優勝:無心塾飯島道場(茨城)
第三位:本吉塾(福岡)、有朋柔道塾(広島)

最優秀選手賞(マルちゃん賞):朝飛太陽(朝飛道場)
優秀選手賞:大高ひかり(無心塾飯島道場)、小宮朋洋(本吉塾)、坂本慶(有朋柔道塾)

朝飛道場・朝飛大監督のコメント
「(合議の結果宣告された中堅戦の「技有」は)抑え込みの前の投げに下されたものと思っていました。後味の悪いことになって申し訳なく思っています。(-勝因は?)ケンケンで追う、あるいは耐える、意図的に競った時に力を出す稽古をしていたことは生きたと思います。今年のチームは去年に比べると力量もまだまだだ、怪我をした子もいたし、追い込んだ稽古も足りなかった。正直勝てると思っていなかったですが、良くやってくれたと思います」

【準々決勝】

朝飛道場(神奈川) 3-1 宇摩柔道会(愛媛)
本吉塾(福岡) 3-2 五所川原柔道少年団(青森)
有朋柔道塾(広島) 2-1 脩柔舘山内道場(福岡)
無心塾飯島道場(茨城) 2-1 古賀塾(神奈川)

【準決勝】

朝飛道場 ②-2 本吉塾
無心塾飯島道場 2-0 有朋柔道塾

【決勝】

朝飛道場 3-2 無心塾飯島道場
(先)朝飛太陽〇優勢[技有・小外刈]△小林開道
(次)小田優雅△袈裟固(0:57)〇野口康太
(中)金子竜士〇優勢[技有・横四方固]△冨田裕太
(副)佐藤琉絢〇上四方固(3:00)△下村琉也
(大)宮崎元汰△優勢[僅差]〇大高ひかり

※ eJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.