PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【eJudo’s EYE】アスタナ世界選手権女子日本代表総評、各選手採点表

(2015年9月11日)

※ eJudoメルマガ版9月11日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】アスタナ世界選手権女子日本代表総評、各選手採点表
■ 女子日本代表総評
女子日本代表 8.5
(※10点満点、団体戦含む)

戦前、個人的には今回の女子代表に暗い展望を抱いていた。日本女子のメダル量産階級であり続けた軽量3階級の顔である浅見八瑠奈、中村美里、松本薫はともに北京-ロンドン期の生き残りのベテラン。しかもここ1年のパフォーマンスは決して良くはなく、これが単なる調子の上下に収まるものなのか忍び寄る衰えによるものかというと、率直な印象はどちらかというと後者。ここ一番の勝負の勘所を弁えた3名の優勝の可能性自体は十分だが、もし勝ったとしてもそれが1大会限定の爪先立ちの背伸びの結果であれば、強豪各選手が一段も二段も地力を上げてくる来年に向けての展望は逆に暗く、むしろ勝ってマークされるリスクと優勝という事実によってこの「緩やかに下がる地力の水準を、勝利出来る高さでなんとか保つ」という苦しい構造が覆い隠されることのほうが怖い。つまり「勝っても負けても喜べない」状況。若手に目を移すとツアーで実績のある新井千鶴は今季に入って迷走中で、梅木真美は「初顔見せ」のニュアンス強く周囲はスター揃い。近藤亜美は徹底研究にあって苦戦のさなかにあり、若手で上向きベクトルにありかつ表彰台以上が確実なステージにあるのは田代未来のみ。順行運転で頂点を狙えるのは実は78kg超級のみではないか。

という陰鬱な予測をほとんど全てめくり返したのが今回の女子代表。特に浅見、中村、松本が現在の最高到達点の高さのみならず、リオ五輪で「戦える」方法論と力を示したことがまことに大きい。梅木真美の初出場初優勝、田知本愛のオルティス打倒、表彰台以上がもはや既定路線と言える内容と結果を見せて銅メダルを獲得した田代未来の活躍と合わせて、予想以上の出来であったと総括していいだろう。前述のベテラン3人の勝利の所以が調整の成功にあることは疑いなく、これはロンドン五輪最大の理由であった過密スケジュールによる調整失敗を、強化陣がきちんと踏まえた結果と評価しても良いだろう。選出の妥当性も結果を以って証明された形となり、評価は間違いなく「ポジティブ」。逆に来年の五輪が怖くなってしまうほどの出来の良さであった。

70kg級の新井千鶴と78kg超級の山部佳苗が力を発揮しきれなかったこと、これを現場一発の刹那的な失敗ではなく予想され得る構造の中にあったことと評価して若干の減点を行ったが、日本代表が「うまくいっている」と実感できる大会であった。

■ 各選手採点表
※10点満点
※採点基準は順位ではなく各人が抱える「ミッションの達成度」とする
※個人戦代表の評価に団体戦は含まず

48kg級 浅見八瑠奈 8.0
素晴らしい動きと力。キャリア屈指のハイパフォーマンスであらためてその到達点の高さを示した。パレト相手に突如引いた決勝は意外な結果だったが、単にトップに「届く」のではなく、他を圧倒して優勝出来るだけの力の蓄えを感じさせる内容だった。決勝の結果に鑑み得点自体は減点。

48kg級 近藤亜美 6.0
ツアーから継続してもがき続けていた近藤だが、寝技に活路を見出しての銅メダル確保は立派。徹底警戒される投技の攻防に今後どう向き合うかに期待。

52kg級 中村美里 8.5
手足の連動性高い組み手と足技、体の強さで相手を翻弄。優勝という結果以上にその内容が圧巻であった。五輪制覇への道が見えた大会。あとは一方的な内容をスコアに反映させるもう1ピースが求められる。

57kg級 松本薫 9.5
あくまで二本持って離さず、釣り手を立てて足技で懐に入り続ける新スタイル。比類ない地力の高さを生かす「理」を初めて獲得したと言える。取り味のある小外刈に小内刈という具体的な収束点まで得、今回の松本は文句のつけようがない。内容、結果に加えて中村同様五輪への具体的な戦い方を示したということで最高点。

63kg級 田代未来 8.0
連続銅メダル獲得だが、安定感は昨年とは比べ物にならないほどアップ。ツアーで3位決定戦の勝ち負けを繰り返すファンエムデンはまったく問題にせず、一方ここ一番に向けてハイコンディションでやってきたアグベニューには完敗。現在位置を正しく示した戦いぶりでもあったが、表彰台以上確実の力を示したと言える。「伸びている」というベクトルのありようを示したことは大きい。

70kg級 新井千鶴 5.0
持ち前の技の威力と切れ味を生かす組み手と試合の設計力を、未だ手に入れていないという印象。自身の長所にまっすぐアプローチする方法論のなさに、おそらく本人も悩みがあるのでは。迷いに目を瞑って勝ち続けた本戦の精神力は天晴であったが、最後はこれが技に反映された。結果、内容とも新井本来の力を見せるには至らず。

78kg級 梅木真美 9.0
荒れた大会を泳ぎ切って驚きの初優勝。優勝という事実は勿論、あくまで二本持って図太く相手を追い詰める取り口の良さと、それを可能ならしめる地力の高さが光った。得意の寝技に立ち技のスタイルと、具体的な進化が見え続けること、そして方向性にポリシーがあることが素晴らしい。

78kg超級 田知本愛 8.0
初の決勝進出。ユー・ソンには敗れたが、「本気のオルティス」にGS延長戦の激戦を経て競り勝った事実は素晴らしい。以後のオルティスの凄まじいパフォーマンスにも鑑み加点。

78kg超級 山部佳苗 6.5
技の切れ味も威力も申し分なし、あとはメンタルが課題という山部を測るには「行けば崩れる」巨人ヤスミン・クルブス戦を以てすべきと思われるが、来年の五輪を任せられるだけの出来を見せねばならないというバックグランドの中で「指導1」対「指導2」の辛勝は頂けない。他戦が圧倒的であっただけに、逆に切所での煮え切らなさが際立った。下を向いた大人しいパフォーマンスから敗退以後のイメージ奪回というシナリオは前回(前回大会は団体戦の活躍で収拾)と相似で、ミッションの達成度は銅メダル獲得という結果ほどではないと考える。

団体戦 山本杏 7.5
4戦全勝、切れ味鋭い小内刈の印象が鮮烈。ただしドルジスレン・スミヤ戦の「指導」連続失陥は弱点の線の細さを示したものともいえ、松本薫の圧倒的な出来を脅かすには少々不足。

団体戦 ヌンイラ華蓮 7.0
1戦1勝、一本勝ち。試合出場が少なすぎたことで評価は難しい。ただし力感あふれる柔道が、前戦で煮え切らぬ試合を見せた同僚新井に喝を入れたことは間違いない。相手のゾウ・チャオには昨年個人戦で一度苦戦したという履歴もあり、ミッション達成と理解して採点。


評者:古田英毅(eJudo編集部)
Text by Hideki Furuta

※ eJudoメルマガ版9月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.