PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

6年生50kg超級で昨年2位の甲木碧が悲願の初V、5年生45kg超級は遠藤大城がオール一本勝ちで初の全国制覇決める・第12回全国小学生学年別柔道大会男子

(2015年8月30日)

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。
6年生50kg超級で昨年2位の甲木碧が悲願の初V、5年生45kg超級は遠藤大城がオール一本勝ちで初の全国制覇決める
第12回全国小学生学年別柔道大会男子4階級
eJudo Photo
男子優勝者。左から甲木、河村、遠藤、小幡。

30日に小瀬スポーツ公園武道館(山梨県甲府市)で行われた第12回全国小学生学年別柔道大会、男子各階級の決勝レポートおよび準々決勝の試合結果は下記。

6年生50kg超級は昨年2位の甲木碧(福岡・大刀洗豪武館)が出色の出来で優勝、5年生45kg超級は遠藤大城(千葉・明心館関本道場)が5試合全てを一本勝ちという素晴らしい内容で制した。5年生45kg級は小幡礼希(宮城・太陽塾)が小野日向(神奈川・古賀塾)
との激戦を制して初優勝、6年生50kg級は河野翔太(鹿児島・南種子柔道スポーツ少年団)が優勝した。

■ 5年生男子45kg級・小幡礼希が小野日向との激戦制して初優勝
eJudo Photo
5年生45kg級決勝、小幡礼希が素晴らしい踏み込みで左大外刈、しかし小野日向は迎え撃って返し投げ合いとなる

eJudo Photo
小幡は度々左内股を放って攻めの姿勢を崩さず

【決勝】

小幡礼希(宮城・太陽塾)〇優勢[判定]△小野日向(神奈川・古賀塾)

ともに前評判の高かった2人による頂上対決。小野はここまで5戦して4つの一本勝ち、一方昨年の5年女子50kg級王者小幡心里を姉に持つ小幡も4戦して4つの「一本」をマークしており、ともに堂々たる勝ち上がり。

小幡が左大外刈に左大内刈、小野は左一本背負投で序盤から激しい攻め合い。引き手の袖の確保が早い小幡が主導権を握ることに成功、釣り手を深く叩き入れながら思い切った左大外刈に打って出る。踏み込みの伸びが素晴らしいこの一撃をしかし小野はバランス良く残し、腰を入れる左釣込腰の形で返しに掛かる。遠間から踏み込んだ分バランスを崩して返され掛かった小幡だがあくまで退かず、無理やり投げ合いに戻して崩れ「待て」。

あわやポイント失陥という場面であったが、小幡は以後も返し技に臆することなく左大内刈、左内股で攻め小野を大きく崩す。この攻勢を受けて主審は小野に「指導」を宣告。

小幡はさらに左一本背負投に大内刈と繰り出して攻勢継続、スピードに慣れて組めるようになって来た小野も思い切り良い右袖釣込腰を見せて抵抗して試合は激しい攻め合い。小幡が終盤に放った組み際の大内刈は絶妙の体捌きを見せた小野の前に返され掛かるが、これも素晴らしいバランスで体を捻って腹這いに落ちる。

息もつかせぬ攻め合いの決着は、旗3本が全て白の小幡を支持。旗判定3-0の優勢で小幡の優勝が決まった。

■ 5年生男子45kg級・小幡礼希が小野日向との激戦制して初優勝
eJudo Photo
5年生男子45kg級優勝の小幡礼希

【入賞者】

優 勝:小幡礼希(宮城・太陽塾)
準優勝:小野日向(神奈川・古賀塾)
第三位:竹市裕亮(愛知・羽田野道場)、四元羅生(和歌山・松江少年柔道クラブ)

【準々決勝】

小野日向(神奈川・古賀塾)〇優勢[判定]△中里侠斗(北海道・登別誠有館有櫛道場)
四元羅生(和歌山・松江少年柔道クラブ)〇大外刈(1:26)△藤村心大(兵庫・真道館ジュニア柔道クラブ)
竹市裕亮(愛知・羽田野道場)〇優勢[技有・内股]△田中竜之介(広島・楠木柔道会)
小幡礼希(宮城・太陽塾)〇出足払(0:14)△杉木亮斗(大阪・初柔会西塾)

【準決勝】

小野日向〇肩固(2:26)△四元羅生
小幡礼希〇内股(2:47)△竹市裕亮

【決勝】

小幡礼希〇優勢[判定]△小野日向

■ 5年生男子45kg超級・遠藤大城が全試合一本勝ち、圧勝で初の全国制覇果たす
eJudo Photo
5年生男子45kg超級決勝、遠藤大城が上田夏也人を内股「一本」で破る

【決勝】

遠藤大城(千葉・明心館関本道場)〇内股(0:24)△上田夏也人(大阪・ニュージャパン柔道クラブ)

決勝は遠藤が左、上田が右のケンカ四つ。ここまで圧倒的な強さで勝ち上がって来た遠藤はやる気十分、組み手を制しに来た相手に袖を握らせたまま釣り手を内から巻き返し、左払腰で先制攻撃。これは潰れたが以後も強気に前進継続。
20秒過ぎに遠藤が勝負に出る。相手に釣り手を与えたまま、自身の釣り手は相手の腕の外を握ってまず牽制の出足払一発。さらに出足払のフェイントを入れた一足の左内股に打って出る。一瞬体を固めたところを下から叩き上げられた上田はまったく抗すること出来ず高々と宙を舞い、これは文句なしの「一本」。開始僅か24秒、遠藤が見事な投技一発で優勝を決めた。遠藤は5試合全てを一本勝ちという出色の内容での優勝。

eJudo Photo
5年生男子45kg超級入賞者。左から上田、遠藤、高原、佐藤。

【入賞者】

優 勝:遠藤大城(千葉・明心館関本道場)
準優勝:上田夏也人(大阪・ニュージャパン柔道クラブ)
第三位:高原健伸(広島・有朋柔道塾)、佐藤晴輝(大分・安心院柔道クラブ)

【準々決勝】

佐藤晴輝(大分・安心院柔道クラブ)〇優勢[有効・内股透]△横手和輝(福岡・柔誠会)
上田夏也人(大阪・ニュージャパン柔道クラブ)〇横四方固(0:42)△渡邊 琉雅(静岡・正心塾渡辺道場)
高原健伸(広島・有朋柔道塾)〇優勢[有効・払腰]△千葉蒼竜(岩手・時習館)
遠藤大城(千葉・明心館関本道場)〇小外刈(0:17)△前原豪支(北海道・柳柔会高畑道場)

【準決勝】

上田夏也人〇優勢[有効・払腰]△佐藤晴輝
遠藤大城〇上四方固(1:56)△高原健伸

【決勝】

遠藤大城〇内股(0:24)△上田夏也人

■ 6年生男子50kg級・河野翔太が初優勝、決勝は「指導2」失陥も連続攻撃実る
eJudo Photo
6年生50kg級決勝、河野翔太が中村勇哉を攻める

【決勝】

河野翔太(鹿児島・南種子柔道スポーツ少年団)〇優勢[判定]△中村勇哉(山口・福川柔道スポーツ少年団)

両者右組みの相四つ。河野が右大内刈、右一本背負投で先制攻撃。しかし背負投を施した際に両膝を着いたと判断され、河野に「指導1」が宣告される。
中盤は激しい組み手争いが続き両者に「指導」。中村が釣り手で背部を掴んで右大外刈を仕掛けるが、河野が返して中村は腹這いに逃れ「待て」。

残り30秒、中野が仕掛けたクロス組み手の釣込腰を潰した河野は背中についてローリング。巧みに返して肩固で抑え込むが、中村4秒で逃れ「解けた」。

双方決定的なポイントがないまま試合は終了。旗判定は2-1。「指導」2つを受けながらも終始良く攻めた姿勢が評価される形で、河野の勝利が決まった。

eJudo Photo
6年生男子50kg級優勝の河野翔太

【入賞者】

優 勝:河野翔太(鹿児島・南種子柔道スポーツ少年団)
準優勝:中村勇哉(山口・福川柔道スポーツ少年団)
第三位:鴛海和輝(福岡・柔道戸畑道友会)、天野開斗(神奈川・小田原柔道協会)

【準々決勝】

鴛海和輝(福岡・柔道戸畑道友会)〇優勢[指導2]△後坊蒼斗(宮城・仙台大学柔道塾)
河野翔太(鹿児島・南種子柔道スポーツ少年団)〇大内刈(0:07)△都市弦介(広島・有朋柔道塾)
中村勇哉(山口・福川柔道スポーツ少年団)〇優勢[有効・内股透]△中川倖士朗(高知・和田道場)
天野開斗(神奈川・小田原柔道協会)〇崩上四方固(1:01)△内田悠介(熊本・桜木柔道クラブ)

【準決勝】

河野翔太〇優勢[判定]△鴛海和輝
中村勇哉〇肩固(0:40)△天野開斗

【決勝】

河野翔太〇優勢[判定]△中村勇哉

■ 6年生男子50kg超級・昨年2位の甲木碧が悲願の初優勝果たす
eJudo Photo
6年生50kg超級決勝、甲木碧が中澤完太の支釣込足を捕まえて振り返す

eJudo Photo
体を浴びせて「技有」

【決勝】

甲木碧(福岡・大刀洗豪武館)〇合技(1:31)△中澤完太(北海道・北見なかざわ塾)

決勝は昨年と同じ顔合わせによる強豪同士の対決。中澤はここまで4試合を全て一本勝ち、一方の甲木も山場となった準決勝の藤本偉央(山口・中家塾)戦以外の3試合は全て投技による「一本」とともに出色の勝ち上がり。

左相四つ。開始早々、自信満々駆け引きを拒否して両襟で組みついた中澤が早い判断で支釣込足を放ち、甲木は大きく崩れて腹這い。しかし直後の展開、甲木はその両襟の釣り手を内から巻き返して背部を掴んで左内股。中澤は大きくバランスを崩し、しかしなんとか引き手を切って膝から落ちてノーポイント。

直後組み合うなり中澤が引き手で腋を掬いながらの支釣込足を放ち、甲木は腹這い。ここまで双方組み合うとすかさず技に打って出る積極的な攻防。
負けじと甲木は払腰、内股と連続で大技を打ち込み、攻防のまとめとばかりに払腰で大きく崩して「待て」。直後中澤に「指導1」。中澤奮起して引き手で袖を掴み、左払腰に左体落で攻める。

直後、これまで2度の仕掛けに手応えを得た中澤は組みつきながら引き手で脇を掬っての支釣込足。しかし甲木は胸を合わせて迎え撃ちながら釣り手で頭を抱えるように時計回りに捻り返す。甲木が身体を浴びせると中澤仰向けに畳に落ちて「技有」、甲木はそのまま袈裟固に抑え込む。

中澤動けず「一本」。甲木が見事に昨年決勝の雪辱を果たして初優勝を決めた。

eJudo Photo
6年生男子50kg超級優勝の甲木碧

【入賞者】

優 勝:甲木碧(福岡・大刀洗豪武館)
準優勝:中澤完太(北海道・北見なかざわ塾)
第三位:藤本偉央(山口・中家塾)、坂本慶(広島・有朋柔道塾)

【準々決勝】

中澤完太(北海道・北見なかざわ塾)〇小外刈(0:17)△谷駿太(愛知・小牧柔道会味岡道場)
坂本慶(広島・有朋柔道塾)〇反則(2:16)△中嶋一琉(大阪・西成少年柔剣道推進会)
甲木碧(福岡・大刀洗豪武館)〇払腰(2:50)△稲邉大暉(東京都 深川錬磨会)
藤本偉央(山口・中家塾)〇合技(2:29)△中山康(神奈川・古賀塾)

【準決勝】

中澤完太〇袈裟固(1:38)△坂本慶
甲木碧〇優勢[判定]△藤本偉央

【決勝】

甲木碧〇合技(1:31)△中澤完太

※ eJudoメルマガ版8月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.