PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【eJudo’s EYE】世界一の呪縛ようやく解ける、鉄火場で「走り方」見つけた近藤・アスタナ世界柔道選手権48kg級「評」

(2015年8月25日)

※ eJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】世界一の呪縛ようやく解ける、鉄火場で「走り方」見つけた近藤
アスタナ世界柔道選手権48kg級「評」
近藤は厳しい戦いを強いられた。ただでさえ重い2連覇の重圧に加え、初戦でマッチアップしたイリナ・ドルゴワ(ロシア)がとにかく厄介だった。エツィオ・ガンバ監督のもと戦術立案能力に極めて長けた強国ロシアから送り込まれたこの19歳は跳ねるような運動性能に加え、とにかく近藤の柔道を徹底研究して来ていた。

近藤の決め技は右払腰、それも片足を振り上げて、できれば相手に右(自身の左引き手側)に移動を強いながらの一撃がなによりの得意だが、以下の通り、近藤が右払腰に繋ぐための「作り」には全てカウンター技が用意されていた。

・片足を振り上げる出足払の牽制には厳しく燕返を狙う(近藤は二度ポイントが想起されるほどの勢いで転がされた)
・左引き手側へのスライドには送足払を入れる(これも近藤は大きく崩されている)
・相手の右足の重心を一瞬固定するための右「小内払」の牽制は、透かして出足払を狙う
・窮した近藤がケンカ四つ相手に試みるであろう、遠間から先に足を入れて持ち上げる払腰には腹を突き出してパワーの差を生かし、払腰返を狙う

しかもどの技も非常に鋭いタイミングで仕掛けられ、かつその後に当たり前のように間を置かず左体落、左袖釣込腰と大技が続けざまに放たれる。近藤が昨年世界を取った所以はなんといっても唯一絶対の武器である払腰、しかし払腰を試みようと一歩ルートを踏みだすたびに、必ずピンチが訪れる。コーチングボックスに座る上野雅恵コーチの顔面まさに蒼白、近藤がポイントを失わずに済んだこと、勝った(GS延長戦「指導1」)ことがむしろ不思議、近藤の地力と度胸が賞賛されて然るべきという様相の試合であったが、今季国際大会でまだ未勝利であった近藤はこの試合を経て完全に硬くなってしまった。次戦は無名選手のカッリーロ(メキシコ)にこれぞオートマティズムの悪い典型という単調な攻めを繰り返して「指導1」の辛勝、準々決勝ではジョン・ボキョン(韓国)の先手掛け潰れ攻撃に対応できず「指導3」失陥、最後は背負投「有効」まで食う完敗であった。

先に結果を言えば、近藤はこの後敗者復活戦に回って強敵エヴァ・チェルノビスキ(ハンガリー)を横四方固「一本」、さらにナタリア・ブリヒダ(ブラジル)を同じく横四方固「一本」で下して3位に入賞する。その後、IJFオフィシャルのインタビューに現れた近藤の表情にハッとさせられた。予想された仏頂面でも悔しさをかみ殺した涙目でもなく、何かから解放されたかのような、爽やかな笑顔。常に強気で鳴らして来たはずの近藤であるが、発したコメントもこれまでのものとは少々異なり「自分は経験不足」「技術不足」と一歩引いた目で自分を見たものであった。

この笑顔とコメント。2連覇に掛かる重圧、ここで勝たねば五輪はないと自分を追い込み続けたその凄まじいプレッシャーからの解放感がまず第一に考えられるその所以であろう。だが、果たしてそれだけだろうか。近藤の表情からは例えば「終わった」というような安堵感よりは、笑顔が発する本来の記号そのものが、より色濃く発せられていた気がするのだ。

幾度か書いてきたとおり、近藤は他人と違う登攀路で世界の王座に登った選手である。初物の勢いと、欧州にないタイプの「振り上げ払腰」という国際大会に極めて適性の高い技術を持ち込むことで一気に頂点を極めたというその来歴は、狙われる中で引き出しを増やし、地力を上げ、あらゆるタイプの選手を跳ね除けるという「普通のルート」でゴールに到達したわけではない。手練れひしめく旧道の横を並走する、限られた人間だけが走ることを許される一回こっきりの高速道路を新型エンジンで駆け抜けた、近藤の優勝はそんなイメージで捉えられる。到達した高みに見合うよう、国際大会を勝ち抜く戦い方、普通のルートの「走り方」を見つけていかなければいけないはずだった。

グランプリ・デュセルドルフから数えて国際大会5試合連続で攻撃ポイントなし、そして迎えた世界選手権での本戦トーナメントからの脱落。投げの威力がアイデンティティであったはずの自分を見失いかけ、敗れてついに2連覇の重圧から解き放たれた近藤は、敗者復活戦でそれを「見つけた」。相手は近藤のもっとも苦手なパワーファイター、それも力が伝わりやすい右相四つで以前敗れてもいるチェルノビスキという非常に厳しい状況。ここで近藤は寝技に活路を見出した。もともと寝技の強さで鳴る大成高の出、三井住友海上の所属である近藤は丁寧な寝技を展開して見事「一本」を獲得。それは実に国際大会6大会目で獲得した、久々の「攻撃ポイント」であった。これがあったとばかりに近藤は3位決定戦も横四方固で勝ち抜いて3位を確保。インタビューで見せた近藤の意外すぎるほど爽やかな笑顔は、単に重圧から解放されたのみならず、自信を失いかけていた走り方を「見つけた」という手応えであったのではないだろうか。

この先近藤は寝技で戦うべきだ、と言っているわけでは全くない。(むしろ個人的な好みをいえば、近藤にはあの華やかな投げの魅力を追求することを続けてもらいたい)この「見つけた」という経験自体が今回の近藤の収穫だと指摘したいのだ。

世界選手権という晴れの場、2連覇を目指すという「強くあらねばならない」立場の中で迎えた掛からない、攻められない、攻めなければ負ける、しかし攻めれば返されるというこの泥沼の戦い。自分の一番良い技をぶつけることでここまで駆け上がってきた近藤が、この泥沼の中で探して探して自分の中に眠る鉱脈を掘り出した今回の経験は、間違いなく近藤を一段上のレベルに引きあげるものではないだろうか。払腰の次の技として大外刈や内股の取得に揺れていたという近藤だが、先に絵だけを描くのではなく、鉄火場で得た、今どうしても必要なものを「見つける」経験は理屈ぬきに今後の近藤の精進を助けるはずだ。

重圧からの解放、そのことでリアルに見つけた自分。近藤の「自分らしい柔道」というコメントはいままでと変わらぬものだが、そこに込められたものはずいぶん違うものではないだろうか。近藤が次に進むべき「自分らしさ」は何か。再び世界の頂点に立つときに獲得している「自分」とはなんなのか。楽しみにその日を待ちたい。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

※ eJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.