PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

敬愛が王座奪還、圧巻の攻撃力で埼玉栄と大成を捻じ伏せる・金鷲旗高校柔道大会女子

(2015年7月23日)

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。
敬愛が王座奪還、圧巻の攻撃力で埼玉栄と大成を捻じ伏せる
金鷲旗高校柔道大会女子
eJudo Photo
準決勝、大将対決で敬愛高・児玉ひかるが埼玉栄・冨田若春から大内刈「技有」

eJudo Photo
決勝、敬愛高の大将児玉ひかるが大成高の副将・粂田晴乃から払巻込「技有」

5人制抜き試合で高校柔道日本一を競う平成27年度金鷲旗高校柔道大会は23日、女子の決勝までの競技が行われ、敬愛高(福岡)が2年ぶり4度目の優勝を飾った。

中堅に新森涼、副将に梅津志悠、大将に児玉ひかると強力3枚を並べて据えた敬愛は、準々決勝から続いた「殴り合い」というべき様相の強豪との乱戦を、いずれもこの後衛の高い攻撃力を生かして勝利。準々決勝の昨年インターハイ王者東大阪大敬愛高(大阪)戦は4勝4敗で迎えた大将同士の対決で児玉ひかるが斉藤芽生から内股「一本」で勝利して勝ち抜け。昨年王者の埼玉栄高(埼玉)との準決勝は新森の3人抜きで流れを作ると、迎えたエース同士の大将対決で児玉ひかるが冨田若春から大内刈と袈裟固の合技「一本」で見事な勝利。

決勝は大成高(愛知)と対戦。1人差ビハインドで登場した大将児玉がまず粂田晴乃を払巻込と袈裟固の合技「一本」で破り、大将対決では鈴木伊織から大内刈「有効」、内股「有効」と連取して勝利。歓喜の優勝を決めた。チーム全体に染みたあくまで投げるという攻めの姿勢と選手の地力の高さはもちろんのこと、取り味抜群の新森に中盤で抜き役を担わせることで後半勝負の状況を作らせ、さらに梅津に相手を削らせ、昨年スタミナに難を見せたが瞬間的な爆発力抜群の児玉の一撃で相手のエースを屠り去るという用兵上の大戦略が嵌り、選手の力を余すところなく引き出した素晴らしい勝利だった。

吉元幸洋監督は「久々に涙が出ました。前に優勝した時のような爆発的な力はないが良く戦った。昨年決勝で負けて悔しい思いをした、その経験が生きたと思う」と笑顔でコメント。「次も全力でやる。良い結果を残したいです」と、大駒3枚をそのままオーダーに入れて臨むこととなるインターハイ(8月8日~12日)に向けて腕を撫していた。

大成は準決勝まで合計26勝1敗4分け、先鋒松井絵名が22人を抜く活躍を見せ、中堅鍋倉の登場が僅か1試合のみという圧勝続きで決勝に勝ち進んだが、惜しくもあと一歩のところで涙を呑んだ。

入賞者と準々決勝のスコア、準決勝以降の詳細は下記。

eJudo Photo
2年ぶりの優勝を果たした敬愛高

【入賞者】
優 勝:敬愛高(福岡)
準優勝:大成高(愛知)
第三位:埼玉栄高(埼玉)、桐蔭学園高(神奈川)
ベスト8:淑徳高(東京)、東大阪大敬愛高(大阪)、鹿児島南高(鹿児島)、東北高(宮城)

優秀選手:
児玉ひかる、新森涼(敬愛高)、松井絵名、中江美裕(大成高)
冨田若春(埼玉栄高)、嶺井美穂(桐蔭学園高)
西願寺里保(淑徳高)、斉藤芽生(東大阪大敬愛高)、宮崎繭(鹿児島南高)、浅野蘭(東北高)

【準々決勝】

埼玉栄高〇大将同士△淑徳高
敬愛高〇大将同士△東大阪大敬愛高
大成高〇不戦三人△鹿児島南高
桐蔭学園高〇大将同士△東北高


【準決勝】

敬愛高〇大将同士△埼玉栄高
(先)小柳穂乃果△優勢[有効・送足払]〇泉雅子(先)
(次)内野やや〇後袈裟固(2:52)△泉雅子(先)
(次)内野やや△優勢[指導3]〇渡辺千尋(次)
(中)新森涼〇大外刈(0:21)△渡辺千尋(次)
(中)新森涼〇支釣込足(1:16)△工藤七海(中)
(中)新森涼〇小外掛(0:46)△石塚早稀(副)
(中)新森涼△大内刈(1:44)〇冨田若春(大)
(副)梅津志悠△合技[小外刈・上四方固](2:50)〇冨田若春(大)
(大)児玉ひかる〇合技[大内刈・袈裟固](1:31)△冨田若春(大)

大成高〇不戦三人△桐蔭学園高
(先)松井絵名〇大外刈(1]55)△馬場雅子(先)
(先)松井絵名〇払巻込(0:18)△川村(次)
(先)松井絵名〇合技[大外巻込・横四方固](1:53)△仲田奈央(中)
(先)松井絵名×引分×若藤唯(副)
(次)中江美裕〇大内刈(3:02)△嶺井美穂(大)
(中)鍋倉那美
(副)粂田晴乃
(大)鈴木伊織

【決勝】

敬愛高〇大将同士△大成高
(先)小柳穂乃果〇優勢[指導2]△松井絵名(先)
(先)小柳穂乃果△合技[大内刈・袈裟固](1:15)〇中江美裕(次)
(次)内野やや△横四方固(1:14))〇中江美裕(次)
(中)新森涼〇反則[指導4](2:29)△中江美裕(次)
(中)新森涼×引分×鍋倉那美(中)
(副)梅津志悠△優勢[指導2]〇粂田晴乃(副)
(大)児玉ひかる〇合技[払巻込・袈裟固]△粂田晴乃(副)
(大)児玉ひかる〇優勢[有効・大内刈]△鈴木伊織(大)

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.