PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

戦力厚い地元敬愛と春の王者埼玉栄が優勝争いの軸、黄金世代最後の夏に挑む大成を加えたマッチレース・金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2015年7月21日)

※ eJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。
戦力厚い地元敬愛と春の王者埼玉栄が優勝争いの軸、黄金世代最後の夏に挑む大成を加えたマッチレース
金鷲旗高校柔道大会女子展望
■ 有力校

昨季から今季、ここまでの高校柔道の戦歴を簡単におさらいしてみると。
昨年は高校選手権と金鷲旗を、大型選手2枚を軸にチームが良くまとまった埼玉栄高(埼玉)が連勝。しかしインターハイは選手のタイプの多様性に富んで戦力バランスで他を凌いだ東大阪大敬愛高(大阪)が奪い、中学タイトルを総ナメにした「黄金世代」の2年生を擁する大成高(愛知)は3大会いずれも上位進出も頂点には手が届かず、大型選手の枚数を揃えた敬愛高(福岡)は前年のインターハイでの意外過ぎる負けを引きずった印象でタイトル無しに終わった。「高校3冠」と並び称されながら、体重別点取り3人制の高校選手権、5人制抜き試合の金鷲旗、無差別点取り3人制のインターハイとそれぞれが全く違う大会である高校女子柔道の特性とチームカラーの相性がハッキリ現れた一年であったと言える。

そして今年3月の高校選手権は抜群のチームワークを見せつけた埼玉栄が連覇している。超級の大駒冨田若春のコンディション不良という大ピンチをものともせずに優勝したことで埼玉栄の評価は再び高まった。世代最強の駒との呼び声高い冨田の保有を考えると埼玉栄を推す声が高い現状は妥当と思われるが、レギュレーションに即した「大型選手の枚数」と組み合わせの利を考えると、優勝候補にはまず地元福岡の敬愛高を挙げておくべきかと思われる。これを埼玉栄と大成が追い掛け、そして計算できる駒を揃えた淑徳高(東京)が上位に絡むというのが大枠の様相と見て良いのではないだろうか。

敬愛は中堅から新森涼、梅津志悠、児玉ひかると並べた後3枚が非常に強力。次鋒にも体重110kgの三苫桃子がおり、終盤戦の抜き役としては小柳穂乃果を補欠登録して温存。選手個々の最高到達点では他校のエースに譲るところはあるが、消耗戦の様相となる金鷲旗においてこのサイズと強化選手クラスをズラリ並べた戦力の厚みはやはり優位。

埼玉栄は大駒・冨田若春を大将に置いて布陣。中堅に入った63kg級の工藤七海、次鋒の富沢佳奈、補欠登録で勝負どころでの投入が予測される泉雅子ら前衛戦力の踏ん張りが勝利へのカギ。冨田が後半までにこなす試合数が少なければ少ないほど、上位対戦で周囲に与える脅威は増す。

大成はエースの鍋倉那美を中堅に配置。副将に貴重な超級戦力の粂田晴乃、大将には高校選手権無差別で2位入賞の鈴木伊織を置いて前年度とは少々発想の異なる布陣。スターティング登録には78kg級の2年生松井絵名と70kg級全中王者の1年生和田梨乃子が入り、昨年待望されたチーム内での戦力の突き上げが見られる。本格派に対して我慢が利く鈴木の適性を考えると、前で抜いて鈴木に我慢させるシナリオ以外に上位対戦を勝ち抜く術はない。補欠登録で後半に取り置いた武田亮子と中江美裕も含め、このチームも前衛の頑張りがポイント。

淑徳は大将に浜未悠を置き、中堅の井上智賀、補欠登録の西願寺里保ら計算できる戦力が揃って上位進出は確実。上位対戦でどこまで出来るかは、最後衛に控える浜の仕上がりに掛かる。

■ 組み合わせ
【Aパート-Bパート】

埼玉栄と新田高(愛媛)がAパート決勝を争い、Bパートからは淑徳の勝ち上がりがほぼ確実。
埼玉栄と淑徳の準々決勝は相当な消耗戦が見込まれ、様相が予想しがたい。前衛戦の骨の太さでは淑徳、エース対決では埼玉栄に分がある。淑徳の選手は強さ十分だが、意外性のあるタイプは大将の浜のみ。これを考えると戦力配置を心得た埼玉栄の選手が前半粘り、エース対決で冨田が勝利して埼玉栄が勝ち上がるというシナリオが事前予想としては穏当。淑徳は浜を残して勝利せんというくらいの覚悟で臨み、複数枚以上を対冨田戦に取り置くシナリオに勝機を見出したい。

【Cパート-Dパート】

Cパートのシード校は東大阪大敬愛高(大阪)。富士学苑高(山梨)との3回戦が1つの山だが、パート勝ち抜けは見込んでおいて良い。

Dパートは地元敬愛の山。パート決勝の相手は長崎明誠(長崎)と修徳高(東京)だが、戦力の厚みからして敬愛の勝ち上がりはほぼ確実。東大阪大敬愛との準々決勝も、敬愛の分厚い戦力が勝るはずだ。

【Eパート-Fパート】

Eパートのシード校は大成、Fパートは鹿児島南高(鹿児島)。
大成は4回戦で常翔学園高(大阪)、5回戦では創志学園高(岡山)と帝京高(東京)の勝者と激突するというなかなかに厳しい山。帝京には高校選手権無差別の覇者荒谷莉佳子がおり、大成は昨年来の課題である対大型選手攻略の手立てをまずここで試されることになる。

Fパートは混戦ブロックで、勝ち上がりの行方は混沌。夙川学高(兵庫)、東海大翔洋高(静岡)らにもチャンスあり。

準々決勝進出は大成と見る。

【Gパート-Hパート】

Gパートのシード校桐蔭学園高は、順当に6回戦まで勝ち上がる可能性が濃厚。
Hパートのシード校紀央館高は初戦で渋谷教育学園渋谷高(東京)、3回戦で沖学園高(福岡)、5回戦で土浦日大高(茨城)と山場が連続する。

6回戦で予想される桐蔭学園-紀央館高は1トップの嶺井を擁する桐蔭学園に対して総合力の高い紀央館とチーム構成は対照の妙。とはいえ桐蔭学園は桜井眞子と馬場彩子の3年生が骨の太さを増し、1年生に若藤唯に朝飛七海らを加えて戦力構成の厚みはこれまでの比ではない。桐蔭学園の勝ち上がりを推して良いのではないだろうか。

【準決勝-決勝】

準決勝で予想されるカードは下記。

埼玉栄 - 敬愛
大成 - 桐蔭学園

埼玉栄-敬愛は激戦必至。埼玉栄の勝利あるとすれば敬愛の枚数を出来得る限り減殺して冨田に繋ぐというシナリオの完遂、一方の敬愛は前から圧倒し続けてなるべく対冨田戦に手当て出来る枚数を増やすことで最終的な勝利を得たい。埼玉栄は伝統的にこのような「耐える中で勝機を探す」ミッションを得手としており、戦術戦略の徹底ぶりは容易に想像が可能。少なくとも「頑張れる」ための土壌は十分形成されていると見る。一方の敬愛はミッション達成への戦力保有は十分と見るが、この埼玉栄の意図を乗り越えて抜きまくるだけの覚悟を練り、順行運転を超える戦いぶりを発揮できるかどうかがカギになる。一昨年来戦力十分だが、状況を把握した「もうひと頑張り」の不足で敗退を喫することの多い敬愛の前衛中盤が埼玉栄に付き合わず、一種相手と噛み合わないくらいの強さを発揮することが出来るかどうか、これが勝敗のカギを握ることになるのではないだろうか。総合戦力に分がある敬愛の勝利を推すのが事前予測としては妥当と思われるが、前衛の踏ん張りと大将冨田の最高到達点の高さを買って埼玉栄の勝利との予測も十分現実味のあるものかと思われる。

大成-桐蔭学園は、大成がジワジワと桐蔭学園の戦力を減殺し、嶺井美穂登場の段までに十分の差をつけることが可能ではないかと見る。ここは大成を買っておきたい。

決勝は埼玉栄か敬愛と、大成の対戦となる可能性が高い。大成にとっては大型のワントップに複数枚を手当てして勝利を得る、あるいは大型選手の複数枚を耐えきるもしくは「抜く」という、いずれもここ2年間一貫して課題とされてきたミッションを達成せねば勝利は覚束ない。事前予測の段階では3校の小差の競り合いとしておくしかないが、どのチームにとっても為すべきシナリオがハッキリした、非常にみどころのある相性の対戦だ。熱戦に期待したい。

※ eJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.