PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「繋ぐ柔道、心を動かす勝負が出来るかどうかがカギ」金鷲旗高校柔道大会女子有力校監督インタビュー①埼玉栄高・本松好正監

(2015年7月20日)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。
「繋ぐ柔道、心を動かす勝負が出来るかどうかがカギ」
金鷲旗高校柔道大会女子有力校監督インタビュー①埼玉栄高・本松好正監督
eJudo Photo
埼玉栄高・本松好正監督

―冨田選手、高校選手権ではコンディションがいまひとつに見えましたが、以後の皇后盃などでは素晴らしい試合を見せています。

選手権の時点であのくらいの力はありました。コンディションも悪くなかったんですよ?ただ、インフルエンザで。陰性と判定されたんですが、冨田と2人、陰性の選手が大会の翌日から40度の熱を出してましたから、ホントは陽性だったと思います(笑)。まあ、力はあるし今回はコンディションも普通なので、やってくれるでしょう。ただ試合時間が短いので、攻めの遅い癖については気を付けないといけないですね。

―埼玉栄と言えばまとまりの良さで一段も二段も力を上げるチームです。現状のチームワークはどうですか?

ですから今からみんなで「スタミナ太郎」に行きますよ。一緒にご飯食べて、移動して、合同稽古をして、それから福岡入りです。途中でスーパー銭湯にも行きますし、そこでみんなが一つになれるような仕上げをやりますよ(笑)。金鷲旗のメンバーだけでなくインターハイに出る3人も小さいので、より、例年以上にまとまりが必要です。一生懸命やっているチームがまとまると、予想出来ないような力が出ますから。この先のこともありますし、まず今回の金鷲旗でそれをしっかり見せたいですね。

―前衛の選手が周囲の心を動かすような試合が出来るかどうかが大事、ということですが、カギになりそうな選手は誰ですか?

もちろん全員に頑張ってもらわないといけないです。ただ、1年生の富沢佳奈は直後に世界カデもあって減量もしなくてはいけないし、敢えて言えば集大成の最後の夏を迎える3年生が頑張ってくれるのではないですかね。3年生の泉雅子、あとはこれも3年生で、ポカをして個人戦の代表を逃して悔しい思いをしている渡辺千尋と、頑張れるバックグランドがある選手、頑張ることで回りの心を動かせる選手がやってくれるのではないかと思います。

―最後に一言、意気込みをお願いします。

3年生にとって最後の夏、まとめの夏。一試合一試合一生懸命やるだけです。それで一生懸命やって、終わったときにご褒美があるかどうかということですね。頑張ります。

※インタビューは7月19日に行われました

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.