PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]70kg級の田知本遥が抜群の出来で優勝・グランドスラムチュメン最終日女子

(2015年7月20日)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]70kg級の田知本遥が抜群の出来で優勝
グランドスラムチュメン最終日女子
ロシア・チュメンで行われているグランドスラム・チュメン大会は19日、最終日の男子4階級と女子3階級の競技が行われ、女子日本勢は70kg級の田知本遥(ALSOK)が優勝した。78kg超級の稲森奈見(三井住友海上)と78kg級の佐藤瑠香(コマツ)は2位、78kg級の濵田尚里(自衛隊体育学校)は3位だった。70kg級のヌンイラ華蓮(了徳寺学園職)は7位に終わった。

田知本は勝負どころの準々決勝でケリタ・ズパンシック(カナダ)を大外刈と袈裟固の合技「一本」に沈めると、準決勝でスザンドラ・ディードリッヒ(ドイツ)、決勝でリンダ・ボルダー(イスラエル)と今季好調の2人にもともに「一本」で快勝。キャリア最高と呼べる出来で優勝を決めた。

佐藤は3回戦でマイリンダ・フェルケルク(オランダ)を破って決勝まで進んだが、フッシェ・ステインハウス(オランダ)を相手に終盤の詰めを誤って残り41秒から29秒までに立て続けの「指導」失陥、結果「指導2」の優勢で敗れた。稲森は決勝でアジア大会で激戦を繰り広げた大型選手マー・スースー(中国)と対戦、「指導1」ビハインドを取り返さんと勝負に出た最終盤に大外返「有効」を食って敗れた。

濵田尚里は得意の腕緘で連勝を続けて素晴らしい出来だったが、準決勝は不可解な「指導」裁定により惜敗。しかし3位決定戦ではフェルェルクの腕挫十字固を凌ぐとそのまま腕緘に極めながらの横四方固「一本」で勝利、表彰台を確保した。ヌンイラ華蓮は準々決勝でボルダー、敗者復活戦でベルナデッテ・グラフ(オーストリア)と続いた強豪との連戦にいずれも敗れた。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 70kg級
【入賞者】 エントリー20名
1.TACHIMOTO, Haruka(JPN)
2.BOLDER, Linda(ISR)
3.DIEDRICH, Szaundra(GER)
3.ZUPANCIC, Kelita(CAN)
5.GRAF, Bernadette(AUT)
5.KIM, Seongyeon(KOR)
7.KRIUKOVA, Iana(RUS)
7.NUN IRA, Karen(JPN)

【日本代表選手勝ち上がり】

田知本遥(ALSOK)
成績:優勝

[1回戦]
田知本遥〇合技[大外刈・袈裟固](3:15)△ジュリアン・ロブラ(スイス)
[2回戦]
田知本遥〇優勢[有効・大外刈]△バーバラ・マティッツ(クロアチア)
[準々決勝]
田知本遥〇合技[大外刈・袈裟固](1:35)△ケリタ・ズパンシック(カナダ)
[準決勝]
田知本遥〇足車(3:46)△スザンドラ・ディードリッヒ(ドイツ)
[決勝]
田知本遥〇内股(2:25)△リンダ・ボルダー(イスラエル)

ヌンイラ華蓮(了徳寺学園職)
成績:7位

[2回戦]
ヌンイラ華蓮〇優勢[技有・大外返]△グノーザ・マテニワゾワ(ウズベキスタン)
[準々決勝]
ヌンイラ華蓮△崩上四方固(3:35)〇リンダ・ボルダー(イスラエル)
[敗者復活戦]
ヌンイラ華蓮△優勢[指導2]〇ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)

■ 78kg級
【入賞者】 エントリー18名
1.STEENHUIS, Guusje(NED)
2.SATO, Ruika(JPN)
3.HAMADA, Shori(JPN)
3.MALZAHN, Luise(GER)
5.POWELL, Natalie(GBR)
5.VERKERK, Marhinde(NED)
7.GALEONE, Assunta(ITA)
7.PUREVJARGAL, Lkhamdegd(MGL)

【日本代表選手勝ち上がり】

佐藤瑠香(コマツ)
成績:2位

[2回戦]
佐藤瑠香〇合技[大内刈・袈裟固](:)△アントニーナ・シュメレオワ(ロシア)
[準々決勝]
佐藤瑠香〇優勢[指導2]△マリンダ・フェルケルク(オランダ)
[準決勝]
佐藤瑠香〇優勢[指導2]△ナタリー・ポウエル(イギリス)
[決勝]
佐藤瑠香△優勢[指導2]〇フッシェ・ステインハウス(オランダ)

濵田尚里(自衛隊体育学校)
成績:3位

[1回戦]
濵田尚里〇腕緘(1:41)△アレナ・カチロフスカヤ(ロシア)
[2回戦]
濵田尚里〇横四方固(3:02)△ヤシマ・ラミレス(ポルトガル)
[準々決勝]
濵田尚里〇腕緘(1:36)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)
[準決勝]
濵田尚里△優勢[指導2]〇フッシェ・ステインハウス(オランダ)
[3位決定戦]
濵田尚里〇横四方固(3:24)△マリンダ・フェルケルク(オランダ)

■ 78kg超級
【入賞者】 エントリー20名
1.MA, Sisi(CHN)
2.INAMORI, Nami(JPN)
3.KUELBS, Jasmin(GER)
3.YU, Song(CHN)
5.CHEIKH ROUHOU, Nihel(TUN)
5.KONITZ, Franziska(GER)
7.NUNES, Rochele(BRA)
7.SLUTSKAYA, Maryna(BLR)

【日本代表選手勝ち上がり】

稲森奈見(三井住友海上)
成績:2位

[1回戦]
稲森奈見〇優勢[指導2]△キム・ジヨウン(韓国)
[準々決勝]
稲森奈見〇横四方固(1:57)△ニヘル・シェイキロウホウ(チュニジア)
[準決勝]
稲森奈見〇横四方固(3:24)△フランジスカ・コニッツ(ドイツ)
[決勝]
佐藤瑠香△優勢[有効・大外返]〇マー・スースー(中国)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.