PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「力を出し切るだけではなく、その上にミラクルを起こす」金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー③日体荏原高・小久保純史監督

(2015年7月17日)

※ eJudoメルマガ版7月17日掲載記事より転載・編集しています。
「力を出し切るだけではなく、その上にミラクルを起こす」
金鷲旗高校柔道大会男子有力校監督インタビュー③日体荏原高・小久保純史監督
eJudo Photo
日体荏原高・小久保純史監督

―いよいよ本番直前。チーム状態はいかがですか?

ケガもなく順調に来ています。このまま行けばチームとしては良い状態、しっかり力を出せる状態で金鷲旗とインターハイに臨めるのではと思っています。

―上り調子の選手がいればぜひ紹介してください。

3年生が非常に頑張っているのですが、中でも松井海斗が非常に良くなっています。本来持っている力からすれば、こう言ってはなんですがずっと大した活躍が出来ていないので、非常に危機感を持って稽古をしていますね。3年生はインターハイ予選の個人戦でも勝てませんでしたし、「ここでやるしかない」というその意気込みは本当に凄い。彼ら3年生の危機感が結果的に全体の稽古をグイグイ引っ張っているという感じですね。

―インターハイ東京都予選では国士舘にかなり差をつけられてしまいました。

シーズンがスタートした新人戦の段階ではスコアも1-2くらいで競っていたのですが、その後大きく離されてしまいました。インターハイ予選では思い切って先鋒に松井を使ったのですが、当たりも嵌まって歯車が狂ってしまった。なにしろ4点取られてしまいましたので。ここまで負けると、挑戦者として、少しの可能性でもミラクルを起こすというような考え方と準備をするしかありません。

―高校選手権の前は「取るべきところをしっかり取り切る」ことをチームの課題に挙げていました。今回はアプローチがその時とは異なりますね?

はい。以前は選手に「普通に戦って、100%の力を出せば勝てるよ」と話して臨んでいましたが、今回は「勝つには誰かがミラクルを起こさないといけないよ」と言っています。ポカをしない、ミスをしないというような戦い方だけではダメ。自分の力をしっかり出したというだけでもダメ。それ以上のことをやらなければいけないんだ、今のままじゃ足りないんだという気持ちを与えて稽古に臨んでいます。予選が終わったときに、私も選手もこのままだと太刀打ちできないということは良くわかりましたので、今のままの100%ではなく、1か月でどこまで伸びるか、どう伸びるか、とにかく現状の100%以上のものを出せるような、そういう稽古をしようとしてきました。

―ミスなく、100%を出し切る戦いの上に「ミラクル」を起こす。その手応えや予感は、稽古の中から感じられますか?

2年生の長井晃志が90kg級の東京都代表になり、チームが変わってきました。同じく2年生の藤原崇太郎は今回も81kg級の代表ですし、本来インターハイに行かなければならない3年生の松井に東部雄大、長井達也の奮起が凄まじい。団体戦でも2年生に頼る場面が多かったですし、このままでは終われないとこれまでとは全く違う猛稽古をしています。力はあるのにメンタル面に不安があった松井が、長井や藤原の活躍を受けてその弱点を克服しつつあると感じます。抜き勝負で十分力を発揮できるだけの厳しい稽古をしていますし、3年生3人のこの気持ちは本番での爆発力に繋がると思いますね。

―となると、キーマンは松井選手?

松井がどれだけやってくれるかは勿論大きいですが、彼を含めた3年生3人の活躍ということになるでしょうね。藤原と長井晃志の2年生2人はインターハイ予選以降かなりの自信を掴み、安定した戦いが見込めます。なかなか負けるということはないのではないかと。金鷲旗は藤原が後を務めるので、真ん中を務める3年生の活躍がキーになってくるでしょう。松井も伸びていますが、いま、東部が非常に一生懸命やっている。本来なら90kg級で個人戦の代表になるべき東部が後輩にその座を浚われて、今の稽古は相当なものです。「やってくれる」感、凄くありますよ。

―最後に一言、夏に掛ける思いをお願いします

春は私が優勝、優勝と意識させたところがあったのですが、とにかくここまでやってきたことをしっかり出してもらいたいという思いです。互いのチーム事情もわかってきているし、国士舘以外にも強豪強敵はたくさんいます。一戦一戦を全力で戦う、これあるのみです。

―ありがとうございました。

※ eJudoメルマガ版7月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.