PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

原沢久喜が全日本選手権優勝祝賀会に出席、喜びと使命感語る

(2015年7月11日)

※ eJudoメルマガ版7月11日掲載記事より転載・編集しています。
原沢久喜が全日本選手権優勝祝賀会に出席、喜びと使命感語る
eJudo Photo
檀上で謝辞を述べる原沢

11日、今年全日本柔道選手権を初めて制した原沢久喜選手(日本中央競馬会)の、出身校である日本大学柔道部主催による優勝祝賀会が都内のホテルで開催され、山下泰裕全日本柔道連盟副会長、上村春樹講道館館長、福田富昭日本レスリング協会会長らのほか日本大OBを中心に233名が出席してその快挙を祝った。

「これだけの人が集ってくれて、全日本選手権というのはあらためて凄いと感じた。」「全日本を獲ったからには柔道家の代表という意識を持って、競技はもちろん日常生活もしっかりやらなければという思いが強い。全日本王者として人間としても成長しなければ」と報道陣の取材に応じて語った原沢は同時に「いつまでも喜んでいられるわけではないので、前を向かないといけない。総合大会であるユニバーシアードにも優勝して、五輪への気持ちも高まって来ました」とコメント。来年に迫ったリオ五輪挑戦に向けて気持ちを新たにしていた。

5日のユニバーシアードを圧勝で制した原沢は、来週(17日~19日)ロシアで行われるグランドスラム・チュメニ大会への派遣が決まっている。

※ eJudoメルマガ版7月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.