PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第30回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細②2回戦

(2015年7月9日)

※ eJudoメルマガ版7月9日掲載記事より転載・編集しています。
■ 2回戦
eJudo Photo
武居沙知が大石美沙希から腕緘「一本」

武居沙知(国際武道大1年)〇腕緘(4:12)△大石美沙希(埼玉大4年)

左相四つ。22秒大石に「指導1」。大石が左小内刈に右一本背負投で山場を作った3分8秒武居に「指導1」。残り2分を切ったところで大石が両袖の左袖釣込腰に潰れると、武居は片腕を両手で抱えた引込返、さらに粘る大石の肘を極めて腕緘「一本」。しぶとい大石に対し、ワンチャンスを確実に生かして獲り切った大学一年生の武居、見事な一本勝ちであった。

eJudo Photo
山部佳苗が烏帽子美久から右足車「技有」

山部佳苗(ミキハウス)〇合技[足車・後袈裟固](2:11)△烏帽子美久(JR東日本)

山部右、烏帽子左組みのケンカ四つ。
山部前に出て釣り手、次いで引き手を確保。探りを入れる内股にも体のキレの良さは明らか。
1分13秒烏帽子に「取り組まない」咎による「指導」。
山部は引き手を確保すると前進、コーナーに詰められた烏帽子が場内へ回り込もうとすると刹那その動きに合わせて右足車。この技は見事に決まって「技有」、そのまま崩袈裟固に抑え込んで勝負あり。
負傷が伝えられた山部だが、動きは切れ、たたずまいにもオーラ漂い好調の模様。烏帽子、この試合は良いところないまま敗戦。

eJudo Photo
井上愛美が右払巻込から崩袈裟固、志賀成美を力でねじ伏せる

井上愛美(九州旅客鉄道)〇崩袈裟固(0:51)△志賀成美(仙台大3年)

井上が右、志賀が左組みのケンカ四つ。井上前に出ると志賀は場外際に詰まり、左大内刈を放って潰れてなんとか最初のシークエンスをやり過ごす。しかし続く展開、井上が作用足を振り上げて右払巻込。技は不十分だったが体格と勢いに負けて志賀バランスを崩し、井上はそのまま押し込んで崩袈裟固。志賀は落ち際の攻防で肩を負傷した模様で、全く動けず「一本」。地力の差が出た一番。

eJudo Photo
橋口ななみが自身の内股を利用して組み手を切り離す

eJudo Photo
安松春香が強気に攻める

安松春香(ALSOK)〇優勢[僅差]△橋口ななみ(大阪府警)

身長164cm、体重70kgの安松が左、169cm、100kgの橋口が右組みのケンカ四つ。
橋口が体格で大きく勝る顔合わせだが、安松が前に出ると橋口は下がり、開始早々の40秒には自ら引き手を切り離して巻き込みに潰れるなど意外なほどの弱気を見せる。
安松は橋口の組み手の過剰な慎重さに付け込み、出足払で前進継続。1分34秒に双方引き手を持ちあうと、安松の出足払に対し橋口は自らの内股を引き手を切り離すために利用して状況をリセット。この体格差にそぐわぬ消極的行動を受け、主審は橋口に片手の咎で「指導1」を与える。橋口、以後も2分20秒に副審が「取り組まない」反則をアピールするに至るなど消極的行動を続け、片手の内股で状況を流した2分56秒には橋口に2つ目の「指導」。そのままポイントが動くことはなく、「指導2」により安松の勝利が決定。

橋口は組み手に臆病過ぎ、中盤には良い形を作ることが出来たにも関わらずスクランブルを掛けず。皇后盃という晴れの舞台に掛ける覚悟の見えにくい試合だった。北京-ロンドン期に「飛び級」で全日本強化選手にピックアップされた経歴を持つ大型選手橋口、今回もその所以を見せることが出来ず初戦敗退に終わった。

eJudo Photo
山本沙羅が山本恭奈を大内刈「一本」に仕留める

山本沙羅(大阪体育大3年)〇大内刈(4:27)△山本恭奈(オフィスコーポレーション)

山本沙羅は身長179cm、体重100kg、山本恭奈は165cm、105kgという大型選手対決。山本沙羅が右、山本恭奈が左組みのケンカ四つ。25秒山本恭奈に消極の「指導」。以後も山本沙羅が組み勝つ場面が多く大枠の主導権を握るが、1分48秒に自ら場外に出てしまうミスを犯し「指導1」失陥、スコアはタイに戻る。
序盤慌てた山本恭奈だが中盤以降は持ち直し、以後はなかなか差が付きにくい展開。しかし4分27秒、山本沙羅が抱き着きながらの左大内刈で「一本」。少々粗い試合であったがその分地力の差も出やすく、その中で「一本」取りに行った大学生山本沙羅の覚悟は見事であった。

eJudo Photo
ポイント連取の岡村智美、最後は古屋梓を小外刈「一本」

岡村智美(コマツ)〇小外刈(5:24)△古屋梓(筑波大4年)

左相四つ。序盤古屋良く粘るが54秒に引き手で襟を持って仕掛けた左大内刈を岡村が思い切り返して「有効」獲得。良くぞ「有効」で止まったというこの強烈な一撃の後も岡村の攻めは止まず、1分44秒に大外刈「有効」、4分11秒には大外返「技有」と連取。次々投げ飛ばすが決め切れないというこの長い時間を経て、残り36秒で古屋の左大内刈に岡村が小外刈を合わせついに「一本」。地力の差明らかながら古屋が良く粘り、岡村がややもたついたという様相の一番だった。

eJudo Photo
泉真生が只野真梨枝から小外刈「有効」

泉真生(山梨学院大1年)〇優勢[有効・小外刈]△只野真梨枝(九州旅客鉄道)

昨年のインターハイ78kg級王者の大学1年生泉が右、只野が左組みのケンカ四つ。
54秒双方に「極端な防御姿勢」の「指導」。さらに只野の釣り手が作り出す力の壁を突破出来ず窮屈な柔道を強いられた泉に対し、2分14秒積極的戦意の欠如との判断で2つ目の「指導」が与えられる。泉が引き手で襟、釣り手で背中を握ると嫌った只野が左の巻き込みに潰れ、3分17秒偽装攻撃の咎で今度は只野に2つ目の「指導」。
この「指導」奪回をきっかけにペースを掴んだ泉、続くシークエンスでは前技のアクションを起こして只野を誘い、振り向きざまに体を捨てての右小外刈に打って出て「有効」を獲得。
その後、4分22秒只野に場外の「指導3」、残り10秒で泉に「指導3」が与えられてタイムアップ。泉の「有効」優勢による勝利が決まった。

泉は苦しい試合を強いられたが中盤からペースを掴み直し、見事な逆転劇。只野は主導権を握っていた序盤にポイントで差をつけられなかったことが最後まで響いた。

eJudo Photo
鍋倉那美が得意の右内股を見せるが朝比奈沙羅は揺るがず

朝比奈沙羅(東海大1年)〇優勢[判定2-1]△鍋倉那美(大成高3年)

ジュニア世代を代表するスター選手同士の一番。ともに右組みの相四つ、体格差に勝る朝比奈が圧殺狙いではなく丁寧な組み手と投げを志向したことで逆に試合は縺れ、52秒鍋倉に「指導」、鍋倉が大内刈と片袖を両手で持っての内股で攻め込んだ2分49秒には朝比奈に「指導」。
鍋倉は左袖釣込腰、朝比奈は相手を引き起こしての右払腰で攻める。朝比奈が思い切って放った右払腰の戻り際に、鍋倉も思い切った右内股を重ねて観客の拍手を浴びた直後の4分48秒、朝比奈にのみ2つ目の「指導」。以後朝比奈は支釣込足に右内股と攻め込むがタイムアップ。朝比奈に「2」、鍋倉に「1」、指導差が1つに留まったため勝敗の行方は旗判定に縺れ込み、結果判定2-1で朝比奈の勝利が決まった。

小型選手が体格差に怖じぬ大技で攻め込み、一方の重量級選手も圧力に頼らずこれを技で迎え撃つという構図の好試合であったが、双方ともに課題が残った試合でもあった。素晴らしい攻めを見せた鍋倉だが高校カテゴリの団体戦での悩みそのままに大型選手を投げる決定的な技種に欠け、朝比奈の側も未だ調子戻り切らず「投げ切る」力に欠けた。また、選抜体重別レポートで書かせて頂いた観客席からの朝比奈に対する内容薄き「声」は今回も健在。皇后盃という場に似つかわしくないその怒号が響くたび、試合の流れは相手の側に傾くという印象だった。

eJudo Photo
下田美沙季が菅原歩巴を攻める

下田美沙季(自衛隊体育学校)〇優勢[旗判定3-0]△菅原歩巴(盛岡農高教)

下田が右、菅原が左組みのケンカ四つ。下田は右内股に右大外刈、右大内刈で攻め、菅原も同じく左内股、左大内刈に大外刈、小外刈に時折見せる横落で対抗。4分3秒に菅原に消極的との咎で「指導」が与えられ、そのままポイントの積み上げなくタイムアップ。

小差の試合であったが旗判定は審判3人が全員下田を支持、3-0で下田の勝利が決まった。菅原の側も1分31秒の飛び込み内股、残り50秒での組みつきながらの内股など良い技があったが、序盤から中盤に掛けて下田が作った大枠の優位と、山場の数の差が勝敗を分けた。

eJudo Photo
市橋寿々華が橋高朱里から小外刈「有効」

市橋寿々華(大阪府警)〇横四方固(2:47)△橋高朱里(金沢学院大2年)

市橋が右、橋高が左組みのケンカ四つ。
市橋の足技を受けた橋高果敢に撃ち合いに応じるが、38秒市橋が燕返、橋高伏せて「待て」。以降も市橋がハンドル操作を効かせた小外刈で橋高を崩し、さらに頭の下がった橋高の起き上がり際に小外刈を合わせて腹這いに落として攻勢を段重ね。1分18秒橋高に「指導1」。

以後も出足払にフェイントの小外刈で相手を追い詰める市橋、2分24秒には二段の右小外刈を決めて「有効」奪取。そのまま横四方固に抑え込んで一本勝ちを決める。市橋の足技と「ハンドル捌き」の巧さ際立った一番。

eJudo Photo
冨田若春が滝川真央を体落で引っこ抜き鮮やかな「一本」

冨田若春(埼玉栄高3年)〇体落(3:55)△滝川真央(日本大2年)

滝川が左、冨田が右組みのケンカ四つ。互いに出足払、送足払の探り合い。冨田ペースをやや上げて右大内刈、さらにタイミングの良い右払腰を見せるが2分20秒双方に「指導1」。
直後滝川が左袖釣込腰、しかし冨田はその戻りに右大内刈を合わせ、続く滝川の右内股も受け止めてから右大内刈に吸収して攻勢。
4分56秒、冨田払腰のタイミングで低く右体落。まともに食った滝川は畳をバウンドする勢いで背中から落ち鮮やかな「一本」。

釣り手を動かしながら、相手を動かしながら一撃を狙い続けた冨田の柔道は見事。高校生ながら、「体の大きくない本格派重量級」の戦い方はこうだとばかりの、お手本のような素晴らしい試合だった。

eJudo Photo
千葉英里子が体重差35kgを跳ね返し畑村亜希から大外刈「技有」

千葉英里子(環太平洋大3年)〇合技[大外刈・後袈裟固](1:40)△畑村亜希(日本エースサポート)

身長167cm、体重108kgの畑村が左、163cm、73kgの千葉が右組みのケンカ四つ。開始早々の片手の攻防で畑村が組み手とは逆の右に払巻込を放ち、39秒「有効」奪取。
さらに1分8秒には千葉に「取り組まない」咎の「指導」が宣告されてスコア上は畑村が圧倒的に優位だが、千葉は全く退かず。攻め続けることで流を掴んだ千葉、1分20秒には組み際に片襟を差した右背負投の形から右大外刈に体を進めて見事「技有」奪取。そのまま後袈裟固に抑え込んで合技「一本」で勝利決定。

体重差35kgを跳ね返した千葉は見事。環太平洋大で鍛えられた「叩き上げ」猛者達に多く見られる、立ち振る舞いに表れる鋼のような体の強さが印象的だった。一刀を持つものの強さを思い知らせる、そして所属での猛稽古が垣間見える「一本」奪取劇であった。

eJudo Photo
高山莉加が佐々木美里の体を巧みに制して抑え込み

高山莉加(三井住友海上)〇横四方固(2:20)△佐々木美里(道都大1年)

高山、佐々木ともに右組みの相四つ。
重量級の佐々木釣り手から持って突進するが、高山は奥襟を持ち返して譲らず、右内股に右大外刈と立て続けに大技を放ってあっという間に主導権を握る。
1分30秒過ぎ、高山が釣り手で奥襟を叩くと佐々木はタイミングを合わせて左に座り込みの背負投。高山潰し、両手で腕一本を確保してめくり返すと崩上四方固。最後は横四方固に移行して「一本」。

高山が地力と技術の高さを如何なく発揮、しっかり獲り切った一番。

eJudo Photo
田知本愛が佐藤史織から出足払「技有」

田知本愛(ALSOK)〇合技[出足払・横四方固](4:15)△佐藤史織(山梨学院大1年)

選抜体重別を制した田知本、初戦はしぶとさが売りの佐藤という、軽量、若年ながらもなかなかに面倒な相手。
田知本左、佐藤は右組みのケンカ四つ。
田知本両襟の送足払で佐藤を転がす先制攻撃を見せるが、抗した佐藤の担ぎ技を受けてやや膠着、1分26秒双方に取り組まない咎で「指導」。
直後田知本両襟の支釣込足で佐藤を大きく浮かせ、2分16秒には支釣込足から左足車に引っ掛けて転がし、直後佐藤に2つ目の「指導」。以後も田知本は支釣込足に両襟の内股と攻めるが佐藤も右袖釣込腰を打ち返し、田知本の弾幕が止んだ3分41秒双方に「指導」。この時点の累積警告は田知本が「2」、佐藤が「3」。

4分15秒、田知本が鋭く出足払、踏み込みの効いた一撃で佐藤を捕まえて「技有」。そのまま横四方固で抑え込んで合技の一本勝ち。

大学1年生とはいえ粘着ファイトが売りで、かつ膠着しやすいケンカ四つである佐藤が相手という難しい相性の試合を、田知本がしっかり「一本」獲りきったという試合。ただし優勝候補の田知本としてはエンジンが掛かるのに時間をかけ過ぎた感あり。足が良く出ていたことと、取り味のある足技という武器の保有が田知本を救った。オーソドックスな重量選手としての強さがクローズアップされることの多い田知本だが、足技という尖った部分があることの優位、非凡さが確認出来た一番。

※ eJudoメルマガ版7月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.