PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第30回皇后盃全日本女子柔道選手権全試合詳細①1回戦

(2015年7月9日)

※ eJudoメルマガ版7月9日掲載記事より転載・編集しています。
■ 1回戦
eJudo Photo
烏帽子美久が堀歩未から燕返「有効」

eJudo Photo
「技有」「有効」ビハインドの堀が小外刈で「技有」を奪回

烏帽子美久(JR東日本)〇優勢[技有]△堀歩未(鹿屋体育大2年)

左相四つ、組み合って支釣込足の撃ち合い。22秒、烏帽子が足を戻したところに堀が出足払、しかし烏帽子が反応良く燕返に捉えて「有効」。さらに烏帽子58秒には左内股からハンドルを切り返して左大内刈「技有」を得る。
序盤にして大きなビハインドを背負った堀だが試合をあきらめず、1分58秒に再び足の撃ち合いから小外刈を決めて「技有」奪回。そのまま袈裟固に入るが、烏帽子なんとか逃れる。
以後は堀が左の払巻込、左小外刈から左大外刈とタイミングの良い技を重ねて攻勢となり、3分22秒には烏帽子に「指導」。堀は疲労した烏帽子を取り味のある技で追撃、烏帽子は、残り21秒の「待て」の声にほとんど立ち上がれないところまで追い詰められるがタイムアップ。序盤に挙げた「有効」の差を以て烏帽子の勝ち上がりが決まった。

事前評通り順当に烏帽子が勝利した一番だが内容は堀。持ち合って相手を動かす柔道の質の良さに加え、時間が経つほどに優位を掴む様には普段の稽古量が透けて見えるという、まさしく健闘の一番であった。地力と経験に大きく勝りながら試合をまとめきれなかった烏帽子は次戦に不安を残した。

eJudo Photo
体格に劣る古屋梓が強気に佐藤杏香の奥襟を叩いて攻める

古屋梓(筑波大4年)〇優勢[旗判定2-1]△佐藤杏香(東海大1年)

左相四つ。体格は佐藤が上だが、古屋は引き手を確保すると奥襟を掴む強気を見せ、さらに組みつきながらの片襟の大内刈と序盤積極的に攻める。しかし佐藤中盤に持ち直し、肩越しに釣り手を入れた左大外刈に片襟の左内股と攻め、2分8秒古屋に「指導1」。奮起した古屋、釣り手を叩き入れながらの左払腰一発に背中を持っての左大外刈と強気の技を入れ、主審がその攻勢を評価し4分6秒佐藤に「指導1」を宣告するに至る。残り1分を過ぎ、古屋が背中を持っての左大外刈で佐藤を転がし、寝姿勢の「後ろ手」で相手の腕を捉える絶好のチャンスを得るが帯の確保に拘り過ぎて逃がす。
残り30秒を過ぎてから佐藤が組み際の左大内刈に肩越しの左大外刈と猛攻を見せるが古屋は返し、あるいは耐えてタイムアップ。先手で攻めていたのは佐藤、有効打は古屋という様相で迎えた旗判定は2-1で古屋。得意のインサイドワークだけではなく強気の組み手で大技を仕掛けた勇気が功を奏した。

eJudo Photo
橋高朱里が前田奈恵子から支釣込足「技有」

橋高朱里(金沢学院大2年)〇合技[支釣込足・横四方固](2:49)△前田奈恵子(JR東日本)

左相四つ。前田が左大内刈から左内股への連絡技など先手を取って、1分12秒橋高に「指導1」。しかし橋高1分31秒に支釣込足「技有」で逆転、そのまま横四方固に抑え込んで合技の一本勝ち。

eJudo Photo
80cmの日高美沙希と162cmの佐藤史織の対戦は対照の妙

佐藤史織(山梨学院大1年)〇優勢[判定3-0]△日高美沙希(ミキハウス)

右相四つ。日高は身長180cm体重80kg、佐藤は162cm、63kgとその体格は対照の妙。
手先の組み手争いが続き、52秒佐藤の側に「指導1」。日高が初めて引き手と奥襟をしっかり持った1分50分過ぎに佐藤が前技で切り離して組み手をやり直すが、この行為に対し佐藤に2つ目の「指導」。
スコア上は日高の圧倒的優勢だが、日高は足技の弾幕を張って担ぎまくる佐藤の前に、なぜか攻めずに待ってしまう場面を連発。佐藤が右袖釣込腰を連発した直後の3分10秒日高に「指導1」。以後も日高は折角組み勝っても攻めずに自ら下がる場面が目立ち、4分47秒には佐藤の座り込みの左大内刈を食ってあっさり2つ目の「指導」を許す。
組み手を握り合わせた佐藤に残り21秒で「指導3」。しかし佐藤の攻めは止まず、日高は残り10秒になった段階に至って奥襟で叩いてあおり出すという強気の攻めを初めて見せるがタイムアップ。
反則累積は佐藤が1つ多かったが、旗判定は当然のように攻め続けた佐藤に3本が揃う。
新田高で勝負柔道を鍛えこまれた佐藤は相手が大きいことでむしろ本領発揮、イキイキと攻め続けた非常に「らしい」一番。対するもと全日本強化選手の日高はリードにも関わらず相手を怖がり、結果持ち味を出そうとしないまま相手のペースに嵌るという積年の負けパターンを踏襲。得たものの少ない試合だった。

eJudo Photo
梅木真美が奥本華月を得意の横三角に捉える

梅木真美(環太平洋大3年)〇崩上四方固(1:52)△奥本華月(新田高校3年)

梅木が左、奥本は右組みのケンカ四つ。腰の入れ合いから梅木が放った左大外刈を高校生の奥本堂々思い切り抱き抱えて投げに変換、場内からどよめきが起こる。奥本以後も外巻込、さらに梅木に引きずり倒されながらも一本背負投に切り返すなどあくまで投げを狙って世界選手権代表梅木に堂々対抗。1分過ぎに梅木が組みつきながら「出し投げ」で奥本のバランスを崩し、得意の横三角。長い攻防の末に崩上四方固に捉え「一本」で勝負あり。奥本大健闘、ただし梅木の方が強すぎたと評すべき一番であった。

eJudo Photo
新井千鶴は好調の平井希に対し強気の両襟組み手でペースを掴む

新井千鶴(三井住友海上)〇優勢[僅差]△平井希(自衛隊体育学校)

左相四つ。平井一貫して動き良し、釣り手から突いて対峙し、新井の釣り手を厳しく管理しながら足技で攻める。あくまで袖と襟を狙ってしっかり組む新井は相手を引きつけながらの左小内刈を2連発するが平井2発目を出足払で切り返して鋭く新井を崩す。

1分過ぎから、着地点としての両襟を厭わず間合いを詰めるようになった新井がペースを掴み、左大内刈、左内股に小内刈と攻めて53秒平井に「指導1」。2分26秒には新井がステップを踏んで左大外刈に行く構えを見せると警戒した平井が自らバランスを崩す場面もあり、新井の攻勢は加速。平井は足技に右袖釣込腰で抵抗するが、新井一貫して間合いを詰める強気を崩さす、左大外刈に腰車と攻め続けて主導権は変わらず新井。平井が自らの支釣込足でバランスを崩した4分14秒に平井に2つ目の「指導」が宣告され、以降もペース変わらずタイムアップ。「指導」2つの差で新井が勝利するに至った。平井の組み手の厳しさと動きの良さに対して、新井が自身の地力に自信を持って間合いを詰め続けた、その強気が勝ったという一番。

※ eJudoメルマガ版7月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.