PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]高校生嶺井美穂惜しくも2位、池絵梨菜は70kg級の序列崩せず7位に終わる・グランプリウランバートル第2日女子

(2015年7月5日)

※ eJudoメルマガ版7月5日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]高校生嶺井美穂惜しくも2位、池絵梨菜は70kg級の序列崩せず7位に終わる
グランプリウランバートル第2日女子
グランプリ・ウランバートル大会は4日、第2日の男女合わせて4階級の競技が行われた。
女子は63kg級と70kg級の競技が行われ、63kg級は地元モンゴルのツェンドアユシュ・ツェレンナドミドがノーシードから優勝、70kg級は第1シードのベルナデッテ・グラフ(オーストリア)が順当に優勝した。

日本勢は63kg級の嶺井美穂(桐蔭学園高3年)が2位入賞、70kg級の池絵梨菜(国士舘大1年)が7位だった。嶺井は3回戦で第4シードのヒルデ・ドレクスラー(オーストリア)、準決勝で第1シードのカトリン・ウンターブルツァハー(オーストリア)に立て続けに一本勝ちしたが、決勝で敗れた。池は2回戦でファン・イスル(韓国)に勝利する健闘を見せたが準々決勝でベルナデッテ・グラフ(オーストリア)、敗者復活戦でアントニア・モレイラ(アンゴラ)とシード選手に連敗を喫した。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 63kg級
【入賞者】 エントリー19名
1.TSEND-AYUSH, Tserennadmid(MGL)
2.MINEI, Miho(JPN)
3.HAN, Hee Ju(KOR)
3.UNTERWURZACHER, Kathrin(AUT)
5.BERNHOLM, Anna(SWE)
5.DREXLER, Hilde(AUT)
7.MARTIN, Hannah(USA)
7.TSEDEVSUREN, Munkhzaya(MGL)

日本代表選手:嶺井美穂(桐蔭学園高3年)
成績:2位

[2回戦]
嶺井美穂○GS上四方固(GS1:19)△リズレン・ゾウアック(モロッコ)
[3回戦]
嶺井美穂○払腰(3:10)△ヒルデ・ドレクスラー(オーストリア)
[準決勝]
嶺井美穂○内股(3:10)△ヒルデ・ドレクスラー(オーストリア)
[決勝]
嶺井美穂△優勢[技有・内股](3:10)○ツェンドアユシュ・ツェレンナドミド(モンゴル)

■ 70kg級
【入賞者】 エントリー18名
1.GRAF, Bernadette(AUT)
2.ZHOU, Chao(CHN)
3.MARZOK, Iljana(GER)
3.MOREIRA, Antonia(ANG)
5.NIANG, Assmaa(MAR)
5.POSVITE, Fanny Estelle(FRA)
7.CHEN, Fei(CHN)
7.IKE, Erina(JPN)

日本代表選手:池絵梨菜(国士舘大1年)
成績:7位

[1回戦]
池絵梨菜○優勢[指導3]△ツォゴチル・バットツェツェグ(モンゴル)
[2回戦]
池絵梨菜○優勢[有効・隅返]△ファン・イスル(韓国)
[準々決勝]
池絵梨菜△合技[大外返・袈裟固](0:50)△ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)
[敗者復活戦]
池絵梨菜△小外刈(0:12)△アントニア・モレイラ(アンゴラ)

※ eJudoメルマガ版7月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.