PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

女子も日本勢が全階級で優勝、地元大成高勢2階級でシニア強化選手を破る・東アジア柔道選手権女子7階級レポート

(2015年6月20日)

※ eJudoメルマガ版6月20日掲載記事より転載・編集しています。
女子も日本勢が全階級で優勝、地元大成高勢2階級でシニア強化選手を破る
東アジア柔道選手権女子7階級レポート
eJudo Photo
52kg級決勝、黒木七都美が五味奈津実から右出足払「有効」

eJudo Photo

20日に三幸・スポーツマックス愛知県武道館(名古屋市)で開幕した東アジア柔道選手権、女子も男子同様7階級全てを日本勢が制した。

地元愛知の大成高勢は3年生の黒木七都美が52kg級、鍋倉那美が63kg級、中江美裕が70kg級、鈴木伊織が70kg級と計4階級を制覇、OGの濱田早萌(龍谷大3年)も48kg級で優勝する大活躍を演じた。黒木は決勝で五味奈津実(JR東日本女子柔道部)、中江は安松春香(ALSOK)と現役全日本強化選手を下す金星を挙げた。

女子各階級の入賞者と日本選手全試合の結果、戦評は下記。

※この記事の海外選手名表記は全日本柔道連盟のリリースに拠っています

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級決勝、濱田早萌が浅岡美名の左内股を透かして右体落に変換「有効」

eJudo Photo
48kg級入賞者

eJudo Photo
優勝の濱田早萌

【入賞者】

優 勝:濱田早萌(龍谷大3年)
第2位:浅岡美名(大成高3年)
第3位:シェ・シシ(中国)、フン・ユーティン(台湾)

※エントリー6名

大成高の先輩後輩であるもと44kg級世界ジュニア王者濱田早萌(龍谷大3年)とアジアカデ選手権44kg級王者の浅岡美名(大成高3年)が決勝で対戦。互いを良く知る関係であることに加え、拮抗を呼びやすいケンカ四つという相性が重なりなかなか決定的な場面は訪れず、攻撃反則いずれのポイントもないままあっという間に本戦4分が終了。迎えたGS延長戦32秒、引き手で袖を得た浅岡が左大内刈から左内股へと技を繋ぐと、濵田体捌き良く透かして自身の右体落に変換。これが「有効」となり、濵田の優勝が決まった。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

浅岡美名〇優勢[有効・大外刈]△シェ・シシ(中国)

[準決勝]

浅岡美名〇袈裟固(4:13)△ナランチェチェグ・ガンバータル(モンゴル)
濱田早萌〇優勢[指導1]△ジャン・ジヨン(韓国)

[決勝]

濱田早萌〇GS内股透(GS0:32)△浅岡美名

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級準決勝、黒木七都美が右体落「一本」

eJudo Photo
52kg級入賞者

eJudo Photo
優勝の黒木七都美

【入賞者】

優 勝:黒木七都美(大成高3年)
第2位:五味奈津実(JR東日本女子柔道部)
第3位:ス・ユージュウ(台湾)、ジョ・アラ(韓国)

※エントリー6名

高校生の黒木七都美が決勝でシニアカテゴリの全日本強化選手・五味奈津実(JR東日本女子柔道部)を破る大殊勲。ケンカ四つの五味に対して開始するなり大外刈で積極的に攻めて気合いの入ったところを見せると、1分35秒に両手で頭越しと脇下から背中を捕まえて固定、右出足払を押し込み「有効」を獲得。以後は五味の左大内刈と左大外刈を中心とした前進行動の前に2分40秒、3分51秒と2つの「指導」を失ったが最後までしっかり戦い切って優勝を決めた。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

黒木七都美〇優勢[指導1]△ジョ・アラ(韓国)
五味奈津実〇小外刈(2:40)△ス・ユージュウ(台湾)

[準決勝]

五味奈津実〇縦四方固(1:58)△アルタンチェチェグ・バツク(モンゴル)
黒木七都美〇体落(0:17)△チョイ・シュキ(香港)

[決勝]

黒木七都美〇優勢[有効・小外刈]△五味奈津実

■ 57kg級
eJudo Photo
1回戦を戦う石川慈

eJudo Photo
57kg級入賞者

eJudo Photo
優勝の石川慈

【入賞者】

優 勝:石川慈(コマツ)
第2位:コン・ユジョン(韓国)
第3位:月野珠里(山梨学院大2年)、バットズル・アルタイ(モンゴル)

※エントリー7名

全日本強化選手石川慈(コマツ)が格の違いを見せつけて全試合一本勝ちで優勝。1回戦はリ・シンヤン(台湾)を下から引きこんでめくり返し肩固「一本」、準決勝もコック・キットフォン(香港)を横四方固「一本」といずれも早い時間で勝負を決めると、決勝では前戦で月野珠里(山梨学院大2年)を破っているコン・ユジョン(韓国)と対戦。ファーストコンタクトの「あおり」で相手を引き落とすと、横崩しから横四方固に繋いでこの試合も僅か53秒で一本勝ち決定。3戦連続の抑込技による「秒殺」で優勝を決めた。
地元大成高出身の月野は準決勝で敗れたが、3位決定戦に勝利して表彰台を確保した。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

石川慈〇肩固(0:39)△リ・シンヤン(台湾)

[準決勝]

コン・ユジョン(韓国)〇優勢[有効・内股]△月野珠里
石川慈〇横四方固(1:21)△コック・キットフォン(香港)

[3位決定戦]

月野珠里〇袈裟固(1:18)△リ・シンヤン(台湾)

[決勝]

石川慈〇横四方固(0:53)△コン・ユジョン(韓国)

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級決勝、鍋倉那美が巴投から寝技に繋ぎ山室未咲を抑え込む

eJudo Photo
63kg級入賞者

eJudo Photo
優勝の鍋倉那美

【入賞者】

優 勝:鍋倉那美(大成高3年)
第2位:山室未咲(大成高1年)
第3位:ル・シャンティン(中国)、ファン・シハン(台湾)

※エントリー6名

決勝は鍋倉那美(大成高3年)と山室未咲(大成高1年)による同門対決。鍋倉は試合が始まるなり右内股から巴投と鋭い技で攻め込み、抗した山室の右大外刈を潰すと寝技に持ち込んで崩上四方固。これは11秒で山室が逃れ「有効」に留まったが、結果的にはこれが決勝点。以後山室は必死に鍋倉の釣り手を殺して右大外刈を試みるが、鍋倉はお構いなしに前進、右内股で攻め込んで隙を見せず。鍋倉が「有効」優勢で勝利し、当たり前のように優勝を決めて見せた。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

鍋倉那美〇横四方固(3:05)△チェ・ウンソル(韓国)
山室未咲〇優勢[有効・払腰]△ファン・シハン(台湾)

[準決勝]

鍋倉那美〇内股(0:16)△ガンチメグ・シルネン(モンゴル)
山室未咲〇優勢[指導1]△ル・シャンティン(中国)

[決勝]

鍋倉那美〇優勢[有効・横四方固]△山室未咲

■ 70kg級
eJudo Photo
、ここまで劣勢の中江美裕が一瞬の隙を突いて安松春香を抑え込む

eJudo Photo
70kg級入賞者

eJudo Photo
優勝の中江美裕

【入賞者】

優 勝:中江美裕(大成高3年)
第2位:安松春香(ALSOK)
第3位:ジョン・ヘジン(韓国)、ザオ・ジア(中国)

※エントリー7名

52kg級の同僚黒木七都美に続けとばかりに、中江美裕(大成高3年) が全日本シニア強化選手安松春香(ALSOK)を決勝で破る金星を挙げた。
決勝は安松が左、中江が右組みのケンカ四つ。安松は地力の差をテコに余裕を持って試合を展開、1分33秒には極端な防御姿勢の咎で中江に「指導」が与えらえるが、中江は組み手をコントロールされても、なんとか活路を見出さんとした右内股を捌かれてもあきらめず、攻撃の矛を収めない。
終盤、安松が左釣り手で中江の頭を下げに掛かるが中江畳に落ちずに必死の右内股。安松これを潰して寝技に持ち込みほとんど抑え込み掛かるが、下になった中江は回転して上になり、引きこむ形になった安松の脚を乗り越えて崩袈裟固。まともに抑え込まれた安松もはや回避は難しく3分56秒「一本」で試合は決着、中江の優勝が決まった。

シニアの全日本強化選手が優勝し、「勝って当然」とばかりに表情を崩さない場面の多かった今大会だが、安松打倒の殊勲を果たした中江は表彰台の真ん中で満面の笑み。果たした仕事の大きさを物語るその表情に地元観衆は大きな拍手を浴びせ、その健闘を称えていた。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

安松春香〇横四方固(1:03)△チェン・ユーティン(台湾)
中江美裕〇横四方固(0:54)△ユ・イクラム(香港)

[準決勝]

安松春香〇内股(0:26)△クラン・バタール(モンゴル)
中江美裕〇袈裟固(1:39)△ジョン・ヘジン(韓国)

[決勝]

中江美裕〇崩袈裟固(3:56)△安松春香

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級決勝、鈴木伊織が泉真生から右払巻込「有効」

eJudo Photo
78kg級入賞者

eJudo Photo
優勝の鈴木伊織

【入賞者】

優 勝:鈴木伊織(大成高3年)
第2位:泉真生(山梨学院大1年)
第3位:ユン・ヒュンジ(韓国)、ワン・ジュチュ(台湾)

※エントリー6名

52kg級、63kg級、70kg級に続いてこの階級も大成高の「黄金世代」である現3年生から鈴木伊織が見事優勝。昨年のインターハイ王者泉真生(山梨学院大1年)とマッチアップした決勝は始まるなり左でドンと相手の胸を突き飛ばして突進し、やる気十分。その流れのまま右釣り手を得ると40秒に思い切った右払巻込、一瞬こらえた泉だが耐え切れずに転がりこれは「有効」。泉は長身を生かして右釣り手で奥襟を取って相手を引き付けようとするが、鈴木は右体落でこの圧力をいなし、2分13秒には泉に「指導」。残り23秒で鈴木にも「指導」が与えられるが泉に攻撃ポイントの気配はなく、そのまま鈴木の優勝が決まった。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

泉真生〇横四方固(1:45)△ワン・ジュチュ(台湾)
鈴木伊織〇優勢[指導3]△ユン・ヒュンジ(韓国)

[準決勝]

泉真生〇優勢[有効・大内刈]△ズ・フェン(中国)
鈴木伊織〇不戦△ウウガンジャルガル・ムンクエルデネ(モンゴル)

[決勝]

鈴木伊織〇優勢[有効・払巻込]△泉真生

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級決勝、井上愛美が藤原恵美を攻める

eJudo Photo
78kg超級入賞者

eJudo Photo
優勝の井上愛美

【入賞者】

優 勝:井上愛美(JR九州女子柔道部)
第2位:藤原恵美(筑波大3年)
第3位:ジアン・ヤンナン(中国)、ベ・ヘビン(韓国)

※エントリー6名

もと世界ジュニア選手権2連覇者の井上愛美(JR九州女子柔道部)が決勝で地元大成高出身の藤原恵美(筑波大3年)を破って優勝を飾った。決勝は右相四つ、互いの柔道を良く知るゆえか組み手の切り合いが続いてなかなか技が出ず、2分33秒に藤原の側に「指導」。以後はリードを得た井上が右大外巻込、両襟の右大外刈に大内刈と手数で優位に立って藤原の反撃を許さず、そのまま「指導」ひとつの差で勝利して優勝を決めた。

ジュニア時代の大活躍に比してなかなか成績が残らなくなってきた井上だが、久々得た大きな勲章に「チャンスがあればどの大会でも結果を残したい」とコメント、意欲を新たにしていた。

【日本選手勝ち上がり】

[1回戦]

井上愛美〇払腰(1:38)△ムンクチュア・バツルガ(モンゴル)

[準決勝]

井上愛美〇一本(2:04)△サン・ペイヨー(台湾)
藤原恵美〇優勢[有効・一本背負投]△ジアン・ヤンナン(中国)

[決勝]

井上愛美〇優勢[指導1]△藤原恵美

※ eJudoメルマガ版6月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.