PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

渡名喜風南が2位、アスタナ世界選手権代表新井千鶴は無名選手に初戦で敗れる・グランプリブタペスト女子

(2015年6月15日)

※ eJudoメルマガ版6月15日掲載記事より転載・編集しています。
渡名喜風南が2位、アスタナ世界選手権代表新井千鶴は無名選手に初戦で敗れる
グランプリブタペスト女子
13日と14日の両日にハンガリー・ブダペストで行われたグランプリ・ブタペスト大会、日本勢女子はアスタナ世界選手権代表2人を含む4選手を送り込んだが優勝者はなし。48kg級の渡名喜風南(帝京大2年)が2位、78kg級の梅木真美(環太平洋大3年)は5位、70kg級の新井千鶴(三井住友海上)は初戦敗退だった。

渡名喜は2回戦で優勝候補筆頭のエヴァ・チェルノビスキ(ハンガリー)に一本勝ちを果たしながら決勝では大ベテランのポウラ・パレト(アルゼンチン)に一本背負投フェイントの小内刈「有効」を食って敗戦。梅木は準決勝でロンドン五輪王者ケイラ・ハリソン(アメリカ)と「指導1」の小差で敗れる激戦を演じながら、3位決定戦では世界大会ではアウトサイダーのルイーズ・マルツァーン(ドイツ)に一本負けを喫して5位。新井千鶴はここまでワールドツアーの出場がない27歳のアネット・ブレインテンボフ(ハンガリー)に「指導1」で敗れ、良いところなく大会を終えた。

日本選手が出場した4階級の入賞者と、日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 48kg級
日本選手が出場した3階級の入賞者と、日本選手の勝ち上がりは下記。

【入賞者】 エントリー19名
1.PARETO, Paula(ARG)
2.TONAKI, Funa(JPN)
3.KONDRATYEVA, Nataliya(RUS)
3.LIMA, Taciana(GBS)
5.LOKMANHEKIM, Dilara(TUR)
5.MESTRE ALVAREZ, Dayaris(CUB)
7.MATEI, Ioana(ROU)
7.PODRYADOVA, Alexandra(KAZ)

渡名喜風南(帝京大2年)
成績:2位

[1回戦]
渡名喜風南〇横四方固(2:08)△ミリカ・ニコリツ(セルビア)
[2回戦]
渡名喜風南〇横四方固(1:10)△エヴァ・チェルノビスキ(ハンガリー)
[準々決勝]
渡名喜風南〇横四方固(2:27)△アレクサンドラ・ポドヤドワ(カザフスタン)
[準決勝]
渡名喜風南〇優勢[指導2]△ダヤリス・メストレ アルヴァレス(キューバ)
[決勝]
渡名喜風南△優勢[有効・小内刈]○ポウラ・パレト(アルゼンチン)

■ 57kg級
【入賞者】 エントリー24名
1.LIEN, Chen-Ling(TPE)
2.WAECHTER, Viola(GER)
3.MALLOY, Marti(USA)
3.TAMAOKI, Momo(JPN)
5.KARAKAS, Hedvig(HUN)
5.MINAKAWA, Camila(ISR)
7.DIEDHIOU, Hortance(SEN)
7.ROPER, Miryam(GER)

玉置桃(三井住友海上)
成績:3位

[1回戦]
玉置桃〇送襟絞(1:04)△コンセプシオン・ベロリン(スペイン)
[2回戦]
玉置桃〇袖釣込腰(3:26)△イヴェリナ・イリエワ(ブルガリア)
[準々決勝]
玉置桃〇優勢[技有・袖釣込腰]△ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)
[準決勝]
玉置桃△優勢[指導2]○ヴィオラ・ベヒター(ドイツ)
[3位決定戦]
玉置桃〇GS指導2(GS1:23)△カミラ・ミナカワ(イスラエル)

■ 70kg級
【入賞者】 エントリー21名
1.PBERNABEU, Maria(ESP)
2.DIEDRICH, Szaundra(GER)
3.BREITENBACH, Anett(HUN)
3.VARGAS KOCH, Laura(GER)
5.NIANG, Assmaa(MAR)
5.STAM, Esther(GEO)
7.CORTES ALDAMA, Onix(CUB)
7.GERCSAK, Szabina(HUN)

新井千鶴(三井住友海上)
成績:2回戦敗退

[2回戦]
新井千鶴△優勢[指導1]○アネット・ブレインテンボフ(ハンガリー)

■ 78kg級
【入賞者】 エントリー21名
1.HARRISON, Kayla(USA)
2.VELENSEK, Anamari(SLO)
3.MALZAHN, Luise(GER)
3.VERKERK, Marhinde(NED)
5.GALEONE, Assunta(ITA)
5.UMEKI, Mami(JPN)
7.JOO, Abigel(HUN)
7.POWELL, Natalie(GBR)

日本代表選手:梅木真美(環太平洋大3年)
成績:5位

[2回戦]
梅木真美○崩袈裟固(3:03)△マルタ・トルト メリーノ(スペイン)
[準々決勝]
梅木真美△優勢[指導1]○ケイラ・ハリソン(アメリカ)
[敗者復活戦]
梅木真美○横四方固(2:13)△ナタリー・ポウエル(イギリス)
[3位決定戦
梅木真美△大腰(1:51)○ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)

※ eJudoメルマガ版6月15日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.