PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘が史上に残る圧勝、29勝0敗1分けで最激戦区東京を駆け抜ける・インターハイ柔道競技東京都予選男子団体

(2015年6月14日)

※ eJudoメルマガ版6月14日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘が史上に残る圧勝、29勝0敗1分けで最激戦区東京を駆け抜ける
インターハイ柔道競技東京都予選男子団体
eJudo Photo
決勝リーグ第2巡、国士舘高の先鋒田嶋剛希が日体荏原高・松井海斗から袖釣込腰「一本」

eJudo Photo
決勝リーグ最終戦、国士舘高・田嶋剛希が修徳高・佐藤竜から袖釣込腰「一本」

インターハイ柔道競技(8月7日~13日・奈良県天理市)の東京都団体戦の予選が14日、講道館大道場で行われ、男子は3月に行われた全国高等学校柔道選手権大会を制した国士舘高が圧勝で優勝を決めた。インターハイ本戦には国士舘高と、2位の日体荏原高の2校が出場する。

予選トーナメント3戦を全試合5-0で勝ち上がった国士舘高は4チームで争われる決勝リーグの第1試合でも足立学園高を5-0で一蹴。一つの引き分けすらない全勝のまま、この日最大の山場と目された高校選手権3位の日体荏原高との戦いに臨むこととなった。

そしてこの試合も国士舘の勢いは収まらず。先鋒の田嶋剛希は松井海斗から開始早々に横四方固で「技有」を奪うと、51秒に豪快な右袖釣込腰を決めて一本勝ち。次鋒の河田闘志は高校選手権81kg級王者の藤原崇太郎と引き分けたが、中堅戦は飯田健太郎が90kg級東京代表の長井晃志を問題にせず、大内刈を突っ込んでおいての右内股に捉えて僅か16秒で「一本」を奪取。副将戦も竹村昂大が開始早々に奪った内股「有効」を持ったまま東部雄大の攻めを受け切って優勢勝ち、大将戦は山田伊織が、自身の払腰を裏に返そうとした長井達也を逆にハンドル操作で捻り落として28秒浮落「一本」、なんと4-0という大差でこの一番にもあっさり勝利。

最終戦の修徳高戦は先鋒田嶋が相手のエース佐藤竜から6秒に左大腰「技有」、2分45秒に左背負投「有効」、3分5秒に左袖釣込腰「一本」と連取して圧勝したところで事実上勝負あり。続く4人がいずれも一本勝ちで勝利を収め、この試合も5-0でフィニッシュ。この日30試合を戦って29勝無敗、引き分けは僅かに1試合という史上に残る大勝で優勝を決めた。

関東大会個人戦無差別を全試合「一本」で制した磯村亮太を温存してなおこの圧勝。岩渕公一監督は「この予選は『全部勝て』というハードルを課しました。引き分けた1試合も『指導』でも良いから勝て、と激を飛ばしたくらい。全ては金鷲旗とインターハイの厳しい戦いに備えるためです」と圧勝劇の舞台裏を明かし「三冠達成まで、まだ仕上がりは六合目というところ。インターハイのレギュラーも、金鷲旗を見るまでわかりませんよ」と、未だ成長を続ける、史上稀に見る強力メンバーを頼もしげに見つめていた。

入賞者と岩渕監督のコメント、予選トーナメント決勝のスコアと決勝リーグ全試合の詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の国士舘高

eJudo Photo
第二代表の座を獲得した日体荏原高

【入賞者】
優 勝:国士舘高
準優勝:日体荏原高
第三位:足立学園高
第四位:修徳高

岩渕公一監督のコメント
「春の選手権が終わってからまず体力、そして個々の技の力のアップを重点において強化をしてきました。その点での手応えは感じます。山田(伊織)などは大学で稽古して、今日の試合も相手の狙いを読んで投げを決めていましたし、精神的にもかなり成長したなと思います。この予選は『全部勝て』という目標を掲げてやらせました。全ては金鷲旗とインターハイの厳しい戦いを想定し、備えるための稽古です。仕上がりはまだ六合目。インターハイのメンバーも金鷲旗を見てから決めないといけないくらいチーム内での競り合いも激しい。まだまだ強くなれると思っています」

【予選トーナメント決勝】

国士舘高 5-0 八王子学園高
足立学園高 3-0 安田学園高
修徳高 4-0 岩倉高
日体荏原高 4-1 明大中野高

eJudo Photo
国士舘高・河田闘志が足立学園高・島田隆志郎から内股「有効」

eJudo Photo
日体荏原高・東部雄大が修徳高・増山香輔から大内刈「技有」

【決勝リーグ第一巡】

国士舘高 5-0 足立学園高
(先)田嶋剛希〇背負投(1:32)△山本遼介
(次)河田闘志〇内股(1:32)△島田隆志郎
(中)飯田健太郎〇反則[指導4]△佐々木卓磨
(副)竹村昂大〇合技(3:55)△雨森俊成
(大)山田伊織〇上四方固(1:03)△山本瑛介

日体荏原高 4-0 修徳高
(先)松井海斗×引分×佐藤竜
(次)藤原崇太郎〇大内刈(0:43)△中村力也
(中)長井晃志〇袖釣込腰(1:29)△福田宝
(副)東部雄大〇優勢[技有・大内刈]△増山香輔
(大)長井達也〇縦四方固(1:24)△室和樹

eJudo Photo
国士舘高の中堅飯田健太郎が日体荏原高・長井晃志から内股「一本」

eJudo Photo
国士舘高・山田伊織が長井達也の谷落を逆に振り返し浮落「一本」

【決勝リーグ第二巡】

国士舘高 4-0 日体荏原高
(先)田嶋剛希〇袖釣込腰(1:09)△松井海斗
(次)河田闘志×引分×藤原崇太郎
(中)飯田健太郎〇内股(0:16)△長井晃志
(副)竹村昂大〇優勢[有効・内股]△東部雄大
(大)山田伊織〇浮落(0:28)△長井達也

足立学園高 3-2 修徳高
(先)山本遼介△合技(0:26)〇佐藤竜
(次)島田隆志郎〇優勢[有効]△中村力也
(中)佐々木卓磨〇反則[指導4]△福田宝
(副)雨森俊成△優勢[僅差]〇増山香輔
(大)山本瑛介〇優勢[有効・払巻込]△室和樹

eJudo Photo
国士舘高・田嶋剛希が佐藤竜から開始早々に大腰「技有」を奪う

eJudo Photo
竹村昂大が増山香輔から支釣込足「一本」

eJudo Photo
日体荏原高・松井海斗が足立学園高・山本遼介から左内股「一本」

【決勝リーグ第三巡】

国士舘高 5-0 修徳高
(先)田嶋剛希〇袖釣込腰(3:15)△佐藤竜
(次)河田闘志〇大外刈(0:12)△中村力也
(中)飯田健太郎〇大外刈(0:43)△福田宝
(副)竹村昂大〇支釣込足(1:04)△増山香輔
(大)山田伊織〇横四方固(0:57)△室和樹

日体荏原高 5-0 足立学園高
(先)松井海斗〇内股(1:35)△山本遼介
(次)藤原崇太郎〇不戦
(中)長井晃志〇体落(2:54)△佐々木卓磨
(副)東部雄大〇大外刈(2:55)△雨森俊成
(大)長井達也〇大外刈(0:41)△山本瑛介

※ eJudoメルマガ版6月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.