PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

センコーが決勝で新日鐵住金を破る・全日本実業柔道団体対抗大会男子第二部

(2015年6月7日)

※ eJudoメルマガ版6月7日掲載記事より転載・編集しています。
センコーが決勝で新日鐵住金を破る
全日本実業柔道団体対抗大会男子第二部
eJudo Photo
決勝、センコー副将の石田勇太が新日鐵住金・後藤大夢を組み際の右大外刈「一本」に仕留める

eJudo Photo
大将戦、金子亮平は谷井大輝の猛攻を「指導3」までに凌ぎ切る

7日に秋田県立武道館(秋田市)で行われた全日本実業柔道団体対抗大会、19チームで争われた男子第二部はセンコーが初優勝を飾った。

センコーは2回戦で豊田自動織機を5-0、準々決勝はダイコロを3-1、準決勝は自衛隊体育学校を2-1で下して決勝に進出。

決勝は前戦で旭化成との競り合いを2-1で制した新日鐵住金と対戦。先鋒石本光樹が小野勇輝に攻め込まれながらも引き分け、次鋒戦と中堅戦をともに僅差の優勢で1勝1敗と歯ぎしりのするような競り合いの中から、副将戦で石田勇太が後藤大夢から組み際の右大外刈で鮮やかに抜け出し貴重な「一本」を奪取。大将戦は金子亮平が谷井大輝の猛攻を「指導3」対「指導1」までに抑え、この試合は落としたものの2対2の内容差で初優勝を決めた。

センコー・古田昌直監督は「特に圧勝があったわけでもなく、物凄い強い選手がいるわけでもない。チャンスはあるなと思っていましたが、良く勝ってくれました。一部で不運が重なって負けてしまいましたが戦い方自体は良かったので、その流れを上手く二部に繋げられたと思います」とコメント。「毎年、一部が落ち、二部が上がるという形でたまたま一部に残れているが、今度は実力で一部に残る力を作りたい」と今後の抱負を語り、「センコーは柔道をやりながら、社会人としてしっかりやって行けるチーム。引退した選手から会社で主任になる人材も出て来ていますし、そういう覚悟がある学生にはぜひ門を叩いてもらいたい」と実業柔道らしい内容で優勝インタビューを締めくくった。

入賞者と準々決勝のスコア、準決勝と決勝の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝のセンコー

【入賞者】
優 勝:センコー
準優勝:新日鐵住金
第三位:旭化成、自衛隊体育学校

【準々決勝】

旭化成 4-0 東芝B
新日鐵住金 3-1 日本エースサポート
自衛隊体育学校 3-0 東芝A
センコー 3-1 ダイコロ

【準決勝】

新日鐵住金 2-1 旭化成
(先)小野勇輝×引分×大鋸新
(次)酒井高喜○優勢[技有]△小林督之
(中)武田茂之○背負投(0:11)△前野将吾
(副)後藤大夢△優勢[僅差]○田中貴大
(大)谷井大輝×引分×海老泰博

センコー 2-1 自衛隊体育学校
(先)佐々木剛×引分×宮本拓実
(次)橋野智洋×引分×春山友紀
(中)稲田基○優勢[僅差]△鈴木誠
(副)石田勇太△優勢[有効]○山邉雄己
(大)金子亮平○優勢[僅差]△石黒亮太

【決勝】

センコー ②-2 新日鐵住金
(先)石本光樹×引分×小野勇輝
(次)橋野智洋○優勢[僅差]△酒井高喜
(中)稲田基△優勢[僅差]○武田茂之
(副)石田勇太○大外刈(2:03)△後藤大夢
(大)金子亮平△優勢[僅差]○谷井大輝

※ eJudoメルマガ版6月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.