PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

高木海帆再度爆発して国内大会2連勝、期待の羽賀龍之介はまたも熊代佑輔に苦杯・全日本選抜柔道体重別選手権100kg級レポート

(2015年6月1日)

※ eJudoメルマガ版6月1日掲載記事より転載・編集しています。
高木海帆再度爆発して国内大会2連勝、期待の羽賀龍之介はまたも熊代佑輔に苦杯
全日本選抜柔道体重別選手権100kg級レポート
eJudo Photo
準決勝、熊代佑輔が小内巻込で羽賀龍之介に一本勝ち

2月のヨーロッパオープン・ローマとグランプリ・デュッセルドルフに圧倒的な内容で連続優勝、無敗のまま欧州シリーズを駆け抜けた羽賀龍之介(旭化成)の出来がこの階級最大の焦点。世界選手権代表はもはや羽賀以外にありえないという状況の中、全ての選手にターゲットとされるこの大会を勝ち切ることが出来るかどうかに注目が集まった。

しかし羽賀は準決勝で敗退。昨年決勝で敗れた熊代佑輔(ALSOK)に右小内巻込「一本」(1:20)を食って畳に沈んだ。

eJudo Photo
1回戦、熊代佑輔が後藤隆太郎から小外掛「有効」

「この技が来るのはわかっていた」という羽賀だが、昨年は打点の高い右袖釣込腰を食って一本負けしており、その残像があったか少々目線が高かった印象。欧州シリーズの素晴らしい出来に傷をつけてしまう形で、無念のトーナメント脱落。

決勝に進んだのは熊代と、講道館杯を制した高木海帆の2人。

熊代は1回戦で後藤隆太郎(慶應義塾3年)を小外掛「有効」で下し、準決勝では前述の通り羽賀に一本勝ち。

eJudo Photo
準決勝、高木海帆が増渕樹に内股を押し込み一本勝ち

一方の高木は1回戦で高橋良介(警視庁)を内股透「技有」で破って勝利、準決勝では前戦でウルフアロン(東海大2年)を得意の内股「一本」で倒している増渕樹(旭化成)と対戦。1分半過ぎに高木は得意の右内股、増渕脚を高く揚げて捌き切ったかに思われたが、高木は腰を入れるようにして突進を止めず。増渕に腕をまたがせたまま場外まで体ごと押し込んで「一本」(1:37)。引き手は相手の指を握る、講道館杯で羽賀龍之介を投げた際と同じ形だった。

eJudo Photo
決勝は腰の入れ合いと引き手争いが続く

eJudo Photo
「指導」差リードの高木が手堅くタイムアップまで戦い切る

決勝は熊代が左、高木が右組みのケンカ四つ。序盤は双方片手の攻防が続き、57秒両者に「取り組まない」咎での「指導」。以後も試合は膠着気味だが高木が巴投を繰り出すと主審は展開に差を認め、1分48秒熊代にのみ2つ目の「指導」。

大学の先輩後輩で互いの手の内を知る両者は以後も技がなかなか出ない。2分33秒双方に「取り組まない」咎の「指導」が宣告され、これで両者の反則累積は熊代が「3」、高木が「2」。

2分50秒過ぎ、熊代左背負投を見せて投げ切らんと前に走るが、高木がこれを片手の右内股に切り返して大きく崩す。以後は高木が体勢不十分ながらも右内股、両襟の巴投と技を撃ち込んで熊代の反撃の機会を摘み、残り時間僅かになったところでの熊代の右大外刈も高木が捌いて試合終了。「指導3」対「指導2」の優勢で高木が選抜体重別初優勝を飾った。

高木は講道館杯に続いて国内大会2連覇。2月の欧州国際シリーズで2大会連続早期敗退を喫して代表戦線からは脱落していたが、ひとつ大きく存在感を示した大会となった。本人が語る通り次の課題は国際大会で実績を残すこと。地力の不足というよりは、復帰以降海外選手と戦うモードをまだ自身の中で発掘出来ていない印象の高木、経験を積むことでこれが解決出来るのか、その最高到達点はどのあたりに設定可能さるるべきなのか。以後の国際大会に期待。

世界選手権代表には羽賀が順当に選出。この階級は代表争いという意味では戦前に既に事実上結果が出ていた階級であり、この観点だけで考えれば大会実施の意義はもはや疑問。現行の代表選出の基準と、一律8人で優勝を争わせる大会を最終選考会として採用する選抜体重別という「制度」のズレがまたもやクローズアップさるるべき階級となった。

入賞者と高木、羽賀両選手のコメント、全試合の結果は下記。

eJudo Photo
優勝の高木海帆

【入賞者】

優 勝:高木海帆(日本中央競馬会)
準優勝:熊代佑輔(ALSOK)

高木海帆選手のコメント
「決勝は初めての対戦でやりづらかった。次に対戦するときにはしっかり投げたい。ケガはあったが、気持ちはブレていない。これから海外で外国人選手に勝って、オリンピックに繋げたい。応援してくれた人達、愛してます(笑)」

羽賀龍之介選手のコメント
「コンディションは悪くなかった。不甲斐ないです。欧州の結果は意識してなかったですが、この大会でこそ勝ちたいという気持ちが強かった。勝たなければと意識し過ぎたかもしれません。熊代選手とは普段あまり稽古はしていないのですが、あの技が来るのはわかっていた。悔しいです。結果を受け止めて、やっていくしかない。」

eJudo Photo
1回戦、増渕樹がウルフアロンを内股「一本」に斬り落とす

【一回戦】

羽賀龍之介(旭化成)○優勢[指導3]△浅沼拓海(センコー)
熊代佑輔(ALSOK)○優勢[有効・小外掛]△後藤隆太郎(慶應義塾3年)
高木海帆(日本中央競馬会)○優勢[技有・内股透]△高橋良介(警視庁)
増渕樹(旭化成)○内股(1:33)△ウルフアロン(東海大2年)

【準決勝】

熊代佑輔○小内巻込(1:20)△羽賀龍之介
高木海帆○内股(1:37)△増渕樹

【決勝】

高木海帆○優勢[指導3]△熊代佑輔

※ eJudoメルマガ版6月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.