PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

濵田尚里が全試合一本勝ちで優勝、代表経験者の緒方亜香里と佐藤瑠香はともに初戦敗退に終わる・全日本選抜柔道体重別選手権78kg級レポート

(2015年6月1日)

※ eJudoメルマガ版6月1日掲載記事より転載・編集しています。
濵田尚里が全試合一本勝ちで優勝、代表経験者の緒方亜香里と佐藤瑠香はともに初戦敗退に終わる
全日本選抜柔道体重別選手権78kg級レポート
eJudo Photo
1回戦、高橋ルイが佐藤瑠香をGS延長戦の裏投「一本」で下す

世界選手権で唯一2大会連続メダルがなく、極端な苦戦が続くこの階級。その苦境を象徴するかのように、世界大会で代表を経験した大物2人がともに初戦敗退。

昨年の代表佐藤瑠香(コマツ)は階級を上げたばかりの高橋ルイ(和歌山県庁)に敗退。ケンカ四つの高橋に対してGS延長戦32秒、右大腰を仕掛けたところに思い切り右大腰を食って一本負けを喫した。

戦術性の低さやメンタルの波の大きさが指摘され続けて来た佐藤だが、グランドスラム東京、そしてグランプリ・デュッセルドルフと2大会連続で変身を予感させる好パフォーマンスを披露していた。関係者の期待も高まっていたはずだが、しかしその内容の良さも国際大会での明確な勝利、あるいは選抜体重別の優勝という結果を土台に評価さるるべきものだったはず。世界選手権で2大会連続代表を務め、そして表彰台に上がることが出来なかった佐藤が3度目のチャンスを勝ち取るには結果、内容ともに「満点」が求められる状況だった。この敗戦によって、内容を顧みるところまで選考順位を上げられなかった佐藤は勿論世界選手権の代表も逃し、一旦キャリアはリセットされた感あり。まさしく一からやり直すこととなった。

eJudo Photo
1回戦、濵田尚里が緒方亜香里を豪快な内股「一本」で下す

そして緒方亜香里は濵田尚里(自衛隊体育学校)に僅か58秒、思い切り右内股を食って一本負け。緒方はグランプリ・デュッセルドルフでは直前に市販の風邪薬を服用し、しかも同行の田知本遥にそれを勧めて「巻き添え」を作ってしまうという失態を犯して出場辞退。それでも出場を許されたこの大会には期するものがあったはずだが、汚名挽回を狙った跳ねるような元気の良さは腰の高さへと変換され、突進意欲は雑な組み手を生むこととなった。敗着の場面は腰を横抱きにしたところに一発食ったという、相手の力が100%出る形を自ら作り出した形のエクスキューズ少ないものであった。今大会の勝利で少しでも失敗を取り戻そうとした緒方だが、この敗戦でむしろその「うっかり」の印象は増幅されてしまった感あり。結果、内容ともに得るもののない敗戦だった。濵田は昨年の全日本実業個人決勝に続き、緒方からともに一本勝ちで2連勝。

eJudo Photo
準決勝も濵田は順調。高橋ルイの腕を半ば極めながら抑え込み「一本」

決勝に進出したのはともに充実の勝ち上がりを見せた濵田尚里(自衛隊体育学校)と高山莉加(三井住友海上)。

濵田は前述の通り1回戦で緒方亜香里を内股「一本」に仕留め、準決勝では前戦で佐藤瑠香を破った高橋ルイを崩すと得意の寝技に持ち込み、腕緘に肘を極めながらの横四方固「一本」(1:23)で勝ち抜け決定。動き良く、一発の破壊力と固技の強さという自身の長所を如何なく発揮しての決勝進出。

eJudo Photo
1回戦、高山莉加が堀歩未を大腰「一本」

eJudo Photo
準決勝、高山は梅木真美も大内刈「一本」に仕留め絶好調

一方の高山も1回戦はこのところ試合ぶり充実の堀歩未(鹿屋体育大2年)を大腰「一本」(2:44に仕留め、そして準決勝は緒方と佐藤の対抗馬と目された梅木真美(環太平洋大3年)を相手に素晴らしい試合を展開。ケンカ四つの梅木との腰の差し合いに堂々応じて右大腰と右内股を連発し、最後は内股を耐えさせておいての右大内刈「一本」(1:21)に斬り落とす。一本勝ちの場面はもちろんだが、パワーが売りの梅木を地力の高さと威力のある技で沈黙させる力強い試合振りは出色であった。

eJudo Photo
決勝、高山の大外返。濵田は頭から着地、次いで腹這いに落ちて難を逃れる

eJudo Photo
濵田が腕を抱えながら突進、勢いが着きすぎて両者一回転し「待て」

絶好調同士の2人による決勝は濵田、高山ともに右組みの相四つ。濵田は開始するなり右払腰、ドスンと音がするような重たい一撃で高山を伏せさせる。高山も両襟を高く握って右内股、さらに一方的に引き手の袖を得る完璧な組み手から思い切った右内股と放って展開を譲らず。両袖の攻防となった直後の1分7秒に高山に意外な「指導」が与えられたものの双方が撃ち合う展開は止まらず。1分50秒、濵田が相手の裏側から釣り手を頭裏に入れるクロス組み手から思い切った右大外刈。しかし釣り手の握りが十分でなかったことと軸足が相手の右に離れすぎたことで力が伝わり切らず、その場に踏みとどまった高山は足を高く刈り上げて大外返。濵田大きく宙に浮き、脚が高く揚がって一回転。しかし勢いがつきすぎ、この技は縦に後方回転した濵田が腹から畳に落ちてノーポイント。

絶体絶命の危機を回避した濵田だが、その攻撃意欲は減退せず。続く展開でもクロスの右大外刈で高山を崩し、崩すなり腕緘を狙いながら前進して押し込む。押し込んだ瞬間腕の拘束が外れ、勢いのついた双方が一回転して立ち上がり「待て」。
一方の高山も2分過ぎに奥襟を叩いて思い切り良く右内股、さらに崩れた濵田を捻じ伏せんと右大外刈で追う骨太の攻め。これを受けて2分17秒濵田に「指導1」。

eJudo Photo
濵田の大外巻込が「技有」

直後、引き手を得た濵田は釣り手を相手の頭裏から入れながら右大外刈。左手がフリーの高山バランスをとって耐えようとしたが、濵田は真裏に進みながら巻き込みの形で体を捻って安定を確保。回避の手だてを変えて相手を抱えようとした高山をそのまま投げ切り、大外巻込「技有」、2分25秒。そのまま袈裟固に抑え込んで合技「一本」で見事選抜体重別初優勝を決めた。

「今日は優勝するつもりでやって来た。勝てて良かった」と試合後のインタビューで涙を見せた濵田はなんと全試合一本勝ちでの優勝。サンボでユニバーシアードに優勝し絶対の自信を持つ固技をバックグラウンドに、投げ、組み手、際の判断とディティールにまで地力の高さと強気が染みこんだ、濵田らしい柔道での優勝だった。決勝に関して言えば、一度大外刈を返され掛かりながら、再度仕掛けて取り切った勇気も見事。投げるためにはリスクを冒さねばならない、その決意に正当なリターンを得たという形の勝利だった。

世界選手権にはこれまでの実績が考慮され、昨年アジア大会代表を務めて2月のヨーロッパオープン・オーバーヴァルトで優勝した梅木が初選出された。

とはいえ選に漏れた濵田と高山は地力十分。濵田は昨年のヨーロッパオープングラスゴーで優勝、今年2月のヨーロッパオープン・オーバーヴァルトでも2位(直接対決で梅木に敗退)、高山は2月のヨーロッパオープンソフィアで優勝と国際大会への適性も示しており、歯車がひとつ噛み合えば十分世界選手権の選考の俎上に上がっておかしくない情勢でもあった。実力明らかながら力を発揮できない緒方、連続で代表を務めて来た佐藤、そして初代表に挑む梅木といずれもまだ来年に向けて決定的な成績を残せておらず78kg級のリオ五輪代表戦線はどう転ぶかわからない情勢。濵田と高山は、以後確実に派遣されるであろう国際大会にしっかり勝って再挑戦への基盤を固めたいところだ。

梅木はこの日不調であったが、昨年のアジア大会、そして今年の欧州シリーズで見せた通り地力は十分。強豪居並ぶ78kg級の上位戦線にどこまで食い込めるか、世界選手権での健闘を祈りたい。

eJudo Photo
優勝の濵田尚里

【入賞者】

優 勝:濵田尚里(自衛隊体育学校)
準優勝:高山莉加(三井住友海上)

濵田尚里選手のコメント
「今日は優勝するつもりでやって来ました。勝てて良かった。応援してくださった自衛隊の皆さんに感謝です。夢は世界選手権の代表になること。これからも頑張ります」

佐藤瑠香選手のコメント
「実力不足。自分の組み手になれず、敢えて言えばGS延長戦で1回持てただけ。それまではすぐ足を入れられてしまって、形が作れなかった。どういう柔道をやる選手かはわかっていたのに負けた。それが全てです」


【一回戦】

高橋ルイ(和歌山県庁)○GS裏投(GS0:32)△佐藤瑠香(コマツ)
濵田尚里(自衛隊体育学校)○内股(0:59)△緒方亜香里(了徳寺学園職)
梅木真美(環太平洋大3年)○優勢[指導2]△泉真生(山梨学院大1年)
高山莉加(三井住友海上)○大腰(2:44)△堀歩未(鹿屋体育大2年)

【準決勝】

高山莉加○大内刈(1:21)△梅木真美
濵田尚里○横四方固(1:23)△高橋ルイ

【決勝】

濵田尚里○合技[大外巻込・袈裟固](2:42)△高山莉加

※ eJudoメルマガ版6月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.