PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]田知本と山部はともにユースンに敗れる、新井も優勝ならず3位・ワールドマスターズラバト最終日女子入賞者、日本選手勝ち上がり

(2015年5月25日)

※ eJudoメルマガ版5月25日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]田知本と山部はともにユースンに敗れる、新井も優勝ならず3位
ワールドマスターズラバト最終日女子入賞者、日本選手勝ち上がり
24日に最終日を迎えたワールドマスターズ・ラバト大会、女子は70kg級、78kg級、78kg超級の重量3階級の競技が行われた。

日本勢は78kg超級に田知本愛(ALSOK)と山部佳苗(ミキハウス)、70kg級に新井千鶴(三井住友海上)とアスタナ世界選手権の代表3人を投入。田知本は準決勝で、山部は決勝でそれぞれユー・スン(中国)に敗れて3位と2位。新井も予選ラウンドで昨年フランス代表を務めたファニー・エルテルポスヴィトに「指導2」対「指導1」で敗れ3位に終わった。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

※この記事に海外選手名表記は全日本柔道連盟のリリースに拠っています

■ 70kg級
【入賞者】
1.POLLING, Kim(NED)
2.ALVEAR, Yuri(COL)
3.ARAI, Chizuru(JPN)
3.POSVITE, Fanny Estelle(FRA)
5.EMANE, Gevrise(FRA)
5.GRAF, Bernadette(AUT)
7.BOLDER, Linda(ISR)
7.TSEND AYUSH, Naranjargal(MGL)

【日本選手勝ち上がり】

日本代表選手:新井千鶴(三井住友海上)
成績:3位

[1回戦]
新井千鶴○横四方固△ニヤング(モロッコ)
[2回戦]
新井千鶴△優勢[指導2]○ポスヴィットゥ(フランス)
[敗者復活戦]
新井千鶴○縦四方固△ツェンドアユシュ(モンゴル)
[3位決定戦]
新井千鶴○優勢[指導1]△グラフ(オ-ストリア)

■ 78kg級
【入賞者】
1.HARRISON, Kayla(USA)
2.POWELL, Natalie(GBR)
3.MALZAHN, Luise(GER)
3.TCHEUMEO, Audrey(FRA)
5.STEENHUIS, Guusje(NED)
5.VERKERK, Marhinde(NED)
7.JOO, Abigel(HUN)
7.TURKS, Victoriia(UKR)

※日本代表選手の派遣なし

■ 78kg超級
【入賞者】
1.YU, Song(CHN)
2.YAMABE, Kanae(JPN)
3.KONITZ, Franziska(GER)
3.TACHIMOTO, Megumi(JPN)
5.CHEIKH ROUHOU, Nihel(TUN)
5.IAROMKA, Svitlana(UKR)
7.MA, Sisi(CHN)
7.ORTIZ, Idalys(CUB)

【日本選手勝ち上がり】

日本代表選手:山部佳苗(ミキハウス)
成績:2位

[1回戦]
山部佳苗○払腰△ザンボッティ(メキシコ)
[2回戦]
山部佳苗○優勢[指導1]△チコローフ(チュニジア)
[準決勝]
山部佳苗○内股△イアロンカ(ウクライナ)
[決勝]
山部佳苗△優勢[指導3]○ユ・ソン(中国)

日本代表選手:田知本愛(ALSOK)
成績:3位

[1回戦]
田知本愛○合技△セリック(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
[2回戦]
田知本愛○崩上四方固△コニッツ(ドイツ)
[準決勝]
田知本愛△優勢[指導2]○ユ・ソン(中国)
[3位決定戦]
田知本愛○優勢[技有・内股]△チコローフ(チュニジア)

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版5月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.