PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

王子谷剛志と七戸龍を連破、原沢久喜が堂々の初優勝・全日本柔道選手権

(2015年4月29日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
王子谷剛志と七戸龍を連破、原沢久喜が堂々の初優勝
全日本柔道選手権
eJudo Photo
決勝、原沢久喜が七戸龍の右大内刈を返して「有効」

体重無差別で柔道日本一を争う全日本柔道選手権は29日、日本武道館で行われ、原沢久喜(日本中央競馬会)が初優勝した。

原沢は二回戦で橋本憲宗(岩手県警)を内股「一本」(2:24)、三回戦で神谷快(筑波大3年)を「指導4」の反則(4:48)で退ける上々の立ち上がり。準々決勝は高橋和彦(新日鐵住金)の徹底警戒を掻い潜って鮮やかな内股「一本」(3:41)で勝ち抜き、準決勝で昨年度王者王子谷剛志(旭化成)と対戦。

過去幾度も苦杯を喫しているライバル相手のこの試合は、前に出てくる王子谷を足技で蹴り崩し、さらに片足の技の返しを狙う相手に対して両足を畳に踏ん張っての右釣込腰を連発。王子谷が「研究されていることを肌で感じた」と戦後語った鬼気迫る試合振りで3つの「指導」を奪って優勢勝ちを果たす。

決勝は前戦で絶好調の西潟健太(旭化成)を小外刈「一本」で破った七戸龍(九州電力)と対決。この試合は接近戦を挑む原沢の膂力を持て余した七戸が1分6秒に「首抜き」を犯し「指導1」、さらに原沢の頭を押さえつけて膠着を演出したブロッキングの咎で1分40秒に「指導2」と序盤に立て続けに反則を受ける。リードを得た原沢は引き手で七戸の襟を突き、距離を出し入れしながら冷静に試合を進行、4分8秒には七戸が釣り手をクロスに入れながら放った抱き着きの右大内刈を返して決定的な「有効」を奪取。そのまま隙を見せずに時間を使い切って「有効」優勢で勝利、見事悲願の日本一を達成した。

eJudo Photo
初優勝の原沢久喜

原沢は「優勝することだけを考えてました。綺麗な柔道ではなかったですが、気持ち、執念で戦った」とコメント。「2年前(準優勝)は実力からすると出来過ぎて、その時の結果に向かって実力を付けていくという葛藤があった。」とライバル達が次々頭角を現す中での2年間を振り返り、優勝の喜びを噛み締めていた。

入賞者と全試合の結果は下記。

【入賞者】

優勝:原沢久喜(日本中央競馬会)
準優勝:七戸龍(九州電力)
第三位:王子谷剛志(旭化成)、西潟健太(旭化成)
第五位:高橋和彦(新日鐵住金)、上田轄麻(明治大4年)、石井竜太(日本中央競馬会)、上川大樹(京葉ガス)

eJudo Photo
準々決勝、原沢久喜が高橋和彦から内股「一本」で勝利

【一回戦】

垣田恭平(旭化成)○優勢[判定3-0]△瀧田真太郎(道都大4年)
橋本憲宗(岩手県警)○反則[指導4](3:45)△猪又秀和(東京学館新潟高教)
岩田勝博(兵庫県警)○支釣込足(1:12)△江藤大暁(福岡県警)
香川大吾(東海大1年)○優勢[判定2-1]△田中大貴(新日鐵住金)
山下諒輔(静岡県警)○合技[大外刈・大外刈](3:11)△法兼真(新田高教)
野村幸汰(三光不動産)○優勢[判定2-1]△西村久毅(敦賀高教)
長尾翔太(兵庫県警)○優勢[僅差]△青山正次郎(福岡県警)
鈴木誉広(ALSOK)○横四方固(3:11)△佐藤大地(羽黒高教)
海老泰博(旭化成)○背負投(4:30)△形部安彦(香川県警)
穴井亮平(東海大熊本星翔高教)○優勢[判定3-0]△鰐渕良則(愛知県警)

【二回戦】

木下泰成(兵庫県警)○優勢[判定3-0]△熊代佑輔(ALSOK)
高橋和彦(新日鐵住金)○大外落(4:35)△垣田恭平(旭化成)
神谷快(筑波大3年)○谷落(3:53)△増渕樹(旭化成)
原沢久喜(日本中央競馬会)○内股(2:24)△橋本憲宗(岩手県警)
井上貴裕(ALSOK)○横四方固(1:44)△中西努(神奈川県警)
王子谷剛志(旭化成)○合技[浮落・横四方固](3:55)△岩田勝博(兵庫県警)
香川大吾(東海大1年)○崩上四方固(5:49)△下和田翔平(京葉ガス)
上田轄麻(明治大4年)○払巻込(1:51)△山下諒輔(静岡県警)
ウルフアロン(東海大2年)○優勢[僅差]△田中源大(明治大1年)
西潟健太(旭化成)○袈裟固(3:17)△野村幸汰(三光不動産)
小野卓志(了徳寺学園職)○内股(1:51)△高橋良介(警視庁)
石井竜太(日本中央競馬会)○大外刈(2:19)△長尾翔太(兵庫県警)
百瀬優(旭化成)○内股(4:08)△奥村達郎(日本エースサポート)
上川大樹(京葉ガス)○合技[内股・横四方固](0:42)△鈴木誉広(ALSOK)
七戸龍(九州電力)○合技[大外刈・袈裟固](2:42)△海老泰博(旭化成)
穴井亮平(東海大熊本星翔高教)○優勢[技有・出足払]△赤迫健太(新日鐵住金)

【三回戦】

高橋和彦○優勢[僅差]△木下泰成
原沢久喜○反則[指導4](4:48)△神谷快
王子谷剛志○優勢[僅差]△井上貴裕
上田轄麻○優勢[技有・支釣込足]△香川大吾
西潟健太○浮落(4:46)△ウルフアロン
石井竜太○優勢[僅差]△小野卓志
上川大樹○優勢[判定3-0]△百瀬優
七戸龍○優勢[有効・大内刈]△穴井亮平

【準々決勝】

原沢久喜○内股(3:41)△高橋和彦
王子谷剛志○優勢[有効・出足払]△上田轄麻
西潟健太○合技[払腰・横四方固](1:26)△石井竜太
七戸龍○大内刈(0:12)△上川大樹

【準決勝】

原沢久喜○優勢[僅差]△王子谷剛志
七戸龍○小外刈(3:01)△西潟健太


【決勝】

原沢久喜○優勢[有効・大内返]△七戸龍

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月29日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.