PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

78kg超級に「2人枠」適用、世界選手権女子代表決まる

(2015年4月19日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月19日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
78kg超級に「2人枠」適用、世界選手権女子代表決まる
eJudo Photo

19日に行われた皇后盃女子柔道選手権大会終了後に開かれた全日本柔道連盟強化委員会で、アスタナ世界選手権(8月24日~30日、カザフスタン・アスタナ)の女子日本代表選手の残り2名が決定され、即日発表された。

78kg超級の代表選手は皇后盃に優勝した田知本愛(ALSOK)。全階級通じた残り1名の「2枠目」選手も78kg超級の山部佳苗(ミキハウス)が選ばれた。

南條充寿女子日本代表監督は「金メダルを獲る確率が高い階級を考えた」と78kg超級への2枠目割り当ての理由を説明。橋本優貴(コマツ)が候補に挙がっていた52kg級との比較については、「1年回の国際大会の成績と、海外のライバル達(との力関係)を考えた」とした。

最終決定した世界選手権代表選手は下記。

■ 女子日本代表

48kg級 浅見八瑠奈(コマツ)、近藤亜美(三井住友海上)
52kg級 中村美里(三井住友海上)
57kg級 松本薫(ベネシード)
63kg級 田代未来(コマツ)
70kg級 新井千鶴(三井住友海上)
78kg級 梅木真美(環太平洋大3年)
78kg超級 田知本愛(ALSOK)、山部佳苗(ミキハウス)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月19日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.