PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

決勝はIHの再戦、坂上綾が「指導1」の優勢で常見海琴との撃ち合いを制す・全国高等学校柔道選手権52kg級レポート

(2015年4月15日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月15日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
決勝はIHの再戦、坂上綾が「指導1」の優勢で常見海琴との撃ち合いを制す
全国高等学校柔道選手権52kg級レポート
eJudo Photo
2回戦、坂上綾が河村双葉を寝技で攻める

決勝に進んだのは第1シードの坂上綾(兵庫・夙川学院高)と第2シードの常見海琴(埼玉・埼玉栄高)。昨夏のインターハイ48kg級決勝の再戦となる、本命同士の対決となった。

インターハイ王者の坂上は2回戦で河村双葉(山口・西京高)を崩上四方固「一本」(1:09)、3回戦では田北明日香(徳島・徳島北高)を「指導1」の優勢で破り、準々決勝では前戦で浅岡美名(愛知・大成高)に一本勝ちしている安永陽菜乃(島根・明誠高)を袖釣込腰「一本」(1:34)に斬って落とす。準決勝では、2回戦で阪部りり子(和歌山・紀央館高)、準々決勝で鈴木茉莉(静岡・藤枝順心高)の強敵2人をいずれも縦四方固「一本」で下している福添みのり(長崎・長崎明誠高)を大外刈「一本」(2:54)に仕留めて決勝進出決定。坂上らしく大技を決めまくり、4試合で3つの「一本」をマークする素晴らしい出来。この決勝で全国大会2連勝に挑む。

eJudo Photo
準決勝、常見海琴が大外刈で仲田奈央を攻める

一方の常見は2013年世界カデ選手権の覇者にして13年、14年と全日本カデを連破している猛者。この日は2回戦で後藤ひかる(茨城・つくば秀英高)に「指導2」優勢、3回戦は上原万智子(長野・松商学園高)を崩袈裟固「一本」(2:33)、準々決勝は島谷真央(広島・広島皆実高)を袈裟固「一本」(2:55)に仕留め、昨年の全日本カデ決勝の再戦となる準決勝は仲田奈央(桐蔭学園高)を「指導1」で退けての勝ち上がり。この決勝で悲願の高校カテゴリ初制覇を狙う。

eJudo Photo
決勝序盤に常見が右大外刈、坂上は右背負投に変換する

決勝は坂上、常見ともに右組みの相四つ。

ともに引き手を求める探り合いから常見が抜け出し、釣り手を奥襟に入れながら思い切り良く右大外刈。足を引っ掛けられた坂上は反転して担ぐ形で回避し、伏せた坂上を常見が「手三角」に近い形で攻め掛けたところで「待て」。経過時間は19秒。

再び互いに引き手で袖を持ち合った探り合いの中から、常見は一瞬釣り手をフリーにすると相手を引き寄せながら奥襟を叩き、同時に跳ねるように右大外刈。坂上が体をずらして逃れるとさらに得意の左大腰に繋いで投げに掛かる。坂上は右の巻き込みの形で腰を入れ、急場を凌いで「待て」。経過時間は50秒、ここまでは常見が攻勢。

eJudo Photo
常見の左大腰、坂上載りかかるが回避

eJudo Photo
常見が袖を一方的に確保、しかしこれに反則が宣告されることとなる

続く展開、引き手で襟を持った坂上が高い右背負投。しかし坂上に「背負い抜け」をやらせる形でクルリと抜けて正対した常見は間を置かずに打点の高い左大腰を放つ。常見らしい思い切りの良い一撃だが坂上は伏せて回避、常見が再び頭側から腕を潜らせて坂上の顎を抱えたところで「待て」。経過時間は1分13秒。

再開直後、坂上が一息に釣り手で奥襟を得るが、常見すかさず切り離して距離を取り直す。常見は動きを切らずに引き手で右袖を確保、相手の腹側に押し込んで一方的に自分だけが組む形を作って形勢優位。しかし主審はこの行為に「袖口を絞る」反則を適用、試合を止めて常見に「指導」を宣告する。経過時間は1分32秒、残り時間は1分28秒。

奮起した常見は右大内刈で相手を捕まえると反時計回りに捻って坂上を伏せさせる。そして1分50秒には組み際に常見が右大内刈、捌いた坂上が右大内刈で応じ、これを常見が右大外刈で迎え入れるという激しい撃ち合いが現出。いずれも「一本」を想起させる大技の応酬に観衆固唾を呑んでその行方を見守る。

eJudo Photo
常見の左釣腰を坂上が返し掛けて「待て」

坂上前に出ると常見は迎え入れながら引き手を背中に回して帯を掴み、左釣腰。坂上はその背に載りかかるが、常見が崩れ、坂上が返し掛かって「待て」。残り時間は52秒。

常見が思い切り奥襟を叩くと強気の坂上は返す刀で釣り手をクロスに入れて被り返す異次元の強気の対応、逆に常見を伏せさせる。2分30秒過ぎには奥襟を掴んだ常見が右大内刈、しかし坂上は前に出ながら大内返の形で常見を捻って伏せさせる。この時間帯は常見の強気に対してそれ以上の強気で応じる坂上という構図が続き、試合は拮抗継続、スコアは動かず。

eJudo Photo
常見が左腰車、その右手が切れたところでタイムアップ

2分50秒、坂上の右背負投の戻りに合わせて常見が左腰車。残り時間から考えて明らかに最後の攻防となるこの技は、常見の右手が切れて力が届き切らず両者崩れて「待て」。

ここで試合は終了。坂上が「指導1」の優勢を以て勝利し初優勝決定、インターハイに続く高校カテゴリ2大会連続優勝を飾ることとなった。

決勝はまさしく小差。いかにもこの2人らしいノーガードの撃ち合いは見応え十分、どちらかが投げて勝負を決めるまで徹底的に戦わせてあげたい好試合であった。主審の「指導」は妥当な判断であったが、IJFルールの不粋さを感じさせる一番であったとも評しておきたい。特に、常に先手を取って攻勢を得ていた常見にとっては酷すぎる結末であった。

坂上は苦しい試合をモノにしての勝利。特に常見の大技と強気の組み手に対して、凌ぐのではなく投げ返しに行くことで戦線の後退を防いだ後半戦の戦いぶりは真骨頂であった。長い手足を利しての懐の深い受けとバランスの良さ、そして遠間から一息に相手を仕留める大技と持ち味を十分に発揮しての優勝だった。

eJudo Photo
優勝の坂上綾

【入賞者】

優 勝:坂上綾(兵庫・夙川学院高)
準優勝:常見海琴(埼玉・埼玉栄高)
第三位:福添みのり(長崎・長崎明誠高)、仲田奈央(神奈川・桐蔭学園高)
敢闘賞:安永陽菜乃(島根・益田永島学園明誠高)、鈴木茉莉(静岡・藤枝順心高)、島谷真央(広島・広島皆実高)、伊澤星花(栃木・作新学園高)

坂上綾選手のコメント
「インターハイが終わってからスランプで、中学生にも投げられてしまう状態。今日は決勝に行けるとも思っていませんでした。先生がすごく心配してくださったので、勝って恩返しが出来て良かったです。決勝戦は紙一重で、どちらが勝ってもおかしくない試合。もっと強くならなければと思いました。」

【準々決勝】

坂上綾○袖釣込腰(1:34)△安永陽菜乃
福添みのり○縦四方固(0:48)△鈴木茉莉
常見海琴○袈裟固(2:25)△島谷真央
仲田奈央○優勢[指導2]△伊澤星花

【準決勝】

坂上綾○大外刈(2:54)△福添みのり
常見海琴○優勢[指導1]△仲田奈央

【決勝】

坂上綾○優勢[指導1]△常見海琴

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月15日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.