PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

古賀玄暉が初優勝、一発の魅力と競り合いの強さをふたつながら発揮・全国高等学校柔道選手権60kg級レポート

(2015年4月11日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月11日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
古賀玄暉が初優勝、一発の魅力と競り合いの強さをふたつながら発揮
全国高等学校柔道選手権60kg級レポート
eJudo Photo
準々決勝、古賀玄暉が平沼大和から背負投「有効」

決勝に進んだのは古賀玄暉(愛知・大成高)と菅原大斗(新潟・豊栄高)、ともに今大会はノーシードからスタートした両選手。

もと全国中学大会55kg級王者の古賀は優勝候補2人を倒しての決勝進出。1回戦は関勝利(栃木・白鴎大足利高)を「指導1」優勢、2回戦は園田悠太(熊本・九州学院高)を大内刈「一本」(1:54)で破ると、勝負どころの3回戦では今大会第1シードで昨年の全日本カデ王者山本達彦(神奈川・東海大相模高)と対戦。同大会では敗れている(巴投「有効」)相手に対し、所謂「ボーアンドローチョーク」※を決めて会心の一本勝ち(1:59)。準々決勝は平沼大和(群馬・常盤高)を右一本背負投「有効」で破り、準決勝ではシード選手小島隆二郎(愛媛・新田高)の小外掛を鮮やかに切り返し浮落「一本」(1:01)。見事決勝への勝ち上がりを決めて来た。

eJudo Photo
決勝に挑む菅原大斗。準々決勝と準決勝は豪快な「一本」で試合を決めて来た。

一方の菅原は尻上がりに調子を上げての決勝進出。1回戦は野﨑光誠(香川・高松商高)を「技有」優勢、2回戦は加藤輝(鹿児島・明桜館高)をGS延長戦「指導1」(GS1:39)、3回戦は渡部禄也(福島・田村高)を「指導1」優勢と苦しい試合が2戦続いたが、準々決勝ではアジアカデ選手権55kg級王者羽田野航(三重・四日市中央工高)を大腰「一本」(0:25)、さらに準決勝では優勝候補の第2シード選手杉本大虎(東京・日体荏原高)を支釣込足「一本」(1:57)で一蹴。会場のため息を誘う強さを見せつけて決勝進出決定。

eJudo Photo
菅原が巴投で展開を切る

eJudo Photo
古賀が右小内刈で攻める

決勝は古賀、菅原ともに右組みの相四つ。古賀は釣り手で奥襟を持って横変形に構え、菅原はその釣り手をずらして対峙。30秒過ぎに古賀は引き手で菅原の腕を抱き込む大チャンスを迎えるが、菅原が先に巴投を仕掛けてこの優位はリセット。1分過ぎまでは差のつかない試合が続く。古賀は「待て」が掛かると手指を曲げ伸ばす動作を見せ、疲労の蓄積ゆえか握力に問題がある印象。

しかし1分を過ぎたところで古賀が引き手で襟を掴んでの右大外刈、さらに座り込みの右小内刈で菅原を崩し、すかさず横三角で攻める連続攻撃を見せる。動きの少ない試合に差をつけるべく、主審はこのシークエンスを受けて菅原に「指導」を宣告する。経過時間は1分16秒、残り時間は1分44秒。

eJudo Photo
終盤、菅原の左への担ぎ技を古賀は右内股に吸収

古賀は優位を確定すべく釣り手で奥襟を掴んだ横変形を志向、菅原は片手の右袖釣込腰で攻めつつ逆転のきっかけを探るが、古賀は1分30秒過ぎに右小内巻込、さらに右払巻込と山場を作って菅原にその暇を与えない。
菅原が前2戦で見せた地力の高さと一発を出す場面を与えられないまま試合は残り1分。古賀は菅原が放った片襟の右背負投を捌くと横三角を狙って寝技でじっくり時間を使い、残り30秒過ぎに放たれた左背負投も内股に変換して、腕挫十字固を狙いながら時計の針を進める。

この寝勝負の展開が終わったところで残り時間は僅か6秒。古賀は奥襟確保と上下のあおりという半ばブロッキングに近い攻撃的守備で菅原の反撃を封じ、あっという間に試合は終了。

菅原の一発を封じた古賀に凱歌。「指導」1つの優勢を以て、古賀の高校カテゴリ初優勝が決まった。

決勝は小差であったが、地力十分の菅原に何もさせなかった戦術眼と、手の筋肉に問題を抱えながらきっちり山場を作った勝負師ぶりは見事。山場と目された3回戦の山本達彦戦、準決勝の小島隆二郎戦をいずれも「一本」で勝ち抜くなど、ここ一番での爆発力と競り合いの強さ、長所を二つながらに発揮した形での優勝だった。


※公式記録は片羽絞

eJudo Photo
優勝の古賀玄暉

【入賞者】

優 勝:古賀玄暉(愛知・大成高)
準優勝:菅原大斗(新潟・豊栄高)
第三位:小島隆二郎(愛媛・新田高)、杉本大虎(東京・日体荏原高)
敢闘賞:平沼大和(群馬・常盤高)、茂木才跡(長野・松本第一高)、森田将矢(宮崎・宮崎日大高)、羽田野航(三重・四日市中央工高)

古賀玄暉選手のコメント
「3回戦から手の筋肉が攣ってしまい、自分の柔道が出来なかった。これまで県の大会などでも時々あったことですが、緊張もあったと思います。ただ、自分の柔道が出来ないなりに、小内刈や大腰など最近練習している技が出せたのは良かった。本当は2人で優勝したかったけど、今日はいつも先に優勝している兄(73kg級の古賀颯人)の一歩上に行けました。夢はオリンピックで勝つことですが、それまでにまず全国の試合に全部出て、全部優勝したい」

【準々決勝】

古賀玄暉○優勢[有効]△平沼大和
小島隆二郎○優勢[有効]△茂木才跡
杉本大虎○GS指導1(GS1:47)△森田将矢
菅原大斗○大腰(0:25)△羽田野航

【準決勝】

古賀玄暉○浮落(1:01)△小島隆二郎
菅原大斗○支釣込足(1:57)△杉本大虎

【決勝】

古賀玄暉○優勢[指導1]△菅原大斗

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月11日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.