PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

海老沼匡が攻撃柔道貫き優勝、パーク24勢が3階級全てを制覇・全日本選抜柔道体重別選手権最終日男子

(2015年4月5日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
海老沼匡が攻撃柔道貫き優勝、パーク24勢が3階級全てを制覇
全日本選抜柔道体重別選手権最終日男子
eJudo Photo
66kg級決勝、海老沼匡が高市賢悟から腰車「有効」で先制

全日本選抜柔道体重別選手権大会は5日、福岡国際センター(福岡市)で最終日の男女合わせて7階級の競技が行われ、男子は60kg級、66kg級、73kg級の軽量3階級の競技が行われた。

男子66kg級は海老沼匡(パーク24)が優勝。1回戦では吉田惟人(神奈川県警)との撃ち合いを袖釣込腰「一本」で制し、準決勝では竪山将(鹿屋体育大2年)を一本背負投と小内刈で投げつけて2つの「有効」を奪い快勝。昨年この大会で苦杯を喫した高市賢悟(東海大4年)相対した決勝では2分7秒に左内股から腰車と繋いだ大技の連続攻撃で「有効」を奪取。このままリスクなく試合をまとめても文句のないところだったが、左内股に支釣込足、右の一本背負投とあくまで攻め続けて、残り10秒に放った左背負投で高市を叩き付け「技有」追加。さらに相手の腕を腕挫十字固で極めたところでタイムアップ。投技「一本」が持ち味の自身の魅力を存分に発揮した上で、優勝という文句なしの結果を挙げて見せた。

大会後の強化委員会で、海老沼は8月の世界選手権代表に選出。4連覇の偉業への挑戦権を得た。

海老沼は順当に勝利したが、この日参加した他の世界選手権優勝経験者3人はいずれも決勝に残れなかった

eJudo Photo
73kg級準決勝、橋本壮市が中矢力から大外落「有効」

海老沼は順当に勝利したが、この日参加した他の世界選手権優勝経験者3人はいずれも決勝に残れなかった。

60kg級の高藤直寿(東海大4年)は初戦でケンカ四つの青木大(日体大3年)の長い手足を生かした組み手を攻めあぐね、「指導2」をリードした最終盤に思い切り右内股を食って一本負け。世界選手権代表も逸し、「二本持ってやる、日本の柔道をやろうと意識し過ぎた」とうなだれた。

73kg級の秋本啓之(了徳寺学園職)は一回戦で橋本壮市(パーク24)と対戦、橋本が得意とする一本背負投の形に腕を抱えた左大外落の奇襲をまともに食って「有効」失陥、これを取り戻せずに初戦敗退に終わった。

同じく73kg級の大野将平(旭化成)と中矢力(ALSOK)は準決勝敗退。大野は序盤に橋本に食った左大外落「有効」を取り返せずに優勢負け、中矢は土井健史(ダイコロ)を相手に47秒出足払で「有効」失陥、取り戻そうと前に出た残り14秒で再度の出足払「有効」を食ってトーナメントから脱落した。

60kg級は決勝で第2シードの志々目徹(了徳寺学園職)をGS延長戦の末に下した木戸慎二(パーク24)が優勝。73kg級は秋本と大野を破った橋本がその勢いを決勝に持ち込み、これもGS延長戦「指導3」で土井健史を下して優勝した。

66kg級のグランドスラム東京覇者・阿部一二三(神港学園神港高)は準決勝で高市に後袈裟固「一本」で敗れた。

60kg級の世界選手権代表には志々目、73kg級には中矢が選出されている。

各階級の入賞者と全試合の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級優勝の木戸慎二

【入賞者】

優 勝:木戸慎二(パーク24)
準優勝:志々目徹(了徳寺学園職)

【一回戦】

青木大(日体大3年)○内股(4:28)△高藤直寿(東海大4年)
志々目徹(了徳寺学園職)○優勢[技有・小外掛]△永山竜樹
木戸慎二(パーク24)○裏投(3:36)△藤阪泰恒(國學院大1年)
大島優磨(国士舘大3年)○優勢[指導2]△山本浩史(ALSOK)

【準決勝】

志々目徹○優勢[指導1]△大島優磨
木戸慎二○優勢[指導3]△青木大

【決勝】

木戸慎二○GS指導3(GS0:51)△志々目徹

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級優勝の海老沼匡

【入賞者】

優 勝:海老沼匡(パーク24)
準優勝:高市賢悟(東海大4年)

【一回戦】

海老沼匡(パーク24)○袖釣込腰(3:36)△吉田惟人(神奈川県警)
竪山将(鹿屋体育大4年)○優勢[指導2]△高上智史(旭化成)
高市賢悟(東海大4年)○優勢[指導2]△西山祐貴(日体大3年)
阿部一二三(神港学園神港高3年)○優勢[指導2]△橋口祐葵(明治大3年)

【準決勝】

海老沼匡○優勢[有効・背負投]△竪山将
高市賢悟○後袈裟固(1:30)△阿部一二三


【決勝】

海老沼匡○優勢[技有・背負投]△高市賢悟

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級優勝の橋本壮市

【入賞者】

優 勝:橋本壮市(パーク24)
準優勝:土井健史(ダイコロ)

【一回戦】

中矢力(ALSOK)○合技[内股・袈裟固](3:48)△西岡和志(京葉ガス)
土井健史(ダイコロ)○背負投(0:07)△西山雄希(了徳寺学園職)
橋本壮市(パーク24)○優勢[有効・大外刈]△秋本啓之(了徳寺学園職)
大野将平(旭化成)○優勢[有効・内股]△中村剛教(大阪府警)

【準決勝】

土井健史○優勢[有効・出足払]△中矢力
橋本壮市○優勢[有効・大外落]△大野将平

【決勝】

橋本壮市○GS指導3(GS1:07)△土井健史

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.