PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘高圧勝、副将以降の出動ないまま5年ぶり8度目の優勝決める・全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦

(2015年3月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
国士舘高圧勝、副将以降の出動ないまま5年ぶり8度目の優勝決める
全国高等学校柔道選手権男子団体戦
eJudo Photo
決勝、国士舘高中堅の飯田健太郎が大成・古賀颯人を豪快な『やぐら投げ』で叩き付けて一本勝ち

第37回全国高等学校柔道選手権大会は21日、日本武道館で最終日の団体戦の競技が行われ、男子は国士舘高(東京)が5年ぶり8度目の優勝を飾った。

昨夏のインターハイ優勝メンバーから4人が残って圧倒的優勝候補に挙げられていた同校は、2回戦で津幡高(石川)を3人残し、3回戦で比叡山高(滋賀)を5人残し、準々決勝で神戸国際大附高(兵庫)を3人残し、準決勝では大牟田高(福岡)を3人残しと他を全く寄せ付けずに決勝進出。

決勝では最大のライバルと目された第2シード校の大成高(愛知)と対戦。前衛の2戦を引き分けた後に登場した中堅飯田健太郎が並木泰雅を反則累積差による優勢で破ると、2試合目は副将・古賀颯人を豪快な「やぐら投げ」(公式記録は大腰)で畳に叩き付けて一本勝ち。3試合目は大成の大将・神鳥剛と引き分け、3人残しで勝利を決めた。

国士舘は全試合通じて副将、大将の2人が畳に出動することなく、大将に起用し続けた山田伊織は出場機会がないまま優勝。大会史上稀に見る図抜けた強さを発揮しての勝利だった。決勝の大成高のオーダー順は国士舘対策としては完璧と思われる冴えた並びだったが、地力でこれを弾き返した形の圧勝だった。

入賞者と準々決勝のスコア、準決勝と決勝の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の国士舘高

【入賞者】
優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:大成高(愛知)
第三位:日体荏原高(東京)、大牟田高(福岡)
敢闘賞:神戸国際大附高(兵庫)、新田高(愛媛)、白鴎大足利高(栃木)、天理高(奈良)

最優秀選手賞:飯田健太郎(国士舘高)
優秀選手賞:磯村亮太(国士舘高)、古賀颯人(大成高)、藤原崇太郎(日体荏原高)、浜野大生(大牟田高)

【準々決勝】

国士舘高(東京)○三人残し△神戸国際大附高(兵庫)
大牟田高(福岡)○代表戦△新田高(愛媛)
大成高(愛知)○一人残し△白鴎大足利高(栃木)
日体荏原高(東京)○一人残し△天理高(奈良)

【準決勝】

国士舘高○三人残し△大牟田高
(先)磯村亮太○大内刈(1:12)△立野宏輔(先)
(先)磯村亮太○優勢[有効・小外刈]△坂本崇輔(次)
(先)磯村亮太○縦四方固(2:59)△西山瑠星(中)
(先)磯村亮太△優勢[指導2]○西田将樹(副)
(次)河田闘志○払腰(1:35)△西田将樹(副)
(次)河田闘志×引分×浜野大生(大)
(中)飯田健太郎
(副)竹村昂大
(大)山田伊織

大成高○一人残し△日体荏原高
(先)渡辺神威○優勢[有効]△長井晃志(先)
(先)渡辺神威△袈裟固(2:13)○東部雄大(次)
(次)友田皓太△優勢[有効・隅落]○東部雄大(次)
(中)神鳥剛○小内刈(1:12)△東部雄大(次)
(中)神鳥剛×引分×長井達也(中)
(副)並木泰雅○優勢[有効・浮落]△藤原崇太郎(副)
(副)並木泰雅△優勢[技有・隅落]○松井海斗(大)
(大)古賀颯人○優勢[技有・内股透]△松井海斗(大)

【決勝】

国士舘高○二人残し△大成高
(先)田嶋剛希×引分×前濱忠大(先)
(次)河田闘志×引分×友田皓太(次)
(中)飯田健太郎○優勢[僅差]△並木泰雅(中)
(中)飯田健太郎○大腰(0:47)△古賀颯人(副)
(中)飯田健太郎×引分×神鳥剛(大)
(副)竹村昂大
(大)山田伊織

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.