PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

63kg級のライバル対決は講道館杯王者嶺井美穂に軍配、57kg級はインターハイ王者谷川美歩が「一本」連発で圧勝V・全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦

(2015年3月20日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
63kg級のライバル対決は講道館杯王者嶺井美穂に軍配、57kg級はインターハイ王者谷川美歩が「一本」連発で圧勝V
全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦
eJudo Photo
63kg級決勝、嶺井美穂(右)と鍋倉那美のライバル対決

20日、日本武道館で全国高等学校柔道選手権が開幕。初日は男女それぞれ5階級の個人戦が行われた。

女子63kg級決勝は予想通り第1シードの嶺井美穂(神奈川・桐蔭学園高)対第2シードの鍋倉那美(愛知・大成高)というライバル2人による頂点対決。互いに譲らぬ攻め合いの中、終盤に引き手で襟、釣り手で奥襟を得た嶺井が鍋倉の頭を下げさせて前技を連発。一瞬守勢に回った鍋倉に「指導」が宣告され、これが決勝点となって嶺井が初優勝を決めた。

嶺井は戦後「一番のライバルと決勝で戦えて良かった。鍋倉さんとの試合ではいつも自分の力を全て出せる心の準備をしている」と試合を振り返って笑顔。「選抜体重別では優勝して、世界選手権と五輪を目指したい」と今後に向けて意欲十分の様子だった。

eJudo Photo
57kg級決勝、谷川美歩が舟久保遥香から右内股「有効」

57kg級は昨夏のインターハイを制した谷川美歩(静岡・藤枝順心高)が圧勝優勝。3回戦の泉雅子(埼玉・埼玉栄高)戦の優勢勝ち以外は全て「一本」でトーナメントを駆け上がり、決勝では強豪舟久保遥香(山梨・富士学苑高)と対戦。厳しい組み手が身上の相手に釣り手を落とされたが、持たせたまま一呼吸で右内股に捉えて16秒「有効」奪取。そのまま引き手を離さず左からの横四方固で抑え切り、僅か42秒「一本」で高校カテゴリ2連勝を決めた。

戦後、谷川は「落ち着いて試合が出来るようになった。(インターハイに勝って)相手が対策してくるようになった中で勝ててうれしい」と堂々と受け答え。優勝旗の陰に隠れてはにかみながらインタビューに応えた昨夏に比べ、一段も二段も精神的に成長したという印象だった。

eJudo Photo

48kg級決勝はインターハイ決勝で大激戦を演じた坂上綾(兵庫・夙川学院高)と常見海琴(埼玉・埼玉栄高)による再戦。ノーガードで撃ち合った前回対戦に劣らぬ素晴らしい攻め合いを披露したが、中盤常見が引き手で袖を確保して押し込む良い組み手を作ったところで、主審は常見に袖口を絞った咎で「指導」を宣告。これが命取りとなり、そのまま「指導1」の優勢で坂上が勝利することとなった。

どちらが勝ってもおかしくない、本戦3分で勝敗をつけるのが酷な程の好ゲームだったが、「中学生にも投げられるくらい調子の悪い日が続いた」(本人談)にも関わらず、ライバル常見の技にあくまで退かず投げで応じつづけた坂上の強気がもたらした、全国大会2連続制覇劇だった。

eJudo Photo
70kg級決勝、青柳麗美が中江美裕から支釣込足「有効」

70kg級は大物との噂高かった九州王者青柳麗美がついにブレイクを果たし、全試合一本勝ちで初の全国制覇達成。決勝は中江美裕(愛知・大成高)から「指導2」をリードした残り17秒に身を翻して支釣込足。「有効」を奪うとそのまま崩上四方固でガッチリ抑え込み、6試合連続の「一本」を達成して優勝を決めた。全日本ジュニア王者の杉山歌嶺(東京・修徳高)は準々決勝で吉本朝香(高知・高知高)に跳腰「一本」で敗れた。

eJudo Photo
女子無差別決勝、荒谷莉佳子が鈴木伊織の首を制して抑え込みにかかる

女子無差別の優勝者は昨年3位の荒谷莉佳子(東京・帝京高)。優勝候補筆頭とされた冨田若春(埼玉・埼玉栄高)と戦った準決勝は「指導2」ビハインドの残り31秒に大内返「有効」で逆転、そのまま横四方固に抑え込んで一本勝ち。鈴木伊織(愛知・大成高)との決勝は組みつきながらの小外刈で相手を崩すと一気に首を制し、絞めを効かせながらめくり返して横四方固。この試合も「一本」で決め、5試合全てを一本勝ちという素晴らしい成績で優勝を決めた。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

■52kg級

【入賞者】
優 勝:坂上綾(兵庫・夙川学院高)
準優勝:常見海琴(埼玉・埼玉栄高)
第三位:福添みのり(長崎・長崎明誠高)、仲田奈央(神奈川・桐蔭学園高)
敢闘賞:安永陽菜乃(島根・益田永島学園明誠高)、鈴木茉莉(静岡・藤枝順心高)、島谷真央(広島・広島皆実高)、伊澤星花(栃木・作新学園高)

【準決勝】

坂上綾○大外刈(2:54)△福添みのり
常見海琴○優勢[指導1]△仲田奈央

【決勝】

坂上綾○優勢[指導1]△常見海琴

■57kg級

【入賞者】
優 勝:谷川美歩(静岡・藤枝順心高)
準優勝:舟久保遥香(山梨・富士学苑高)
第三位:林美七海(大阪・東大阪大敬愛高)、栗田ひなの(神奈川・横須賀学院高)
敢闘賞:宮嶋沙知(京都・立命館宇治高)、佐々木愛(福島・好間高)、中垣佑香(福岡・沖学園高)、枠谷菜々(和歌山・箕島高)

【準決勝】

谷川美歩○内股透(2:13)△林美七海
舟久保遥香○優勢[有効]△栗田ひなの

【決勝】

谷川美歩○横四方固(0:42)△舟久保遥香

■63kg級

【入賞者】
優 勝:嶺井美穂(神奈川・桐蔭学園高)
準優勝:鍋倉那美(愛知・大成高)
第三位:田中志歩(山口・聖光高)、小柳穂乃果(福岡・敬愛高)
敢闘賞:荒木穂乃佳(兵庫・夙川学院高)、三浦裕香理(岡山・創志学園高)、佐々木 ちえ(島根・平田高)、佐藤みずほ(東京・藤村女子高)

【準決勝】

嶺井美穂○横四方固(2:00)△田中志歩
鍋倉那美○優勢[指導2]△小柳穂乃果

【決勝】

嶺井美穂○優勢[指導1]△鍋倉那美

■70kg級

【入賞者】
優 勝:青柳麗美(鹿児島・鹿児島情報高)
準優勝:中江美裕(愛知・大成高)
第三位:吉本朝香(高知・高知高)、畠石香花(茨城・土浦日大高)
敢闘賞:杉山歌嶺(東京・修徳高)、中山恵理(岡山・岡山理大附高)、大山ちはる(三重・名張高)、岩佐碧(宮城・東北高)

【準決勝】

青柳麗美○大外刈(2:26)△吉本朝香
中江美裕○GS有効・内股(GS0:17)△畠石香花

【決勝】

青柳麗美○崩上四方固(3:12)△中江美裕

■女子無差別

【入賞者】
優 勝:荒谷莉佳子(東京・帝京高)
準優勝:鈴木伊織(愛知・大成高)
第三位:冨田若春(埼玉・埼玉栄高)、斉藤芽生(大阪・東大阪大敬愛高)
敢闘賞:石田知(山口・高川学園高)、奥本華月(愛媛・新田高)、児玉ひかる(福岡・敬愛高)、松田なみき(和歌山・紀央館高)

【準決勝】

荒谷莉佳子○横四方固(2:44)△冨田若春
鈴木伊織○GS上四方固(GS0:49)△斉藤芽生

【決勝】

荒谷莉佳子○上四方固(1:25)△鈴木伊織

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.