PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー④東海大相模高・高橋洋樹監督

(2015年3月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
④東海大相模高・高橋洋樹監督
全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー
eJudo Photo
東海大相模高・高橋洋樹監督

質はもちろんですが、今年は特に量、稽古量を求めて、ガッチリこの2か月間鍛えてきました。充実した稽古が出来たと思っています。最後の詰めで大きな怪我人も出ませんでしたし、今回は非常に、例年以上に、手応えを感じています。やるべきことをやって、良い仕上がりでここまで来たなと。ただ、なにせ今年は普通の年と違って、相手(国士舘高)が並大抵ではないですからね。

しかし、日本武道館の舞台に「立つこと」が我々の目標ではありません。確かに強い、勝つのは容易ではない。しかし、優勝を目指さなければ出る意味はありません。相手は同じ高校生、勝つ可能性を1%でも上げることを目指して稽古をしてきましたし、選手達が応えてくれて本当に良くなってきました。

1月に島田陸が怪我で離脱し、「島田がいない」という危機感を一人一人が持っています。彼がいないのは本当に痛いですが、そのぶん選手の自覚が引き出されることになったと思います。辻湧人と杢康次郎をポイントゲッターに挙げる方が多いですが、河内優斗が非常に出来上がってきましたし、中尾旭の力もついてきた。個々の地力があがって、どこからでも点が取れるというところでは非常に相模らしいチームになってきたと思っています。

-若潮杯で決勝を戦った国士舘高が頭一つ抜けた優勝候補と言われています

さきほどの話の通り、こちらも点が取れるチームになってきているので、先手を取ることが大事。逆に、取れなければこれは相当厳しい。一気に行かれる可能性もある。今の時点ではまだ力の差はありますが、ただ、ひとつリズムを変えれば面白いですよ。

-カギになるのは?

辻と杢はやはり計算が立ちます。その中で河内、早川佑斗がどこまでやってくれるか。当日このあたりが乗っていければ、チームにもたらすプラスの力は非常に大きい。間違いなく皆さんが面白いと思うような勝負が出来ると思いますよ。人事を尽くして天命を待つ。当日朝までやるべきことをやり、全力を尽くすのみです。これから最後の仕上げですが、高校生はまだまだ変わる。これから、そして当日の試合の中で面白いチームが出来るなという手応えを感じています。一つ、強いチームがある大会と言われていますが、一泡吹かせる試合をしてやろうと思っています。頑張りますよ。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.