PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー③日体荏原高・小久保純史監督

(2015年3月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
③日体荏原高・小久保純史監督
全国高等学校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー
eJudo Photo
日体荏原高・小久保純史監督

大きな怪我をする選手もなく仕上がりは順調ですよ。力はどこも拮抗しているので、当日に持っているものをしっかり出すことさえ出来れば、と思っています。

-現在はどのような稽古をしていますか?

抜き勝負を想定して、抜いた後にメンタルで負けないような稽古をがっちりやっています。もと立ち稽古、スタミナを養う稽古も勿論していますが、メンタルがなにより大事ですから。

この、「力を出す」ということが今回の大きなテーマ。東京予選の決勝(国士舘高戦)では藤原(崇太郎)にせよ、長井(達也)にせよ、これまでの対戦から考えれば悪くても引き分けで終わらなければいけないところで、結果としては負けてしまっている。こうやって個人個人が持てる力を発揮できないと、どんどん差がついてしまう。準決勝(修徳高戦)でも松井(海斗)が取られてしまったし、チームの中で誰かがポカをしてしまっては上には届かない。このチームになって、初めて全国の強い学校と戦えるわけですが、都大会の調子であれば強豪と呼ばれるチームにはどこにも到底勝てません。全国に向けてはこの部分をしっかり調整してきました。徹底的に試合を想定して、ひとつはミスがないように、ひとつは厳しいところで技を掛けに行ける強い精神力を持つために。

もう一つ。チームのまとまりですね。予選ではチームがバラバラでした。抜き勝負は力を合わせて繋ぐことが本当に大事、たとえ負けたとしても役割があるはずなんです。一人一人が責任感を持って戦うことを叩き込んでいます。

実は、一昨日(編注・インタビュー日は3/16)、ようやくキャプテンを決めたんです。今年の代は力はあるが突出してリーダーシップが見える選手がなかなか出て来なくて、敢えて順番にやらせていました。長井達也にやってもらうことにしたのですが、早速かなりの意識を持ってチームをまとめようとしてくれています。ここでチームがどう変わっていくか楽しみです。

ここまでやってきたので、本番は荏原の、本当の力を見せます。というより、本当の力を出してやっと勝負になると思っています。2回戦も3回戦も、ポカをやったら取り戻せない。

-松尾杯と東京予選で激戦を繰り広げてきた優勝候補・国士舘との対戦は意識していますか?

なにしろ二人残しで負けていますから、こちらはチャレンジャーです。同じ地区でやっていて相手の技も試合の仕方もお互いが分かっているというところが、良い方向に働くこともあるしそうでないこともある。一つ先に取られてしまうと本当に隙がないですし、逆にこちらがリードすれば守っていく力は十分あると思っています。選手も、前の結果を「そこまでの差はない」と思っているはずですよ。

ただ、決勝を考えるというよりはもう、一戦一戦しっかり勝ち上がることです。全てのチームを研究しています。

-キーマンとなる選手を挙げて頂けますか?

東部(雄大)、長井達也、松井海斗の小野中から来た2年生3人を挙げておきたいですが、特にこれまでと変わってきているのは松井ですね。これまでは松井がなかなか調子が上がらなかったが、今非常に調子が良いんです。チームに、これまで以上のものをもたらしてくれるような変化が大きくあるとすれば、松井が上り調子にあることではないでしょうか。藤原、長井晃志も含め、全員で全力で戦います。

とにかく、考えているのは優勝だけ。そのための稽古をしてきました。優勝を勝ち取ります。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.