PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

法兼真が決勝で形部安彦を破る・全日本柔道選手権四国地区予選

(2015年3月14日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
法兼真が決勝で形部安彦を破る
全日本柔道選手権四国地区予選
全日本柔道選手権(4月29日・日本武道館)の四国予選を兼ねた第64回四国柔道個人選手権が8日、ソイジョイ武道館(鳴門市)で行われ、法兼真(愛媛・新田高教)が初優勝した。

法兼は決勝で形部安彦(香川・香川県警)と対戦、横四方固の一本勝ちで優勝を決めた。
本戦には法兼と形部が進出する。法兼は初、形部は2年ぶり3度目の全日本選手権出場。

成績上位者と全試合の結果は下記。

【成績上位者】
優 勝:法兼真(愛媛・新田高教)
準優勝:形部安彦(香川・香川県警)
第三位:生越貞行(徳島・徳島県警)

※上位2名が全日本柔道選手権進出

【予選リーグA】

法兼真(愛媛)○反則△中岡大志(徳島)
法兼真(愛媛)○払腰△形部安彦(香川)
法兼真(愛媛)○払巻込△長野竜希(高知)
形部安彦(香川)○一本背負投△中岡大志(徳島)
形部安彦(香川)○合技△長野竜希(高知)
長野竜希(高知)○反則△中岡大志(徳島)

※法兼、形部が決勝トーナメント進出

【予選リーグB】

生越貞行(徳島)○優勢[技有]△佐々田裕良(愛媛)
生越貞行(徳島)○優勢[判定]△滝大輔(香川)
生越貞行(徳島)○優勢[判定]△小嶋大蔵(高知)
佐々田裕良(愛媛)○内股△小嶋大蔵(高知)
滝大輔(香川)○小外刈△佐々田裕良(愛媛)
滝大輔(香川)○優勢[僅差]△小嶋大蔵(高知)

※生越、滝が決勝トーナメント進出

【準決勝】

法兼真○優勢[僅差]△滝大輔
形部安彦○巴投△生越貞行

※勝者は全日本柔道選手権進出決定

【三位決定戦】

生越貞行○反則△滝大輔

【決勝】

法兼真○横四方固△形部安彦

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.