PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】東海大相模高が圧勝で優勝浚う・第37回松前旗争奪高校柔道大会

(2014年12月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版12月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
東海大相模高が圧勝で優勝浚う
【ROAD TO 高校選手権】第37回松前旗争奪高等学校柔道大会
eJudo Photo
決勝、東海大相模の副将杢康次郎が福井工大福井高大将の宮浦司から内股「技有」

新シーズンの高校柔道界の行方を占う第37回松前旗争奪高等学校柔道大会(主催・学校法人東海大学、後援・北海道、北海道教育委員会、(社)北海道柔道連盟、北海道新聞社、(公財)日本武道館)は21日、東海大学札幌校舎体育館(札幌市)で34校が参加して行われ、東海大相模高(神奈川)が優勝した。

今大会は招待試合シリーズ中唯一高校選手権と同じ「抜き勝負」で行われるハイレベル大会。東海大相模高は2回戦で山形工高(山形)、3回戦で静岡学園高(静岡)、準々決勝で沖学園高(福岡)を破ってベスト4入り。

準決勝では、2回戦で26年度高校全国二冠の修徳高(東京)を破った京都学園高(京都)と対戦。先鋒島田陸と次鋒高谷将武の2人抜きなどで三人残しの圧勝で勝利を収め、取り合いとなった福井工大福井高(福井)との決勝も最後は副将杢康次郎の二人抜きで勝負を決め、二人残しの圧勝で優勝を決めた。

東海大相模高は10月の朱雀杯に続いて新チーム結成以来ハイレベル招待試合に2連勝。次は若潮杯武道大会(27日)で新チーム最強との評判高い国士舘高(東京)に挑む。

前回大会(24年)優勝の東海大浦安高(千葉)は準々決勝で福井工大福井高に敗れた。

入賞者と準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の東海大相模高

【入賞者】

優 勝:東海大相模高(神奈川)
準優勝:福井工大福井高(福井)
第三位:小杉高(富山)、京都学園高(京都)
敢闘賞:東海大浦安高(千葉)、東海大甲府高(山梨)、沖学園高(福岡)、東海大第四高(北海道)

優秀選手:島田陸、杢康次郎(東海大相模高)、牧野祐也(福井工大福井高)、北山達也(小杉高)、井口大毅(京都学園高)

【準決勝】

福井工大福井高○一人残し△小杉高
(先)大西希明△合技○三井健太(先)
(次)ダジドラム イシドルジ○上四方固△三井健太(先)
(次)ダジドラム イシドルジ○払巻込△岡崎良樹(次)
(次)ダジドラム イシドルジ△優勢[有効・小内巻込]○浜谷拓斗(中)
(中)中川清志郎○袖釣込腰△浜谷拓斗(中)
(中)中川清志郎△内股○高波勤佑(副)
(副)宮浦司○小外刈△高波勤佑(副)
(副)宮浦司×引分×北山達也(大)
(大)牧野祐也

東海大相模高○三人残し△京都学園高
(先)島田陸○小外刈△廣井克匡(先)
(先)島田陸○一本背負投△増田宙(次)
(先)島田陸△内股○八木太一(中)
(次)高谷将武○優勢[指導2]△八木太一(中)
(次)高谷将武○内股△井口大毅(副)
(次)高谷将武△合技○松本健太郎(大)
(中)杢康次郎○腕緘△松本健太郎(大)
(副)早川佑斗
(大)辻湧斗

【決勝】

東海大相模高○二人残し△福井工大福井高
(先)島田陸○大腰△大西希明(先)
(先)島田陸×引分×牧野祐也(次)
(次)早川佑斗○横四方固△中川清志郎(中)
(次)早川佑斗△優勢[技有・大腰]○ダジドラム イシドルジ(副)
(中)高谷将武△合技[払腰・内股]○ダジドラム イシドルジ(副)
(副)杢康次郎○内股△ダジドラム イシドルジ(副)
(副)杢康次郎○合技[内股・横四方固]△宮浦司(大)
(大)辻湧斗

※記録・写真提供:東海大学

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版12月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.